nanacoを作る前に知っておきたかった、失敗ポイント2つ

やわなべです。

先日から、まるでプロ野球チップスカードのように、電子マネーカードをコレクトしてるわけですが。

ローソンでPontaカードを作ってみた
QUICPayカードを作ってみた

本日またひとつ、

nanacoカードを作ってしまいました。

セブンイレブンがすぐ近くにはないので、いらないかな、と思ってたんですが、先日虎チケでとったチケットの受取に店舗に行ったら、店員の子がヒマそうだったんで、「nanacoってすぐ作れるの?」って聞いたら「ハイ、この紙書いてもらえれば」と用紙を出してきて、初期費300円払って作ってきました。

はい、ではここで問題です。

問題

やわなべ君は、セブンイレブンに行って、nanacoカードを店舗で発行しました。発行手数料として300円を現金で支払いました。家に帰ったやわなべ君は、ふたつの失敗をしたことに気がつきます。

さて、やわなべ君がした「ふたつの失敗」とはなんだったでしょうか?

(ヒント)
・やわなべ君はこの日体調がすぐれず、2度も下痢をしています
・摩擦抵抗はないものとして考えます。

いかがでしょう? このブログをいつも読んでいる人ならわかりますね。

それでは答え合わせです。

失敗その1

nanacoカードの裏を見たやわなべ君は、nanacoカードにQUICPayがデフォルトで付いていることに気がつきます。

そうです、先日JCBのサイトから発行したQUICPayはセブンイレブンの店舗で簡単に手に入ったのです。nanacoとQUICPay、一枚のカードになってる方が便利ですよね。

あとでQUICPayのホームページを見ても、JCBのホームページを見ても、自分のカードにひもづけたQUICPayカードを別カードに変更する手続きはわかりません。どうやら最初のカードを退会しないといけないようです。

この失敗の教訓:せいてはことを仕損じる

失敗その2

実はやわなべ君、nanacoカードを欲しがったのは、ある解約予定のクレジットカードに中途半端に残ったポイントをnanacoポイントに変えてみようと思ったからでした。

ところが、家に帰ってnanacoのサイトでnanacoIDを入力すると、このようなメッセージが出ます。

「まだ、センターでの登録が完了していません。入会後10日してから処理を行ってください。」的なメッセージ。

実はnanacoの発行は、ネットで申込みを先にしておけば、個人情報登録済みのカードをすぐに店舗で受け取ることができたのでした。下の画面の右から申しこめばよかったのです。

やわなべ君がそうしなかったので、店舗の用紙に書いた情報が、このあとセブンの人が手入力でセンターに登録されるのを、最大10日待たなければならなくなりました。

この失敗の教訓:せいてはことを仕損じる(本日2回目)

どうすればよかったか。

まずQUICPayを作るときnanacoを作れば一緒に作れることを、知るべきだったでしょう。その上で、nanacoのページで、事前にネット登録すれば、個人情報登録済みのカードがすぐに店舗で受け取れることもわかったはずです。

間違えやすいポイント

イトーヨーカ堂で、毎月8のつく日(8日、18日、28日)にnanacoカードを作ると登録手数料300円のところが無料で作れる。それを知らなかったのがやわなべの失敗だ」、と答えた生徒さんもいるかもしれませんね。

でも、これは間違いです。やわなべ君の自宅のまわりにはイトーヨーカ堂がありませんし、なぜか、やわなべ君はこの情報だけは事前に知っていたようです。ここは、とても間違いやすいところですので、しっかりと復習するようにしましょうね。

あと「やわなべ」ではなく「やわなべ君」、な。

では、また来週。