インターネットプロバイダは2年縛りの慣習をやめるべき

以前書いた、無線ルーター買い換えたらネット環境が、めちゃ快適になった話、原因が無線ルータと気づく前に、プロバイダの乗り換えを検討してたんです。

で、そこで思ったこと。

プロバイダ屋はデフォルト2年縛り商法をやめやがれ!

ってことです。

どのプロバイダもサービス内容がわかりにくい

どこの口コミ情報を参考にしたのか忘れましたが、まず最初にSo-netへの乗り換えを候補にしました。

私の条件としては、

  • フレッツ光回線は自宅まで引き込み済みなので工事は不要
  • 速度が遅かったら、元のプロバイダに戻したいので、初月から違約金なしで解約できる契約にしたい
  • 可能であれば、無料のお試し期間などがあれば嬉しい(1日でもok)

の3つです。さほどややこしいとは思っていなかったのですが、、、、


So-netの光ファイバーインターネット接続

これが、So-netのNTT西日本のフレッツ光のプロバイダ案内のトップです。トップというか、この1ページしかありません。下にえんえんと続いてます。

すまん、まったくわからん

楽天の健康食品の販売ページみたいに縦に1メートルはあろうかという長いページ。
やたら、「キャンペーン」「割引」「キャッシュバック」などのアピールは目につくが、自分の条件に合致するプランはどれか、その料金はいくらか?、どうやって申し込むのか?、どれもわからない。

あの〜、こっちは、契約したらこれから毎月ずっと数千円払って、毎日使うサービスを検討してるんですよ。品質と信頼性で判断したいわけですよ。

そりゃ、キャンペーンとかキャッシュバックとか、あるにこしたこたないですよ。でもその前に、きちんと自分のサービスの説明をしてくださいよ。

3分くらい、上へ行ったり、下へ行ったりを繰り返して把握できたことは、

  • すでにフレッツ導入済み環境からの乗り換えでも、キャンペーン価格で10000円のキャッシュバックが受けられる
  • キャッシュバックは、契約後、9ヶ月後に回線を利用していることを条件に支払われる。

という2点。

この9ヶ月ってのが怪しい。キャッシュバックが受けられないのはいいとしても、最低契約期間が9ヶ月で、それ以前の解約に違約金がかかるんじゃないのか?

さらに探すとながーいページの一番下「注意事項」という文字があって、クリックしたら、さらに細かい説明が出てきました。こんだけ長いページ作っときながら、なんで今さら折りたたむかな。隠してると思われてもしゃあないんと違うか?

案の定、そこには小さいフォントでこうあります。

キャッシュバック特典の適用を希望される場合、So-net キャンペーン対象コースを 無料期間終了後、24ヶ月間ご利用いただくことを前提にお申込みください。それ以前の解約につきましては返金いただく場合がございます。

まだはっきりとはわからないけど、要はこのキャンペーンは、2年縛り契約が前提、ということらしい。

いや、そういうキャンペーンだってことはわかった。
じゃあ、そのキャンペーンでないプランはあるの?ないの?、、、わからん。

コールセンターへの案内もあったけど、これでつながらなかったり、要領をえない担当者がでてもしょうがないからあきらめた。

So-net以外にもうひとつ見たのも同じような感じでした。

スポンサーリンク

OCNはまだ良心的

次に検討したのがOCN。ここはトップから現在の回線状況などを入力すると、料金シミュレーションの画面に。で、月額料金はわかったけど、

やっぱり「キャッシュバック」の文字。もうこのころには、これまでの2社で懲りてて「キャッシュバック」「キャンペーン」の文字がうさんくさくしか感じられない。しかも、有無を言わさず申し込みページしか選択できないようになってるし。

ただ、OCNの場合は少しは良心が残ってて、上のシミュレーションの横に「違約金は必要ですか?」というQ&Aが見える。これを押すと、

こんな画面が出てきて、やっぱり違約金ありの縛りのあるキャンペーンのよう。
さらにリンクをクリックすると、

2年縛りと違約金についてのきちんとした説明のページに案内されました。

オッケー、了解です。で、私はそのキャンペーンが不要なんですが、、、となると、その場合の料金がいくらか、どう申し込むのかはやっぱりわからない。

2年縛りについて、一応きちんと説明があったので、その良心を信じてコールセンターへ電話してみた。

そこでようやく、

  • キャンペーンでない(縛りのない)毎月都度利用のプランでの申し込みは可能
  • ただし、ネットからはキャンペーン以外の申し込みはできない
  • 自分の環境だと料金はキャンペーン時にくらべ、800円/月ほど高くなる

