ユニクロのウルトラライトダウンベストが部屋着としてもはや手放せない

下着のほとんどをユニクロで調達しております。やわなべです。

逆に言えば下着以外のものをユニクロで買う機会はここのところ、ほとんどありませんでした。やはりデザインがパッと見でわかるので、おしゃれには程遠い自分でさえ、なかなか採用しづらいですし、さほど、安いというわけでもありませんしね。

そんな中、何気なく買ったこれが、部屋着として大活躍です。もう手放せません。

ユニクロのウルトラライトダウンシリーズのベストです。お値段、4000円くらい。

スポンサーリンク

ウルトラライトダウンベスト活用法

ウルトラライトダウンシリーズはコートやジャケットタイプもあって、これ着て、犬の散歩してる人とかよく見かけます。が、さすがに通勤や、遊びに行く際のアウターとしては、大人としてはちょっとチョイスしづらいところではないでしょうか。

かといって、部屋着に用いると、いかにも「寒い我が家、暖房代節約してますねん」的な雰囲気が出てしまって、心まで寒々と冷え込んでしまいます。そこで、お勧めなのがベストタイプです。

長袖タイプは腕まわりにダウンがあることによって、腕と胴体が触れるたびに、カサカサと音がします。外では全く気にならないのですが、室内だとこれが結構なストレスです。ベストタイプだとこれがありません。可動域が増えるので、キッチン作業などにも最適です。

ポイントは、ワンサイズ小さめを選ぶこと!

メーカーの商品企画としては、コートやジャケットのインナーとしての着用を想定しているのかな、と思いますが、室内での着用におすすめなのはむしろ逆。カーディガンなどの厚手のニットの上に着用します。それはもう、ジェットコースターの安全用の留め具みたいな感じでガシッと。救命胴衣みてぇ、と思うかもしれませんが、まさにそのイメージです。

しかもサイズを少し小さめのものをチョイスするのがポイントです。厚手のニットに上に羽織ってチャックを上まで上げると、少し胴体が締め付けられるようになるくらいでちょうどいいです。

スリムな男性であれば、メンズ向けのSサイズより、女性向けのモデルをチョイスしてもいいかもしれません。丈は少し短くなるかもしれませんが、密着感を優先して選ぶべきです。防寒具というより防具(野球のアンパイア的な)な感じがするものを選びましょう。キツ目を選ぶことによるコルセット的な効果なのか、心なしか姿勢まで矯正されているようにも感じますから不思議です。

オフィスワークもこれ着てたら捗りそうに思いますが、さすがにオフィスでこれ着る勇気は私にはないですね。

冬場のスポーツ観戦にも使える!

これはベストタイプだけなのかどうか知りませんが、寝袋みたいな収納袋がついています。ペラペラなんで、くるくるっと丸めて収納袋に入れたらリュックなどにかさばらずに持ち運びができるわけですね。

右の袋に丸めて入れると、、、、

こんな感じ。「えっ!、スマホと比べてこんなに小さいの?!」と思った方、左はサイズ比較用においたXperia Z Ultraという馬鹿でかいスマホです。いわゆるひとつの目の錯覚です。

(参考) 【Xperia Z Ultra日記】これはスマホ依存症からの脱却に最適な画面サイズだ

部屋着目的で買ったので最初は「こんなのいらんわ」と思ってたんですが、冬場のスポーツ観戦に持って行ったらぴったりでした。ひざかけとセットで持ち運ぶといいのではないでしょうか。あと、年始の帰省先が寒いところにある方とかは、かばんに入れて持っていると帰省先で威力を発揮しそうです。

4000円という価格は部屋着専用として考えると、正直ちと高いのですが、もはや手放せません。今年買ったもののベスト5には確実に入ると思います、、、

ベストだけに!(最後に言ってしまった)