カープファンでなくてもマツダスタジアムに行くべき理由

やわなべです。「泣ける広島県」が手に入らなくて泣いたクチです。

その「泣ける広島県」の観光アピールも好調な広島ですが、同地に観光に行かれる方は何をおいてもマツダZoomZoomスタジアム(通称ズムスタ)に行っていただきたい、いや行くべきだという主張でございます。

スポンサーリンク

ザ・ボールパーク

事前に手配したチケットは一塁側の指定内野席(3,600円)でした。チケットを受け取って入場し、各席へアクセスできる2Fにあがったら、すでに試合前練習中のヤクルトの選手らが見えました。

ちょうどバックネット裏の内野席の最後列の上になるのですが、ここから球場全体をぐるっと通路(コンコース)が囲ってて、内外野各エリアの自席へ移動する間、どこからでも試合が見えます。

安い内野自由席(そのコンコースから階段を登った2回席)のチケットを買ってずっとバックネット裏で立ち見することもできますし、飽きたらぐるっと外野まで回って見るのもいい。このコンコースは試合がない時間帯に一般開放する日もあるので、雰囲気だけでも味わうことができます。

Mazda Zoom-Zoom スタジアム広島|球場の見学について(コンコース一般開放)

私も自席を確認したあと、ぐるっと1周してみたのですが、まぁこの球場よくできてますわ。ザ・ボールパークって感じ。

球場ができた当初は、ゴロ寝しながら見れる席(ネソベリア)だとか、焼き肉食べながら見れるシート席なんかが話題でしたが、実際にその席近辺まで行ってみると、どの席でも思った以上に試合がよく見える。ハズレ席ってのがすごく少ない気がします。他の球場だと、外野自由席なんてほとんど何も見えないことしょっちゅうあるんですけどね。

スポンサーリンク

ホーム、ビジター席の区分けに工夫

改めて球場の設計を見ると、いろいろ考えられてるなぁと思います。

ここに来るのは地元カープファンが一番多いわけですが、できればカープベンチのある一塁、ライト側に座りたいですよね。逆に、地理的に広島まで来て3塁、レフト外野席に陣取るビジターファンは絶対数が少ない。なので、カープファンシフトと言えるくらいに極端な左右非対称構造となってるわけです。

まず、基本的にビジターベンチ方面のシートは数が少ないです。鳴り物応援をするファン向けのエリアであるパフォーマンスシートというのが両外野の上の階として突き出ているのですが、ビジター用の席はレフトのポールより内側、つまり他の球場的にいえば、「内野2階自由席」みたいなところに位置しています。

一方ホーム側は内野自由席(2回席)のエリアを目一杯ポール際までとって、パフォーマンス席は外野の上部に突き出ています。

要はカープファン=広島市民に最大限配慮した設計になっているんですね。シート数は少ないビジターファンも、その分相手よりいいエリアにパフォーマンス席が配されているわけですから、満足できるのではないでしょうか。

これは内野自由席のバックネット真裏付近からセンター方向にとった写真ですが、左右非対称になっているのがわかると思います。(ちなみに内野自由席エリアへはチケットのチェックもなく、どの券種を持ってても入れるようです)

外野自由席?そんなものは必要ない

これも他球場感覚でいくと驚くのですが、パフォーマンスシートを除けばズムスタの外野席は指定席しかありません。しかも内野自由席よりも料金が高い。「どうなっとるんや」と思ったかたも、コンコースを外野にまわってみるとわかります。

外野席の数そのものが少ないのと、その少ない座席を臨場感の味わえる目線の低い位置に置いているんですね。ごろ寝シート席や焼き肉席はその上に配されているのですが、普通に野球がよく見える。

削ったビジター用外野上段の再利用

ライトスタンドの上段にはカープパフォーマンスシートがあるのですが、ビジターファン用のエリアのところはぽっかり開いてます。で、この削ったところからは、、、、

ひっきりなしに通る新幹線が見えるんですね。多くの列車(すべて?)が広島駅に停車するので、通過速度もゆっくりで鑑賞にもってこいです。

逆に新幹線の車内からも停車間際(または発車直後)の低速状態で上の四角の部分から球場内が見えるので楽しみが増えます。(試合中は、新幹線に見えるよう、その横に得点を示す電光掲示板がつく)

