年収2000万円超えの人の心には、お得なポイントサービスは響かないのか?

やわなべです。

先日のニコニコカドカワ祭りのキャンペーンでテンション上がった結果、アホほど買った電子書籍を粛々と消費する毎日です。カドカワニコニコ祭りの前に買った書籍「ポイント・会員制サービス」入門を読み終えました。

「「ポイント・会員制サービス」入門」販売ページヘ

「ポイント・会員制サービス」入門

  • 作者: 安岡 寛道
  • 出版社: 東洋経済新報社

お店などの商売をやってる人向けに、会員制サービスの仕組みと現況をざっくりと解説しつつ、新たに自社ビジネスにポイント制や会員制を導入するときに考慮すべきポイントをまとめた本です。今のお前に必要か、と聞かれたら「全くない」と全力で答えます。

2014年6月に出た本なんで、最近の業界トピックである、Pontaとリクルートポイントとの連携とか、楽天ポイントの他業種提携についても触れられています。とはいえ著者はシンクタンクの方なんで、報道で見る以上の内部裏事情的な情報はないですが。

Rポイントカードの共通化で楽天にメリットがあるのか
ローソンの成城石井買収でポイント地図はどう変わる?

消費者のポイント意識の揺れる思い

私は会員制を導入するか悩んでる商売人ではないので、業界動向や実践的な情報よりは、ポイント制度に対する消費者への意識調査のアンケートが面白かったです。

たとえば「ポイントが付くかどうかで購入する商品・サービスが変わるか」という質問には「あてはまる/あてはまらない」がほぼ半々。

アンケートは2006年から2013年までの5回の結果があるんですが、「年々こういう傾向が」といったのがなくて毎回ぶれてる

思うに、ポイントに対するおのおのの意識の変化ってが変容しつつあるというよりは、その時その時の世間と自分の経済事情に応じて、節約志向にふれたり、リバウンドで逆方向にふれたり、みたいな揺れ動きがあるんじゃないのかと。

ポイントがつくなら、多少手間がかかってもその店で購入するか?」ってのもいい質問ですね。利便性と、経済的メリットとどっちを優先するのか。

で、この結果も全体的には「Yes=利便性より経済的メリット」の人が約半数くらいまで伸びているかに見えますが、こちらもその間の調査結果はバラバラ。実は誰も自分の購買行動への確立したポリシーなんて持ってないんじゃないのか、と思えてきてちょっと安心します。

年収と会員優待に求めるものとの関係

一方、グラフや出典の情報はなかったのですが、ポイント意識と年収との関係に関する別の調査についも言及されてました。

それによると、2010年まではポイント意識の高い人(=ポイントありなしによって購買アクションを変える人)ってのは、世帯収入が高い人ほど高くなる傾向があるものの、世帯収入2000万円を超えると急に少なくなる、という結果が出ていたらしいです。

で、これが、2012年になると、ポイント意識高い系の層がだんだん世帯収入の低い方へスライドしている

最近のコンビニや楽天を中心としたポイント囲い込みの主なターゲットが低所得層から中流階層の囲い込みにシフトしつつあるってことの表われかもしれません。

私の個人的な印象でも、収入高めな人って、会員制の待遇の中のポイントの多さなどの「還元待遇」については、無頓着な人が多いですしね。こういう人に訴求するのは、

今なら10倍ポイントがつきますよ!

みたいなお得さアピールよりも、

支払いの際、現金出す手間もサインする手間もないですよ

という利便性。さらにその中でも

チャージもしなくていいですよ
残高気にしなくてもいいですよ
どのチェーンのコンビニでも関係なく使えますよ

みたいな文句がいいようです。

コンビニごとに使える電子マネーまとめ〜PiTaPaがファミマで使えるようになった記念

このエントリーに書いたようなことをリアルで話すと、圧倒的に興味を持ってもらえるのはQUICPayiDです。ミニストップでポテチを買うとWAONポイントが貯まるよ!なんて話をしても蔑みの表情でしか見られません。

非接触ICクレジットの導入コストは?

この本には、各決済手段とその規模を表すわかりやすい図がのってたんですが、

私がおすすめするQUICPayiDというのは、「非接触ICクレジット」というくくりに入るんだろうと思います。が、その決済規模は3000億円で、ガラケーのキャリア収納代行の決済額(5000億円)よりも小さいです。(2012年時点)

個人的にはこれが普及してくれるのが一番ありがたいんですが、店舗への導入コストって高いんですかね。QUICPayの加盟店検討者向けのページにも費用の情報はありません。


非接触IC決済サービス|【クラウド決済サービス】CAFIS PastelPort|NTTデータ

NTTデータはPastelPortという店舗向けの決済サービスを提供してるんですが、費用に関するQ&Aを見ても、

と、答えになってません

かつてソフトバンクの孫さんがADSLのモデム配ったみたいに、JCBなりNTTドコモなりが決済端末を配ったら面白いと思うんですが、そこまで儲かるプラットフォームじゃないんでしょうか。

「「ポイント・会員制サービス」入門」販売ページヘ

「ポイント・会員制サービス」入門

  • 作者: 安岡 寛道
  • 出版社: 東洋経済新報社