今季のマンU初戦を「プレミアリーグライブ」でストリーミング観戦してみた

というわけで、昨日申し込んだJ-SPORTSのプレミアリーグライブで今季のプレミア初戦のマンチェスター・ユナイテッドスウォンジーの一戦を観戦しました。

プレミアリーグライブの使用感

今回は20インチのiMacで観戦しました。

プレミアリーグライブには専用のプレイヤーソフトがあるわけではなく、普通にブラウザでログインしてプレイヤーONで再生する形です。ニコ生中継やUSTREAMを見てる感じと変わりませんね。

画質はどのくらいかというと、、、、すみません、観戦に夢中でライブ中のキャプチャ取るの忘れましたが、地デジレベルを期待するとがっかりすると思います。

動画の解像度がプレイヤー下のアイコンで5段階くらいから選べるのですが、よくわからんので「Auto」モードにしていました。

試合開始当初は、たぶん最高解像度だったと思います。
が、それでも地デジのテレビには及ばず、アナログテレビ見てるくらいの感じでしょうか。

加えて、カウンター攻撃などの時の、素早いカメラの動きについていけなくて、カクカクしてコマ送りみたいな感じになることもしばしば。

我が家のiMacがボロさもあるとは思いますが、カウンターサッカー主体のチームの観戦は見るのちょっとしんどいかもしれませんよ。

全体的にもっさり

今回は、人気のマンUのカードが日本時間の21時台という、いい時間に放送してたこともありますし、無料キャンペーンで混んでることもあったんでしょう。

後半80分くらいには、画質がモザイクぐらいまで粗くなって、ついに一時ストリーミングが中断することも1回ありました。

試合内容によっては発狂モノかもしれません。

同時開催の他の試合を最大4試合、同時に見れるモードもあったんですが、まともに動きそうになかったのでためしてません。

というか配信していないただのwebサイトとしても画面遷移がもっさりしているので、改善を期待したいところですが、されないんだろうな、きっと。

スポンサーリンク

ネット中継の強み的なところもあまりなし

せっかくネット配信してるんだから、リアルタイムのSTATSを常時表示したりですね、選手のプロフィールなどの情報を画面横のボタンとかですぐ確認とかできればいいんですが、それもありません。

あと、実況&解説は英語です。というか見てるものはスカパーとかで見るJ-SPORTSの副音声版と同じですね。

画質的に選手の背番号の判別すらときどき怪しくなるので、テレビ中継と同じ感覚だと、ちょっとしんどいです。

解像度的には、ちょうど、スタジアムの生観戦でメインスタンド上方の座席から見てるような感じでしょうか。

手元に選手名鑑なりWikipediaなりで情報参照しながら観戦した方がいいと思います。

オンデマンドはどうか

マンUの試合が終わる頃、他の4試合の中継も始まったんですが、回線がかなり混んでいたので断念して寝ました。

んで翌朝、アーセナルクリスタルパレスの1戦のみをオンデマンドで見ました。

案内によると、録画がオンデマンドとして見れるのは各節数試合とありましたが、昨日の試合は全部録画があるようでした。

翌日だったら全試合見れるのかもしれません。

今回はMacBookAirで観戦したのですが、オンデマンドの動画プレイヤーはライブストリーミングとは違うようで、画質を選ぶアイコンはありませんでした。

そして、画質が、、、、粗い。

10年前のポリゴンゲーム並みの画質で楽しむベンゲル氏の横顔

あと、動画開始すると、いきなり試合開始のホイッスルの場面から始まって、スタメンやフォーメーションの紹介もなしです。え〜

また、オンデマンドは4分割で複数試合を同時進行で見ることもできないようですね。

なぜかiPadの画質はいい

アーセナルの試合観戦後、今度はiPadで試してみました。

iOS、Android、ともに専用アプリがあるわけではなく、やはりブラウザからログインして録画一覧から、見たい試合を選んで再生を押すだけ。

ただ、iPadだと画質はMacbookAirと違って明らかにいいです。もしかして試合によって解像度違うのかな、とさっきと同じアーセナル戦を再生したのですが、、、

明らかにiPadの方が画質いい

全画面にしていないときのMBAとiPadだと、動画の画面サイズはそんなに変わらないと思うんですけどね。

ポリゴンだったベンゲルさんのシワも、ほら、こんなに鮮やか!

しかも、iMacでライブで見てる時のプレイヤーにはなかったAirPlayのアイコンがあります。

ということは、、、、、

はい、そのとおり。AppleTVに飛ばしてテレビで見ることができるんですね。

やってみると、昨日パソコンでライブで見ていたときより画質も見やすいです。
これなら契約続けてもいいかな。。。、とちょっと、ゆれ動くこの思い。

まとめ

まとめますと、

  • ライブ映像は、スカパーなどでJ-SPORTS見てるのと同じ
  • 実況&解説は英語
  • ライブ、録画ともに、パソコンの大画面だとちと画質が厳しいです。
  • 加えてライブは、回線もやや不安定
  • 録画はタブレットで見ると画質がいい。iPhone, iPadだと、AirPlayでAppleTVにとばしてテレビで見ることもできる

というところでしょうか。今日のリヴァプール戦は、iPadでライブで見てみたいと思います。

ちなみに試合内容ですが、マンUは、監督が変わったホーム初戦で、2点とられての敗戦スタート。
試合後ファンハール監督は「チームとして戦っていなかった」とコメントしてます。

まだ選手がそろってないこの時期、戦力外と噂される選手(ナニとかエルナンデスとかフェライニとか)がどんどん出場する中、それでも出れない香川さん(ベンチには入ってた)はもうダメかもしれませんね。

ただ、戦力外といわれてる選手がなぜ戦力外なのかは、よくわかる試合でした。

にしても、ファン・ペルシら主力が帰ってきてもマンU、選手層薄くないですかね。

チャンピオンズリーグがないとはいえ、そう何人も戦力外とかやってる余裕はない気が。特にフォワード足らなそう。