との回答を得ました。なんでそこまで縛りありきなのか腑に落ちませんでしたが、契約初月は無料だということなので、その場で申し込みました。

初月無料だけど最低利用期間はあり

数日後、OCNから送られてきた書類にあったID、パスワードをルータに設定して、接続先を変えて速度テストをすると、ほとんど変わらない。いや、むしろ若干遅かったので、これまでのプロバイダの継続を決定しました。

無料期間中に解約しようとOCNへ電話すると、(無料の初月とは別に)最低1ヶ月の利用は必要、だと言われて唖然。

手元の書類にも事前の電話での契約の際にも最低利用期間についての説明なんて一切ないんですけどね。

まあ事務手数料やらIDの郵送など、むこうもゼロコストでやってるわけではないことはわかるので、ここは争わないことにしました。1日だけのお試し接続に対して、1500円ほどの料金を支払う結果になりましたよ。

まあ、とにかく疲れた。

プロバイダ界に言いたい

上のやりとりを見たらわかると思いますが、私が必要としていたのはプロバイダのお試しサービスです。

プロバイダにやってほしかったことは、期間限定の接続ID、パスワードを発行してメールなど通知してくれるだけでよかったわけですよ。

たとえば、同種のサービスにレンタルサーバがありますが、こちらは2週間程度の無料のお試し期間があって、申し込みも、試用後にのキャンセルするも、ネットで完結するのが一般的です。

あるいは海外のVPNサービスなんかでもそうですよね。まず1日無料でお試しさせてくれる。速度や品質は実際、自分で使わないとわからないので。

プロバイダのサービスもこれらと同じ類だと思うんですが、その品質を顧客自身に確認させてから本契約という考えが見事にない。

代わりにあるのは、契約するときは2年縛りが前提という、顧客ニーズと真逆の販促方法です。

携帯の商法に乗っかるな

これが、携帯やwifi端末とかならわかるんです。

高い端末代金を分割払いにするというメリットを顧客に与え、その分割した端末代を月々の利用料から割り引くサービスも提供する。そのかわりに、割賦代金の支払いが終了する2年間は解約できませんよ、と。

これならわかる。いやならどうぞ端末代金を一括で払ってくださいね、ってことですし。

プロバイダ各社は、2年縛りにする代わりのメリットとして、キャッシュバックみたいな値引き以外に何を与えているというのか。

キャッシュバックなんかよりも、都度解約できる契約のほうがメリットであるユーザーもいるでしょう。

例えば、単身で賃貸暮らしの方だと、2年未満で引っ越す可能性も高いでしょう。更新月以外に引っ越ししたら違約金が発生する、とわかっていれば、キャッシュバックより都度解約のオプションを選ぶんじゃないですか。

どうせみんな、携帯で2年縛りの支払いに慣れてるから、乗っかっとけ、みたいな安易な姿勢に見えるんですが、なんか間違ってますかね。

せめてサイトできちんと説明して、お願い

あと、技術サービスの提供者なんですから、キャンペーンなど、販促アピールとはとは別に、きちんと提供サービスのスペックと、その条件がわかるようなサイト構成にしましょうよ。

ここでもレンタルサーバーを例にしますが、レンタルサーバの顧客も「ホームページを解説したいけど何をすればいいのか、まったくわからない」という顧客層と、サーバー技術的なことをすべて理解した上で、細かいスペック比較をして業者を決めたいという顧客層がいるわけです。

前者にメモリがどうとか、共有・専有の違いとか説明してもわかんないんで、上のSo-netみたいなお得感を全面にした販促キャンペーンをバーンと持ってくるのは商売として正しいと思います。

でも、それとは別に、後者の顧客層にも伝わるスペック説明のページは必要でしょう。レンタルサーバはどこがその模範を示したのか知りませんが、概ね、後者にもきちんとわかるサイト構成になっています。

プロバイダになぜお試しサービスがないの?

最後に繰り返しになるけどこれ。レンタルサーバや海外VPNのような、1日なり1週間の、無料お試しID、パスワードをメールなどで即時発行する仕組みを作ってください、お願いします。

これがあれば、さしてコストかからずに乗り換えユーザーにアピールできますし、大したシステムがなくても全自動でできるんじゃないでしょうか。

もちろんノーサポートで自力でブロードバンドルーターの設定ができる人が前提ってことでいいし、その設定による不具合は一切責任持ちません、とかでもぜんぜんいいですよ。

とにかく今の販売形態を見てると、自分たちが売ってるサービスの特性やニーズをちゃんと理解してるのかな、という気がしてならんのですわ。