QUICPayカードを作ってみた

先日作ったPontaカードは、常に持ち歩いてせこせこポイントためるよりは、別経路で溜まったPontaをローソンで使うのがいいのではないか、と自分的結論が出ました。

日本よ、これがPontaポイント乞食だ

その時同時に感じたのは、「コンビニで欲しいのは買い物の都度1%とかつくポイントではなく、キャッシュレスで支払いできることだ」ということでした。となると必要なモノは「オートチャージできる電子マネー」となります。

自分が持ってるうちその条件を満たすのは、WAON(イオンカードセレクト)と、PiTaPa(STACIA PiTaPaカード)なんですが、これだとどこのコンビニでも使えるという便利さはありません。

セブン・イレブン用にnanacoを作ってクレジットカードと連携させるのも手ですが、ヒア・アイ・アムなここ大阪はローソンのシェアがハイなプレイスでして、ローソンで使えないとちょっとストレスなんですね。

というわけで、手持ちのJCBカードがあれば、それにひも付けてどのコンビニでも使えるQUICPayを作ってみました。

QUICPayとは

コンビニのレジでこのマーク見たことあると思います。

元々はJCBとイオンがコンビニなどでの小額支払いに便利なサービスとして作った決済サービスです。

特定コンビニのポイントカードが元ではないので、どこのコンビニでも使えるんですね。利用額はJCBのクレジットカード残高から引き落としされるので、チャージとかの必要もありません。

利用者側としてはサインいらずのクレジットカードと同じ要領で使えます。(2万円以上の決済にはサインが必要ですが)。店側の負担がクレジットとどう違うのかはよく知りません。

QUICPayの作成

QUICPayの作成はJCBカードを持っていれば簡単です。ネットで利用履歴などを確認するMyJCBにログインして、フォームで申し込むだけです。JCBのプロパーカードでなくても提携カードでもOKですよ。

MyJCBにログインすると、トップページの下に、QUICPay申し込みのバナーがあります。
「MyJCBなんて使ったことねぇよ」って方もすぐにID発行できます。

作るQUICPayのタイプを選択します。おサイフケータイ対応の端末を持ってる人であれば、モバイルQUICPayを申しこめば、携帯がそのままQUICPayとして使えます。私は持ってないのでカードタイプの「QUICPay」カードを選択します。

すると、「今ログインしてるカードで申し込みますね」という確認画面です。これで「申し込む」をクリックすれば終わりです。住所などは登録済みなので記入する項目は何ひとつありません。

もし最近引っ越して住所の変更してない、とかがあればこの手続に先立って住所変更しておきましょう。

通常は発行手数料が税別で500円(QUICPayカード、モバイルは300円)かかるようですが、2017年3月31日(金)まで無料なんだそう。

QUICPayが届いた

1週間ほど待つと書留便でカードが届きました。

QUICPayで支払った金額は、ひもづいたカードから請求されるので、チャージとか気にする必要もありません。ああ、これは楽だわ。

QUICPayが使える主な店です。大手コンビニ系はほぼ網羅していますし、イオン系でも使えます。

QUICPay公式サイト