イオンカードセレクトを他の種類のカードに変えることはできないよ

やわなべです。

おおよそクリスマスと縁遠い、所帯じみたエントリーですみません。私が持ってるイオンカードセレクトが使いにくいので別の種類のイオンカードに変えようとしたけどできなかった、というだけのお話です。

なぜ、イオンカードセレクトが使いにくいのか

これについては以前に書いたので、お手数ですがこちらを参照ください。

還元率だけでイオンカードセレクトを選ぶとデメリットに悩むことになる

ひとことでいえば「WAONのオートチャージの金額が、口座から即時引き落としされるのが困る」という1点につきるのですが、あくまで「私の使い方だと困る」というだけで、生活費用の口座をイオン口座にしている方にとっては、なんら問題無く使えるはずですし、還元率でいえば、イオンカードの中でも一番オトクなカードであることは変わりません。

イオンカードセレクト(公式)

スポンサーリンク

イオン銀行も使いにくい

ただ、上で書いたことに加えて、引き落とし口座として指定されているイオン銀行が、どうにも使いにくいんですよ。

WAONの引き落としがダイレクトにされるので、出先で口座残高を確認したいケースがあるんですが、ネットバンキング専用のスマホアプリはないし、ブラウザアプリでアクセスしても、サイトがスマホに最適化されてないので、画面移動してるうちに再ログインさせられるなどと、非常に使いづらい。どうやら、設計思想として、出先でスマホで銀行機能を使うケースってのをあまり考慮していないっぽいです。イオンスクエアのアプリもいつの間にか終了しているようですし。

スマートフォン向けアプリ「イオンスクエア」終了のお知らせ | イオンスクエアニュース | イオンスクエア

しょうがないから、複数口座を管理できる便利アプリマネーフォワードにイオン銀行の口座を登録して、そこから裏で、残高情報を自動取込してもらおうと思いました。

家計簿マネーフォワード【投資・資産管理】 5.0.5
カテゴリ: ファイナンス
Google Playで詳細を見る

資産管理、家計簿ツールの決定版!マネーフォワード

が、マネーフォワードからの自動ログインの際に、毎回「合言葉認証」が求められる。マネーフォワードは、そうした第2認証の合言葉まで登録しておいて自動ログインを突破できる、わりと恐ろしい機能を持ってたりするんですが、それでログイン成功するたびに、こんなメールが届く。

マネーフォワードは、1日1回、口座情報をチェックするので毎日このメールが来ます本当に不正アクセスがあっても絶対に気づかない自信があります。

第2認証が不要な端末は3つまで登録できるんですが、マネーフォワードのような外部ツールからのアクセスを登録することはできませんし、毎回のメール通知をオフにすることもできません。
というわけで、やっぱりイオンカードセレクト使いにくいという結論にいたり、、別のカード、具体的には銀行機能のない、WAON一体型のイオンカードに切り替えできないかと考えました。

WAON一体型イオンカードへの切り替えはネットからもできる(ただし条件付き)

イオンカードの、WAON一体型カードへの切り替えはネットからもできるようです。


イオンカード(WAON一体型)への切替 説明|イオンフィナンシャルサービス/暮らしのマネーサイト

が、あくまでこれは「WAON」機能がついておらず、かつWAONカードプラスで、単体のWAONカードにひも付けていないカードのみが対象とのこと。ダメ元でここから自分のイオンセレクトカードで申し込んでみましたが….

残念、やっぱりできませんでした。

カスタマーサポートに相談

最終手段として、カスタマーサポートに電話してみました。オペレータの方に「イオンカードセレクトから別のタイプのカードに変更したいんですが…」と告げると、

できません。

即答でした。まだどのタイプのカードに変えたい、とも言ってない段階でこの回答だったので、「イオンカードセレクトからは、どのカードへの変更もできない」ということなんでしょう。

ということは、別のタイプのカードに切り返したかったら、今のカードを解約して再度、申し込みという形になるんでしょうか?

と聞くと、「手続きとしてはそうなりますが、今のイオンセレクトカードの方は別に解約する必要はありません」とのこと。

たしかに、どの種類のカードも発行費・年会費無料なんで、2枚持っててもコストはかかりません。支払い事故もおこしてないから、2枚目の審査もおそらく通るんでしょうけど、それってムダすぎやしませんか。利用料が無料と言っても、そちらの発行、管理コストがゼロなわけないでしょうし。

イオン銀行の口座解約は歓迎されない、かも

ここからは邪推なんですけど、イオンカードセレクトの解約(イコール、イオン銀行の口座解約)は、イオンカードとしてはあまり歓迎する事態ではない、ということなのかもしれません。最近のメガバンクが悪用を恐れて新規口座を開くのに慎重なのとは対照的に、「口座数を増やせ、今ある口座は減らすな」的な方針があるのかもしれません。

まあ、私以外にもイオンカードセレクトを別のタイプに変えたい、なんて言い出す人は十中八九、「引き落とし先としてのイオン銀行の使い勝手が悪い」という理由でしょうから、カスタマーサービスを通じて、その意見に1票を投じたことにでもなればいいのですが。

結論としては、まだイオンカードセレクトを1年も使ってないですし、つい最近、漢方スタイルクラブカードを発行したばかりのこともあって、あまり自分のクレヒスをカード会社からの照会履歴で汚したくないので、しばらくはWAON機能を封じた状態で使いつづけ、来年のどこかで解約、WAON一体型のカードを再度申し込みしようかと思っています。