郵便局の地域配達担当が杓子定規すぎて辛い

ウェイト、ミスターポストマン!、こと、やわなべです。

いや、別にどうでもいいことなんですけどね。
郵便局の、ウチの区域担当の配達員さんがですね、ちょっと杓子定規がすぎるんですわ。

昨日帰宅したら不在通知が入ってまして、どうやら10日ほど前に申し込んだイオンカードが審査が通って発行されたらしい。

ただ、入ってた不在通知は2通。同じ時刻で、差出人は同じカード会社だから、何かの間違いかな、と思ったんですが、ああそうだ、一緒にETCカードも申し込んだんだった、たぶんそれだわ、と合点して、再配達の窓口に電話したんです。今日の午前中受け取り、ってことで。

で、今日の10時頃に別の配達員さんが来たんですが、届いたのは1通だけ。

「あれ、同じ差出人でもうひとつあるはずなんですが。。」

「あ、別の不在票入ってましたか?」

「はい、てっきり一緒に持ってきてくれると思って、ふたつも連絡いらんかな、と思って。。。」

「すんませんねぇ。不在票入れた本人やったら、その辺わかったんかもしれないですが、(電話)ガイダンスは機械でやってるもんでして。。」

ああそうか、ふたつとも依頼せなあかんかったんか。まあ、それが頭に全く浮かばなかった自分がアホやともいえる。けどなぁ、、、

まあ、この場にない以上、これ以上、がんばってもしょうがない。目の前の人は、融通聞かへんかった当人とは別のひとやし。

午後は外出予定があったんで、あとの1通を、夕刻以降に持ってきてもらうよう、もういちど依頼した。

ETCカードはすぐ使わんし、本体のカードが来てたらええわー、と思いながら開封したら、残念、中身はETCカード。

ウェイト、ミスターポストマン

ほいで今になって、再配達がきた。名札みたら不在票の名前と同じ。このジジイが融通きかん。

受け取ったのは朝受け取ったのと全く同じ、色、同じサイズの封筒。

アンタな~、杓子定規もええけど、こんなんどう考えてもセットやろ。

輪ゴムで止めて不在票ひとつにしたらこっちもそっちも楽なるんちゃうの。
律儀に分けて誰にメリットがあんねんな。

再配達の電話でもやなぁ、こんなケースが多くあるんやったら、お知らせ番号を続けて入力できるようにしとけよ。なんで、もっかい最初から全部入れ直しとかせなあかんねん。無駄すぎるわ。

というかなぁ、アンタ、インタホン押すとき、なんで続けて5回も押すんじゃコラ。借金の取り立てやないねんから、もっと謙虚にやらんかいな。

再配達の日時指定したんはこっちやねんから、おるのわかっとるやろうが。白菜みたいな辛気くさい顔しやがって。

別に、他府県の人が考えるプロトタイプな大阪人みたいなベタな愛想は求めへんけどやな、冒頭「こんにちは」くらい言えんのか。ガキの使いかホンマ。今までどないして生きてきたんじゃ。

それでいてやな、受取のサインに毎回いちいち「フルネームで書いてください」とかいうからムカつくんじゃボケ。

腹立ったから、サインの名前の漢字、6画ぐらい省略したったわ。

次再配達依頼するときは、雨降るときに指定したるからな。