ここがヘンだよ Nikon Coolpix S9700(追記あり)

光学ズーム30倍搭載のやわなべです。嘘です、むしろド近眼です。

先日、高倍率ズーム機 Nikon Cookpix S9700のファーストインプレッションを、パ・リーグ首位攻防戦のハイテンションとともにお伝えしました。

30倍ズームがエグいコンデジ、Nikon Coolpix S9700を買ったので速攻レビュー

読み返すと、脳内の7割は野球だったようで、カメラ機器のレビューの体をなしておらず、申し訳ない気持ちでいっぱいです。

ズーム機能が素晴らしいこのS9700ですが、一方で「ここはちょっとな..」と感じる点もいくつかあります。今日はその点を紹介してみようかと。

あ、もし、この機種を買いたい、背中を押してほしい、と思ってる人が不幸にもこのエントリーにでくわしたとしたら、買い気を萎えさせることになると思いますので、お引取りいただいた方が精神的によろしいかと思います。

スポンサーリンク

s9700のイケてないところ

初動がすげー遅い

事前にビックカメラで実機を触った時になんで気づかなかったのか、自分を責めたいくらいに起動時の初動が遅いです。

(2015.4.17追記)

この起動の遅さの原因は、一緒に使っていたEye-Fiカードとの相性によるもので、カメラの不具合ではありませんでした。大変失礼いたしました。

デジカメの起動が遅い原因はSDカードだった

電源をONすると、すぐにレンズが開いて、一見すぐに写真がとれそうなんですが、実はこれはフェイク。

どのボタンやツマミをいじっても一切反応しないので「あれっ?あれっ???」と焦っていると、10秒くらいたって、それまで押したすべての操作が一気に実行されます。

ああ、これみたことある、昔のWindows機だ(笑

起動に時間がかかるんなら、操作が可能になるまで、メーカーロゴでも見せときゃいいと思うんですけどねぇ。ムダに誤操作を生んでしまうので。

それと、電源ONの状態で1分間操作しないと画面が消えて「待機モード」になり、そこからさらに3分なにもしないと自動で電源OFFされるのですが、待機モードから何かキーを押して復帰する際にも、初動と同じく10秒かかります。これ、待機モードの意味ないやんか。

autoモードの設定が毎回初期化される

最初、撮影モードをautoで撮影してました。デフォルトではフラッシュがautoになってて、特に暗くもないのにフラッシュを都度起動しようとしてウザかったので、中央ボタンでフラッシュ禁止にしたんですが、一旦電源OFFにして再起動すると、またフラッシュautoになります。

同じ所で設定できるホワイトバランスやマクロのON/OFFなんかもそう。RICOH機だと、初期設定はそうであっても、手動で設定変えたら一定時間はそれを保持してくれたんですけどね。

いや、それがautoってことだろ」と言われればそうなのかもしれませんが、RICOH機でストレスを感じたことがない部分だったので。

動画開始ボタンの位置が微妙にイヤ

動画の録画開始ボタンが右上のダイヤル下にあります。静止画を取るときに支える親指が録画ボタンにかかって、そのまま誤操作で録画開始してしまったことが数度ありました。頻繁に使う機能じゃないんで上に配置して欲しかったな。

その下にある、GPSから地図情報を呼び出すボタンも、使わない人は全く使わないと思うので、MENUの中で設定するとかにして欲しかった。

バッテリー充電器がついていない

3時間の試合中、ちょこちょこ出してはズーム撮影とかしてると、さすがにバッテリーの残量は少なくなりました。バッテリーの持ちはこんなもんかな、と思います。

で、家に帰ってバッテリーを取りはずして充電器で充電しようとしたんですが….あれ、充電器にバッテリーを指す口がない。充電器にはコンセント部とUSBの差込口があるだけ。

え、専用の充電器ついてないの?。えーーー

というわけで、充電中の間抜けなS9700の図。別売りでこのバッテリーの充電器はあるんですが、USBチャージャーの代わりにそっちつけてよ。逆にUSBチャージャーなら、スマホ用ので代用できるからさあ。

まとめ

カメラの本質の部分、特に卓越したズーム機能と、それがこのコンパクトさにまとまっていることと比べれば、以上の指摘は重箱の隅を突くようなものばかりかもしれません。

ただ、初動の遅さは別にしても、他の不満点はユーザー意識があれば改善できそうな部分なんじゃないかな、とも思うんですよねー。ちょっと惜しいぞ、S9700!

てか、この時期、カメラ界は、フォトキナなる世界的なカメラの一大展示会の真っ最中だそうで。

新製品のお披露目も数多くなされるこの時期に、去年の冬に出た旧機種を買って、無邪気にレビューをしているとは、なんともセンスの無いことです。

【フォトキナ】ニコン、バリアングル式のCOOLPIX S6900を出品 | デジカメwatch