イオンカードのポイントとWAONはどっちが得か

イオンカードセレクトホルダーのやわなべです。

私の持っているイオンカードセレクトというのはイオンカードの一種なんですが、

・クレジットカード機能(JCB/VISA)
・WAONカード機能
・イオン銀行のキャッシュカード機能

の3つの機能を1枚に持ってるスーパーカードです。



イオンカードセレクト(公式)

ただぶっちゃけ、イオン銀行に口座持つメリットってそんなになくて(ミニストップでATM使えるくらい)、このカードを選ぶ人のほとんどのお目当ては、セレクトカードでWAON払いした時のオートチャージにポイントが付く、という1点につきます。

唯一オートチャージでポイントがつくセレクトカード

電子マネーWAONがなかなかたまりにくいという点については、以前にも書きました。

通常のイオンカードのクレジット決済につくポイントは200ごとに1ポイント還元率0.5%です。

漢方スタイルクラブカードなどの高還元率カードはもとより、私の持ってる実質1.0%に近いライフカードと比べても低い上に、年間利用額によるステージ待遇などもないため、なかなかメインカードにしづらいカードではないでしょうか。

その中、唯一イオンカードセレクトだけが、一体化されてるWAONへのチャージに、同じレートでポイントがつきます。還元率が倍の1.0%になっておトク!、とクレジットカードの比較サイトなんかでもよく紹介されています。

が、実際のホルダーとしては、ひとこと言いたい。「たしかにそれは正しい、正しいけれど、少し補足させてくれ」と。

スポンサーリンク

WAONチャージでつくのはWAONポイント

WAON一体型のイオンカードはクレジット利用したときにつくポイントと、WAONで支払った時につくポイントが別です。

クレジット払いの時につくポイントは「イオンときめきポイント」というもの。たとえばイオンモールで何か買い物をした際にクレジット払いにすると、「イオンときめきポイント」が0.5%つきます。

一方、WAONで支払ったとすると、0.5%のWAONポイントに加え、オートチャージをした金額にもWAONポイントが0.5%つく。ふたつあわせて1%の還元率となります。

ときめきポイントは1:1のレートでWAONに交換できるので2つのポイントの価値は同じと考えていいでしょう。

ということは、WAONで払えるところでは、クレジットでなくWAONで払うのがトクということになります。

で、還元率がイオンカードよりもいいカードを別に持っている場合、WAONで支払いができないところでは、別のクレジットカードを使うわけです。そうなると、イオンカードのクレジット利用ポイントであるイオンときめきポイントが一向にたまらないという状況になります。

イオン店舗での優待もWAONとときめきポイントは平等

イオンでは毎月決まった日に、ポイント2倍、または5倍のサービスデーがあるのですが、その倍になるポイントの対象は、「WAONポイント、またはイオンときめきポイント」です。

この2つのポイントの扱いは常に平等で、「今日はときめきポイントで払ったほうがトク」というケースはありません。なので、ここでも当然、なんのためらいもなくWAON払い一択となります。(ただし、オートチャージはポイント2倍、5倍の対象外ですのであしからず)

というわけで、WAON一体型のイオンカードでは、クレジット機能をほとんど使わなくなる可能性がかなり高いです。

イオンカードセレクトのオートチャージはクセモノ

さらに、もうひとつ気になる点があります。

イオンカードセレクトは確かにWAONのオートチャージでポイントが付く唯一のカードなんですが、WAONにオートシャージした分のお金は、イオンカードのクレジット残高に計上されるのではなく、イオンカードの口座残高からダイレクトに引き落としされます。

デビットカードと同じ形といえば、おわかりいただけるでしょうか。

給与口座をイオン銀行におくのであればいいのかもしれませんが、そうでない場合は、イオンカードセレクトでWAON支払いをするたびに、イオン銀行の口座残高を気にしないといけなくなります。実際、週に1、2度、系列スーパーで数千円単位で使ってると、結構これが気になってストレスになってくるんですよ。

もし、もう一度カードを作るとすれば

0.5%の通常のポイント還元は、たいしてたまるものではありませんし、それがチャージ込みで1%に変わったところで、口座残高を気にしないといけないデメリットがあるのであれば、イオンカードセレクトを持つメリットは薄いかな、と感じはじめています。

とはいえ、イオン系列店舗の利用が多い私としては、何らかの形でイオンの提供する優待サービスを受けたい。そこで、もし今もう一度選ぶとすれば以下のどちらかを選ぶと思います。

1. 銀行機能なしのWAON一体型のイオンカードを作る

銀行機能なしのイオンカード(WAON一体型)を作って、イオン銀行とは別のネット銀行、たとえば住信SBIネット銀行をクレジット引き落とし口座に指定します。

この場合、WAONへのオートチャージはクレジット残高に計上され、1ヶ月分をまとめて、住信SBIネット銀行から引き落としされる形になるので、管理がしやすいです。

オートチャージにつくWAONポイントはなくなりますが、個人的には、口座残高を気にしなくていい利便性のほうが上ですね。



イオンカード(WAON一体型)

2. イオンオーナーズカードで割引優待だけ受ける

イオンの株主に送られるオーナーズカードで、WAON/イオンカードホルダーと同じ優待プラスアルファのキャッシュバックを受けられる点は以前書きました。

対象店舗では、これを提示して割引を受け、支払いは別のクレジットカードで行います。WAONもイオンカードも持たない場合、ポイント倍増デーのメリットは受けられなくなりますが、他の還元率1.0%以上のクレジットカードで支払いすれば、そちらのメリットである程度、相殺することができます。

まあ、相変わらずイオンの株価も低調なんで、こちらの選択肢もなかなか難しいですけれどもね。