体脂肪は量ではなく率の推移を管理すべきではないか

やわなべです。

昨日書いたXperia Z Ultra(Xperia Z ultra (SIMフリー)はじめました)に iPadMiniで使ってたアプリ環境をを移行し始めてますが、今のところさしたるトラブルもなく、わりと順調に移行できてます。これじゃブログに書くネタがないぞ。まぁ、WiFiタブレット機からの移行なんで、連絡先とかLINE履歴といった、トラブルの起こりやすい要素がないからなんですけどね。

ただ、地味に影響があったのが、毎日の体重と体脂肪率を記録してる Withingsアプリです。予想外の展開でした。

(参考)【Health Mate/Health Planet/ウェルネスリンク】体重計メーカ各社のクラウド&アプリ環境を総比較

クラウド対応の体重計に対応して、計測した値を自動的にクラウドに記録しますよ、ってところが売りのアプリなんで、Androidにも当然 iOS同等の管理アプリがあるのですが……

なぜか、Android版のWithingsアプリだと、体脂肪の入力単位が率ではなく、量、なんですよ。

iOS版の入力画面はこちら。オムロンの体組成計で表示される体脂肪率の値を毎日そのまま入力してたんですが、それができなくなりました。なんと、こんな地味なところに落とし穴があろうとは。

まあ、このアプリ使ってる人の大半は、上のWithingsの体重計からの自動入力機能で管理してて手入力なんてしてないでしょうから、問題を感じることはないんでしょうが、おかげでこっちは、今のところ電卓アプリで「体重 x 体脂肪率=体脂肪量」の算式で、毎朝、自分自身の脂肪量を計算して入力しています。何やってんだ感がハンパないです。霜降り牛ですか。

手入力で記録する体重管理アプリなんていっぱいあるんで、乗り換えようかとも思いましたが、これまでのデータを移行するのがめんどくさい、てかそもそもできるのかどうかも不明。

もしや、Withingsのアプリ設定で、入力単位を変えられるのでは?、と見ると、、、ありました。体脂肪率の単位を率と量とで切り替えられる設定が。

が、残念ながら入力の単位は変わらないようでした。代わりに、表示の単位を率(%)と体脂肪量(kg)とで、切り替えすることはできるようです。ちなみにiOS版で、ここの設定を変えると入力の単位も変わるんですけどね。もしかして、Android版のみの仕様レベルのバグでしょうか…

スポンサーリンク

体脂肪量での方が管理しやすいのは認める

しょうがないので、これまで入力してきた体脂肪の推移を体脂肪量(kg)にして見てみたところ、実はこれが見やすい
体脂肪率を1日で3%上げるためにやったこと

1日に2、3%変動するんで、重視してなかったんですけどね。体重の増減が要因だろうと思っていた体脂肪率の変化が、単純に脂肪量としても増えているってのが一目瞭然でわかりました。

考えたら当たり前なんですが、体脂肪率は、体重と体脂肪量という2つの変数から求まる値なんで、体脂肪率の変化が、分母の変化によるものか、分子の変化によるものかがわかりにくい。

もちろんパッと出た数値を年齢・性別から見た標準値と比較するにはいいんでしょうが、「つけるだけダイエット」みたいに時系列の値の推移を見るんだったら、単純に体脂肪「量」の推移を見るほうがいい気がします。

とはいえ入力は面倒です。一応オムロン体組成計の取扱説明書を見たんですが、やっぱり体脂肪量での表示はないようで、毎日のルーティンに「電卓で、自分の体脂肪量を毎日計算する」が加わりました。今日の自分の脂肪量を即答できる人もなかなかいないんじゃないでしょうか。