関西で電子マネーといえばICOCAではなく、PiTaPaです

あなたにとっての柔らかい鍋、やわなべです。

電子マネー、使ってますか?

私は鉄道系の電子マネーのみを使ってます。大阪在住なんでICOCA(イコカ)とかPiTaPa(ピタパ)とか。

関東の方は、ICOCAイコールSuicaの関西版、PiTaPaイコールPasmoの関西版だと思ってください。(SuicaもPasmoもわからんって人は、ガリガリ君でも食べてろ下さい)

というか、関西以外だと、Suicaと連携するICOCAの存在は知ってても、PiTaPaなんて聞いたことない、って方も多いでしょう。

しかし、関西においてはICOCAでなくPiTaPaをみんな使ってます。

スポンサーリンク

PiTaPaでレッツ後払い

なぜか。ICOCAにはオートチャージの機能がなく、PiTaPaだけが、クレジットカードと連携して、オートチャージができるから。オートチャージってのは、私鉄や地下鉄の改札通るときに残高が1000円きってたら、勝手に2000円チャージしてくれるアレ。

オートチャージは、SuicaにもPasmoにもあるので、珍しいものじゃありませんが、首都圏で、SuicaとPasmoがお互いの改札でオートチャージができるのに比べ、PiTaPaのカードで、ICOCAの改札は通れても、オートチャージはしてくれません。だってそんな機能、ICOCAにないから。

昔から私鉄資本主導で地域経済を牽引してきた大阪圏の力関係を、こんなところにも感じることができますね。

てか、オートチャージ当たり前なこのご時世にあってですよ、JR駅構内の機械で「現金無しでチャージができます!」っていう程度で「SMART ICOCA」とか名乗っちゃってるぐらいですからね。ここまでいくと自虐的ですよね。

というわけで、我々大阪人が、たま〜にJRで遠出すると(近距離移動は私鉄と地下鉄で事足りる)、彦根とか姫路とか篠山口あたりの出口改札で残高不足になって、「ほんま、かなんなぁ〜」とか言いながら、ICOCAのチャージ機でチャージするわけです、PiTaPaを

STACIAとかいう、阪急阪神連合カード

実際に、私が使ってるカードはこれ。


STACIA JCB PiTaPaカード」です。

STACIA(スタシア)ってのは関西の私鉄の雄、阪急と阪神のグループ会社が発行しているカード。なので阪急、阪神百貨店とその系列施設での買い物にはポイント還元率が高い、などの利点があります。

たまったポイント(STACIAポイント)はクーポンに換えれば、また阪急・阪神系列のお店でお得に使える、、、といえば、沿線住民以外ほぼメリットの無いカードだと想像がつくでしょう。

実際、沿線から少し離れたところに引っ越したとたん、如実に利用頻度が減りました。

移動には、これ以上便利なカードはないんで、メインカードとして使いつづけてたんですが、利用金額としてはそんなに減ってなくても STACIAポイントが思ったよりたまらない。

以前は、特に意識してなくても数ヶ月に1回、クーポン発券機にカード通したら数千円分のクーポンGETできてたのに。

やだなー、なんか変だなーと思って、STACIAのポイントサイトを始めてみたらですね。。。

PiTaPaのオートチャージは、ポイント対象外でした。そらたまらんわ。(←ダブルミーニング)

虎チケ(阪神タイガースのチケット予約サイト)でカード払いでチケットとったらポイント3倍、くらいしてくれたらいいのに。

移動には相変わらず手放せないし、維持費(年会費 / PiTaPa管理料)も利用実績があれば無料なんで持ち続けますけど、新たなメインカードを模索中です。