パ・リーグTVを契約してみた

パ・リーグを見るのは、基本的にセリーグの状況からの逃避のやわなべです。

8月の最後の週末3連戦にパ・リーグTVが無料体験をやっていたので、この機会に登録してみました。

月額1,450円でパ・リーグ主催全試合が見れる

見出しで全部言ってしまった感がありますが、いろいろイマイチなプレミアリーグライブが2,600円することを思えば、この値段でも許容できます。たまーに土日のデーゲーム中継をNHKでやる以外、パ・リーグの試合なんて見れないですからね。

しかもパ・リーグのいずれかのチームのファンクラブに入っていると月額950円ってのもいいですよね。もう、ファンクラブ申込みのオプションサービスにつけたらいいのに。

日本シリーズは対象外だそうですが、それは地上波で十分です。

以下、実際見て気づいた点をつらつらと。

AppleTVで視聴可

わたしのネット配信の評価の重要ポイント、iPadで再生した映像をAppleTVでテレビの画面で見る、という視聴スタイルは問題なくできました。

視聴しながら、safariをバックグラウンドで動かして別のアプリを起動しても映像はとぎれません。Twitterしたり、パ・リーグアプリで他球場や、選手の情報を見たりすることも可能。タブレット端末を使い倒してる気分になりますね。

画質はまぁまぁ。プレミアリーグライブと同等ですかね。と言うかたぶん配信の仕組みは同じなんでしょう。

さすがに地デジのセリーグ中継から移ると画質がさびしく感じますが、処理落ちもほとんどなく快適です。

あと、パソコンのブラウザだとマルチウィンドウで他球場の試合を見れたりするのですが、私はまず使う機会はないですね。

オンデマンドはなし

シーズン中は、ほぼ毎日試合がある野球なので難しいところはあるかもしれませんが、リアルタイムのライブ映像以外に録画で終わった試合は見ることはできません。各試合のダイジェスト動画が見れるだけですね。

移動日で試合のない月曜なんかは、普段見ないチームの試合見たりしたいんですけどねぇ。。。オンデマンドの録画視聴の需要ってのはサッカーでも野球でも、かなり少ないのかもしれません。

まとめ

セリーグよりも観客動員が少ないってのが理由でしょうが、MLBのようにリーグ全体でネット向けのファンサービスを整備してる点はそれだけで応援したくなりますね。

全然関係ないですが、今読んでるこの本で1950年の2リーグ分離のあたりの経緯の話があるんですが、この頃から、どっちかというと、まとまって行動しているのはパ・リーグなんですよねぇ。