100万PVがなんぼのもんじゃい、webサイトの認知度がどの程度のものか考えてみた

やわなべです。いわゆるネット弱者です。

以前、「年収2000万円超えの人の心には、お得なポイントサービスは響かないのか?」で紹介した「ポイント・会員制サービス入門」に書いてあったのですが、会員制サービスやポイントサービスなどは、100万人の会員を集めても知名度としては、思ったほどでもないんだそうで。

100万人程度の会員数を有する会員組織は、他社から見て広告を打つ価値がある、つまり広告メディアと見なされる場合が多い。

「100万人」というと、極めて多い数字だと思うかもしれないが、これでも世間一般にはあまり知られていない規模である。しかし、会員数が500万人ぐらいになると、急速に社会的な認知度が高まる。このぐらいから加入しようとする顧客が加速度的に増え、一気に会員数が1000万人くらいに到達する場合も多い。

(略)要するに、これまでの経験則などを踏まえると、会員組織の規模は100万人程度で広告価値、1000万人程度で提供価値を有するといえる。

で、それをwebサイトに置き換えて考えてみるとどうなるだろうか、という思考実験だけで1本エントリーを書いてみるテストです。

月間100万PVのサイトの認知度はどのくらいか

スマホでとった写真に10文字くらいのコメント添えた投稿で、何百万PVと稼ぐアメブロのセレブは例外としても、もともと知名度のない一般人が開設した個人ブログが月間100万PVに達するというケースはままあるようです。当ブログなどから見ると、はるか雲の上の存在ですが。

ただ、そのひと桁上、月額1000万PVという数字は個人サイトではお目にかかったことがない気がします。おそらく現時点で個人サイトとして到達しうる上限は、月間7桁PVなんじゃないでしょうか。

ではその個人サイトのひとつの到達点といっていい、月間100万PVのサイトの認知度は、どの程度なんでしょうか。

アクセス解析のGoogle Analyticsではアクセス数を解析する指標として、ページビュー(PV)
とは別に、ユニークユーザー数(UU)という概念を用いてます。

細かいところは把握してないんですが、例えばある人が、一定時間の間に、複数ページある記事をぜんぶ読んだり、関連記事に寄り道したりという行動を複数PVとしてカウントしないことで、実際に来訪した人数を測ろうとするものです。(よね?)

で、このページビューに対するユーザー数の比率が、サイトにもよるんでしょうが、当サイトだと5割くらい。公開されている数字を見ると2〜6割と結構、幅があるようですが、PVが多くなるにつれ、この比率が下がる傾向があるようです。

ここで、仮に月間100万PVのサイトの月間ユーザー数が3割の30万UUだったとしましょう。それはつまり「1ヶ月の間にのべ30万人がそのサイトを見に来た」と理解していいと思います。のべ人数なので「30万人の人が来た」というわけではありません。

アクセスの多いサイトは、やはり頻繁に更新されるニュース系ブログ的なものが多いです。多いところだと1日に数回、少なくても週に2、3回は更新されているんじゃないでしょうか。30万UUとなると頻繁に訪問するリピータも多いでしょうから、人数としては減るはずですよね。

SimilarWebでリピータの流入経路を調べる

そのリピータはどこからやってくるんでしょうか。webサイトへの流入経路は大きく分けて

・検索エンジン
・ソーシャルリンク(Facebook、Twitterなど)
・参照(外部サイトからのリンクを経由)
・直接(ブラウザのブックマークなど)

の4つ。このうち、そのサイトを認知して来訪するリピータの多くはソーシャル経由と思われます。Facebookページや運営者のTwitterをフォローしている人が、そのサイトに月に10回訪れるとすれば、ソーシャル経由のUU数の10分の1をリピータの実数と予測できます。いや、もちろん乱暴すぎる目安なことは承知してますよ。

ソーシャル経由の流入比率は、SimilarWebというサイトで見ることができます。



Website Traffic & Mobile App Analytics | SimilarWeb

ここにサイトにURLを入れると、月間PVと流入経路の比率の推測値が表示されます。

訪問者数の推測値はサイト主が公開している数値と桁が違ってることも多いのですが、流入経路の比率についてはわりとあたっていると評判です。

で、月間100万は超えてるであろう、大手サイトの流入経路比率をいくつか見てみると…これが見事に比率がバラバラ

検索経由が8割近いサイトもあれば、ソーシャルが4割というサイトもあります。いわゆるネットの有名人のサイトは、やはりソーシャル経由の流入比率が高めなようですね。

ちなみに、解釈に迷うのが参照(リファラー)で、ここにはRSSリーダーのfeedlyや、livedoorReaderからのアクセスが含まれるんですよね。これらを経由してくる人はまず、そのサイトの認知者と考えるべきなんですが、参照には他にも「はてなブックマーク」やブログランキングサイトなど、リピータ以外の流入も含まれるので難しいところ。単純化のために、今回は思い切って切り捨てます。

月間30UUのサイトの認知者数を推測する

さて、月間100万PVで、月間30万UUでソーシャル経由の流入が30%なら、

30万 x 30% x 0.1 = 9000

そのサイトを認知している人は1万人に満たないという推測になります。検索流入がメインでソーシャル流入が5%とかだと1500人。もし私よりヒマな方がいらっしゃったら、サイト運営者のTwitterアカウントのフォロワー数とくらべてみたりしても面白いかもしれませんよ。

いずれにせよ思ったより認知している人は少なそうだ、と感じるのではないでしょうか。月間100万PVのサイトを実名&顔出しでやってたところで、街で歩いてて声をかけられることはなさそうです

さらにそのレベルが上限で、その上の桁のPVを稼ぐことが現状、構造的にムリゲーなのであれば、そもそもwebサイト運営だけで、ネット以外にも知名度を持つ有名人になることは不可能ということにもなります。もちろんサイトを起点にいろんな接点はできるでしょうが。

本来個人サイトに広告価値などない

で、冒頭の引用にあった、「会員(=ファン数)100万集まったら企業にとっての広告価値、1000万集まったら提携価値が出る」という目安とあわせて考えると、個人サイトの認知者数が1万人だとしても、2桁足りません。つまり、企業が広告を出す媒体として検討する価値を個人サイトが持つには月間1億PVくらいないと…、という計算になります。

その一方で、月間100万PVのサイトを持っている人が、月に数十万の広告収入を得ているという報告もよく目にします。PV比で0.1円〜1円以上の収入を得ているという報告はざらにあるんで間違いないところでしょう.

もちろんそれはGoogleアドセンスや、Amazonアソシエイトといった、マッチング式の成果報酬型広告の存在があるからです。本来なら、単体で広告媒体価値を持ちえない個人のwebサイトを収益化できる仕組みが提供されているってことですね。

これまでの広告価値の考えだと相手にされない規模の認知度のwebサイトでも広告掲載ができ、まんざらでもない収入を得ている人が大勢いる。今さら何言ってんだ、って話ですけど、やっぱり不思議な感じがしますよねぇ。

ちなみに、上の算式ではじいた当「やわなべ.net」のリピータ数はゼロ。うん、だいたいあってる!!(泣)