2014年版、プロ野球12球団のイケメンアイドルを探せ!(パ・リーグ篇)

やわなべです。

先日、プロ野球セ・リーグのアイドル選手を球団別にあげたエントリーを書いたのですが、

びっくりするくらいアクセスがありませんでした。

もうね、当ブログの中でもダントツのワースト1、2位を争うレベル。完全にスベりました。続編を書くのをためらってたんですが、セ・リーグだけって訳にもいきませんし、これからどんどんストーブリーグに入って記事を出すタイミングがなくなっていくんで、クライマックスシリーズ直前の中休み的なこの時期にひっそり公開しますよ。

前回同様、野球にあまり興味のない女性が、お気に入りにしやすい25歳以下のアイドル選手を探しやすい球団をランキング順に発表していきます。前回同様、写真はすべてNPB、日本野球機構のオフィシャルサイトの選手名鑑よりお借りしています。

6位: 千葉ロッテマリーンズ

個人的に、アイドル選手のイメージが一番ない球団で(ファンの方すみません!)、ぱっと思いつくのが唐川くらいなんですが、今季で引退する大捕手、里崎の後釜を、二人の高卒の若い捕手が狙うというドラマ性を買って、江村田村をアイドル候補として推したいと思います。上の写真だけで判断しちゃダメですよ。

5位: 埼玉西武ライオンズ

25歳以下となると金子侑←女子アナと交際中)くらいかなぁと思ってたら、シーズン終盤、彗星の如く現れては、マンガみたいな大活躍、いつのまにか主軸選手の風格すら漂わせるに至った恐るべき高卒ルーキー、森友哉なる逸材が出てきました。来季は藤浪との対戦がクローズアップされるんでしょうねぇ。いやだから写真で判断しちゃダメですって。

4位: 東北楽天ゴールデンイーグルス

若いイメージのある球団ですが、アイドル的な存在としては、無難なところで、おそらく来季もローテーションの柱になる則本松井裕をあげておきましょう。野手ではこちらも今季急成長の西田ですねぇ。

3位: 福岡ソフトバンクホークス

選手層が厚く、なかなか新顔の若手が食い込む余地の少ないチーム環境の中、正統派アイドルっぽい今宮の存在が光ります。アイドルとは呼びがたい風格が漂い始めてますが、年齢制限ギリギリのギータ柳田も一応あげておきましょう。てかギータまだ25かよ

2位: オリックスバファローズ

25歳のイケメン正捕手、伊藤光の存在が大きすぎます。現時点でやわなべの一番お気に入りのプロ野球選手でありますが、そんな情報はどうでもいいですね。パッと見イケメン風な駿太はスタジアム行く限りではそこまでアイドル的人気は感じませんでした。代わりにアイドル的な存在として西君を推したいです。

1位: 北海道日本ハムファイターズ




セの広島を上回る12球団随一のアイドル軍団です。選手層の厚さは群を抜いています。4人も上げてしまいました。中でも大谷上沢谷口は、今年ブレイクした感の強い選手なんで、このぶんだと来季は大幅な女性ファン増加が望めるのではないかと思われます。

まとめ: 野球人気復活への提言

というわけで、プロ野球人気を復活させたかったら、チートでもなんでもいいんで、日本シリーズを日本ハム x 広島のカードにするべきです

試合開始は、全試合21時。TV中継のメインキャスターには亀梨君を起用しましょう。