京セラのセラミック刃ペッパーミルがなかなか良いから君らも使えばいいよ

やわなべです。

粒タイプのブラックペッパーを買ったんですが、キッチンにペッパーミルが見あたらなかったんですよ。壊れて捨てたのか覚えがない。んで、買い換えようとAmazonみてたら見つけたのがこれ。

京セラ製のセラミック刃のペッパーミルです。

さびない、磨耗しにくい、しっかりすれる、粗さ調節可能という売り文句。

このセラミック刃のキッチン用品は他にもあって、もちろんネガティブなレビューもついてるんですが、どれも多くの高評価を得ていて人気は高そうです。

スライサー

三徳包丁

キッチンばさみ

特にキッチンばさみはすぐに錆びる印象が強いんで、次買うときはセラミックにします。

で、届いたペッパーミルを実際使ってみました。

フタを開けると大小5つの円が見えるんですが、別に5段階で削る粗さを調節できる目盛りというわけではなく、「大きい丸の方向にまわせ粗く挽ける」、というだけの表示みたいです。普通のブラックペッパーは、普通に挽けました。数日使っただけですが特に目詰まりをおこすようなこともありません。特に素晴らしい切れ味!とも感じませんが。

ペッパーミルといえばプジョー?

ところでAmazonでペッパーミルを探していると最初に出てきたのはこれ。

プジョー? あのフランスの自動車の?

もともとプジョーは1810年ごろから金属製品を作る会社として始まったのが最初だそうで、自動車より最初に作ってた製品のひとつがペッパーミルなんだそうな。

上のAmazonで売ってるのも、そこそこお高いですが、本家のホームページ見るとこんな感じ。

なんでしょうか、この高級感

いつかはこんなペッパーミルを食卓におけるような身分になりたいもんです。