Amazonがインスタントビデオの200円引きクーポン配布中

やわなべです。

昨日書いた京セラのペッパーミルはAmazonで買ったんですが、その際、注文画面にすすむと謎のメッセージが出てまして。

なんと、このペッパーミル、デジタル動画配信の200円クーポンが付く対象商品らしいんです!!

…すみません、ちょっと話盛りました。試しにカートを空にして他の商品を入れても、同じメッセージが出たので、たいていの買い物にはこのクーポンがつくみたいです。

実際購入すると、通知メールに続いてクーポン発行のメールが届いてまして、どうやら2015/01/15まで使えるとのこと。次回Amazonインスタント・ビデオでなにか見たら自動的に200円引きになる模様。

Amazon インスタントビデオを見るときの注意点

ということで、公開時に行こうと思っていけなかった是枝監督の「そして父になる」をチョイスしてみました。

今回のキャンペーンではじめてAmazonのインスタントビデオを見るという方もいるでしょうから、いくつかアドバイスをしておきたいと思います。

1. HD画質で見れるのはKindle Fire端末だけ

作品を選ぶと、このように「標準画質で見るか、高画質で見るか」の選択肢が出てきます。

「100円程度の差なら高画質で見ようか」と思いがちですが、高画質(HD)で見れる端末は限定されていまして、今のところ Amazonが出してる kindle Fireのみ。たぶん、持ってる人はほとんどいないと思いますので「標準画質」を選びましょう。

私も一度何も考えずに高画質を選んで失敗しました。作品が見れないということはないですけどね。

2. Hulu の作品ラインナップとかぶっていないかチェックしよう

私は定額の動画配信サービスのhuluに加入していて月額933円(+税)を毎月払っているんですが、Amazonインスタントビデオで見ようと思った作品がよく見たら、huluのラインナップにあったということがありました。

huluのラインナップはAmazonのビデオストアよりも作品の検索がしづらいんで、見たい作品があっても見つからないケースがあるんですよね。同様にhuluに加入している方はAmazonインスタントビデオで購入する前に作品名でhuluのサイトから、念のためチェックした方がいいですよ。たとえば上の是枝監督の作品だと、「誰も知らない」「歩いても歩いても」なんかはhuluにあります。

3. AppleTVへの転送はAirPlay経由でできる

すみません、プレミアリーグライブでもパ・リーグTVでも私がこだわるのは常にこの点なんですが、Amazonインスタントビデオの再生ビューワアプリはiOS版があり、iPadでも見れます。そしてそのアプリからAirPlayでAppleTVに転送すれば、テレビでの視聴が可能です。高画質版でなくとも全然気にならない画質でした。

現時点では、新作が、Amazonインスタントビデオか、iTunesビデオのラインナップに加わるタイミングはほぼ同じくらい。ラインナップも似ていますね。

ただAmazonはヨーロッパの動画配信企業などを買収しているんで、若干ヨーロッパ系のマイナー映画のラインナップが多い印象です。といっても、いわゆるミニシアター系の作品が多い、というわけではないので、そのへん好きなマニアの方は期待しすぎないように。