お正月、することがないなら映画を見に行くのは意外とアリ

やわなべです。

本来なら海外にいるはずだったのが、エアアジア便のキャンセルになって地味な正月を迎えるハメになりました。。親族へのあいさつ回りなども今年は行かないと公言してたので、自宅でしっぽり。テレビとか見ててもしょうがないので、元日から映画を見ることにしました。

元日の映画館はオトク

だいたいメジャーな映画館ってのは、どこも元日から営業してます。しかも、ともすれが忘れがちなのですが、

元日は、毎月1日の1100円価格で見れるんですよね。通常、月初が休日にあたった場合、映画館は激混みになるのですが、確実に毎年休日で、1100円で映画が見れるにもかかわらず、しかもあまり混まない元日ってのは、実はかなり狙い目です。

で、実際この日、見に行ったのは、、

ハイ、紅白歌合戦でもかなりの時間を占めていた「『映画 妖怪ウォッチ 誕生の秘密だニャン!」でございます。

(参考)『映画 妖怪ウォッチ 誕生の秘密だニャン!』公式サイト

11:30からの上映でさすがにガラガラとまではいきませんが座席は余裕でした。お子様の多いご家庭などは来年ぜひご検討いただきたい。映画も面白かったですよ。テレッテッテーーーテレッ、ガッツ!!!

が、一方で問題点もありまして….

元日の梅田であいてる飲食店はどこだ?

映画が終わったのは13時過ぎだったのですが、何かランチでもと思っても開いてる店がない。

今回行ったのはJR大阪駅に直結する大阪ステーションシネマだったんですが、そんなロケーションにかかわらず、飲食店が見つからない。このシネコンの下のフロアは飲食店街なんですが、1/1は休業。というかこのビルで営業してるのはシネコンだけ。阪急、阪神、大丸といった百貨店も軒並み1/2からの営業ですし、グランフロントなどの周りの商業施設もビルごと定休日です。阪急三番街、ホワイティ梅田といった「梅田ダンジョン」とも呼ばれる複雑に広がる地下街も、すべてシャッターが閉まってどこも開いてません。

そんな中、唯一元旦から営業してるのが駅の北にある、ヨドバシカメラ。ここの8階のレストラン街はまとまった飲食店街としては、このエリアで元旦、唯一開いている飲食店街です。ほぼ14時になろうという時間にもかかわらず、ほとんどの店が行列待ちの状態でした。この日、梅田でランチを求める人がここに集結している感じです。

阪急百貨店から南に伸びる大阪のメインストリート御堂筋もこの状態(時刻は14時くらいです)。

狙い目はお初天神商店街

あとは、阪急メンズ館の入っているHEPナビオの建物横から東に伸びる、東通り商店街には、ラーメン店など。開いてる店がちらほらと見つかります。特に、そこから南に枝分かれして伸びる「お初天神商店街」は、つきあたりにある露天神社(お初天神)に初詣客が集まることもあって、飲食店が結構開いてます。といっても、ここは本来飲み屋街なので、多いのは「がんこ」や「たよし」といった居酒屋なんですが。地方からこの時期大阪に来られる方だと、この商店街の中のお好み焼き「ゆかり」の曽根崎本店なんかはいかがでしょうか。

ゆかり 曽根崎本店 – 東梅田/お好み焼き [食べログ]

ちなみに露天神社の初詣客はまあまあの集まり具合でした。商店街に直結しているので、露店が並ぶ、といった光景こそ見られませんが、境内の中に、甘酒やタイ料理を出す出店があったり。まあ、私はすでにお参りを済ましてますので、列に並ぶことはしませんでした。

というわけで今年もよろしくお願い致します。

テレッテッテーーーテレッ、ガッツ!!!