財布と手帳を一体化、コインレス生活はじめました

やわなべです。レジでお釣りのコイン枚数を最小にするための暗算が得意です。

先日来、世間に数年遅れの電子マネーフィーバーが訪れた結果、次第に、財布はカバンに入れっぱなし、しかも最後まで取り出すことがない、という日々が増えました。

コンビニはQUICPayでこと足りますし、電子マネーが使えない場所ランキングの上位を占める飲食店は、自炊派なんで、あまり機会がないんですよねぇ。

ひょっとしたら現金レス生活も可能なんじゃないか、というラディカルな思想がもたげてくるのですが、ちょっと落ち着いて、まずは「小銭を持たないコインレス生活が可能か」というあたりから検証してみようかと。

今、持ち歩いているモノ

今、私が常に携帯しているのは2つ折りの財布と、カードケース。

相当くたびれてますが(笑)。どちらもエッティンガー。特に財布は同じモデルの2代目です。安っぽくなくて割りと丈夫なんですよねぇ。


カードケースは、両面のカードの一部が見えるデザインになってて、出すときに迷いません。両面に2枚のクレジットカード(うち1枚はPiTaPa/ICOCAの改札用)を入れて、中にQUICPayとイオンカードセレクトが入ってます。

一方、財布の方は、お金以外に、銀行のキャッシュカード1枚と免許証、図書館カードの3枚を入れてるだけ。ぶっちゃけ今でもスカスカです。

それ以外のカードはすべて自宅において常備携帯はしてません。あ、そうそう、Pontaカードnanacoカードもすでに、自宅待機の二軍生活を余儀なくされています。近いうちに戦力外通告を受けるかもしれません。

マネークリップ?

で、コインレス生活をするとなると、財布は「札はさみ」みたいなので十分なんですよね。いわゆるマネークリップというやつ。

真ん中に金具があって、それでお札を挟むんですよね。

ちらっと寄った東急ハンズの財布コーナーを見てみると、クリップで止めるタイプではないものの、このアスメデルというブランドの札入れがシンプルでいいなと感じました。

上の写真だとよくわかりませんが、カード入れの部分の革で札を挟むだけ、金具すらないシンプルな構造です。

よく考えたら薄くする必要ない

アスメデルの札ばさみは、質感も良かったので買ってもよかったんですが、よく考えたらポケットに入れないんで、薄くする必要もないんですよね。

それに、「どうせ、カバンに入れっぱなら、アレと一緒にならんかなぁ」と考えたんですよ。アレ、というのは手帳です。

私はシステム手帳が苦手で、市販の安くて薄いノートを、これまた安いペンホルダー付きのノートカバーにかぶせて使っているのですが、必要なシーンで携帯してないことがままあるので、この際、財布と一体にならんかな、と。

で、階を改めてステーショナリーのコーナーに行くと、10月はじまりの手帳がいっぱい並んでます。どの手帳もその気になって見ると「札ばさみとして使えなくもねぇなぁ」と思えるものばかり。まあ、紙切れ数枚と、プラスチック板が数枚収納できればいいわけなんで当たり前ですが。

スポンサーリンク

手帳を財布と共用するという発想

というわけで、試験的にひとつ買ってみたのがこれ。

PLUSFILEというイギリスのメーカーの「NEWTON Classic」という、なんの変哲もないノート、1800円。

見開きのところにカードホルダが6つあります。その奥の切れ目にお札を数枚入れることで、小銭入れ以外の今の財布機能は引き継ぎできます。ただ、お札は、折らずに入れるには長さが1cm足りなかった…

ノートは無地。ほんとは5mmの方眼が好みなんですが、これと同サイズの別メーカのノートがいろいろあるようだったので、差し替えて使えるかな、と。

各ページが切り離せるのと、システム手帳みたいに真ん中に金具がないのがいいですね。

理想の一品、X47 Duo1 A7 カウハイド

で、帰ってから同じコンセプトの商品がないかなと探していたら、ドンピシャのものが!

X47 Duo1 A7 カウハイド ガウチョ 【ブラウン】707

ドイツのX47というブランドのduo1というモデル。マネークリップのハサミの部分でノートを挟むような設計。

なにより「手帳と財布は一体化、でも小銭入れはいらない。システム手帳でもない」モノを求める人が自分以外にいて、商品化されてることに感動です。

ただお値段は27,000円と衝動買いするには少々お高い。日本の代理店直販のオンラインショップもあるんですが、やっぱり実物見て判断したい。

国内だと下の3店舗で取り扱ってるようでした。神戸に行く機会があれば見てみたいと思います。

X47 DUO1 -手帳と財布の融合 最高級レザー仕様 男女兼用ウォレット(公式サイト)