新幹線の下には在来線の線路があり、レフトスタンドのコンコースからは行き交う在来線の列車も見えます。(カープ列車も見えたのですが写真が間に合わず。。。)

市民のための内野自由席

パフォーマンス席でスクワット応援まではしない地元ファンが一番集うのが、安席である内野自由席です。一番大きなエリアを占めていて、カープ応援グッズを持った家族連れで賑っていました。しかし、小さな子どもは別として、カープファンはいわゆるカープ女子含め、試合をよく見てます。

飽きた人は適当にコンコースを散策してるんでしょう。他球場でよく見る「お前ら何しに来たんや。試合見ろ試合」って人が少ないです。

逆にいわゆる応援のための応援に満足してそうな層もパフォーマンス席に隔離、、、いえ、まとめられてるので、球場全体の一体感が保たれています。カープファンでなくとも一野球ファン、スポーツファンとして素晴らしいと思います。

カープジジイの愛のあるヤジ

私のいた内野指定席のまわりはなぜか60歳オーバーと思われるジジババ層が多かったです。左隣は二人連れのおばあちゃん、あまり他の球場では見ない客層でした。右には元気そうなジジイ集団。これがまあ野次る野次る。歌舞伎の大向こうみたいに、声がよく通るんですよ。旧市民球場というヤジりがいのある環境で培われた技量なんでしょうな。

ヤジの内容にもキレとユーモアがあります。罵倒系やボヤキ系のヤジは聞いてる側もげんなりしますからねぇ。まあこれは若い生え抜きが中心のカープゆえってのもあると思いますが。んでもって、ボヤキの合間に普通に「今のは突っ込んでもアカンあかったやろなぁ」とか広島弁で私に同意を求めてきます。かわいいぞジジイ。

グルメはどうか

内外野をぐるっと廻るコンコース沿いにフードを売る店が屋台のように並んでます。ビールは売り子さんから買ってもフード店で買っても750円と他球場と同程度です。つまりちょっと高いですね。どの席からもコンコースへのアクセスがいい分、売り子さんの数は少ないように感じました。

フードは有名な弁当屋である「むさし」には試合前から行列ができています。広島駅でもそこからスタジアムへ歩いて行くファン向けに出張販売していて、同行者はそこで弁当を買ったのですが、特別、うまいとも安いとも感じませんでした。ある種のステータスシンボルなんでしょう。

外野裏あたりにあった、選手プロデュースフードのメニュー。同様のものは他球団にもありますが、スィーツの充実ぶりはカープならではでしょう。来季はおそらく一岡が下段のスィーツ系メンバーとして加わると思われます。

私が食べたのは、450円のポテトフライにソースがかかったやつと、500円くらいのとり天、どちらも値段相応でおいしかったです。550円くらいのカープうどんは、地元ファンの方がよく食べているようでした。フードは別段球場入場前に準備しなくていいと思います。

ズムスタは文化財

広島には、原爆ドームと宮島という世界遺産があり、どちらも中心からアクセスが良いため同地の観光となるとこの2つが中心になるのは当然でしょう。

ただ、野球のシーズン中に訪れるのであれば、これら2つ見たあとでもいいのでズムスタ寄りましょう。帰りの新幹線?、遅らせましょうよ。球場入場口(3塁側のメインゲート)から新幹線の改札までドアツードアで15分です。ストップウォッチで計った私がいうんですから間違いありません。席種が多くて面食らったら、とりあえず内野自由席を買っとけばいいです

短時間でもいいので、そこで現地のカープファンの声援ぶりを見ましょう。あれはただのスポーツ好きのファン集団じゃないです。間違いなくそこには「市民」がいます。

大阪にも人は多いですし、甲子園にも毎日ファンが多く集いますが、ズムスタほど老若男女問わない市民の交流を見る機会は少ないです。ズムスタは文化財なんですよ