コインレス生活を続けて3ヶ月、困ったシーン、ベスト5はこれだ!

やわなべです。

ずいぶん前にこんなエントリーを書きました。

財布と手帳を一体化、コインレス生活はじめました

コインレスはともかく「財布と手帳を一体化したい」というニーズは一定数あるようで、いまだに細々とアクセスを集めている記事です。

で、このスタイルはまだ続けているわけなんですが、やはり困るシーンは出てくるわけで、上のエントリーを読んでくださる方へ向けて、実際にここ数ヶ月の間に遭遇した困ったシーンを、ランキング形式でお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

困ったランキング5位 自転車の駐輪場が辛い

近場の移動には自転車をよく利用するのですが、最近はここ大阪も民度が上がってきまして、駅前や商業施設の近くなどは、有料の駐輪場がかなり整備されるようになっています。駐輪料金は「最初の1時間が無料、以降24時間おきに150円」とかたいしたことないのですが、コインレスの私にとってはこれが、

 

1時間たったら、即撤去!

 

と同等の、かなりハードルの高い条件となります。再開発が進んだ梅田エリアなどだと電子マネーのPiTaPaが使える駐輪場もあって、もっぱらそこを常用しているのですが、そうでないエリアは、無料の駐輪場がある商業施設がないか、事前にチェックするようになりました。

困ったランキング4位 100均に行くのが辛い

そんなに行ってない印象が強かったんですが、コインレス生活になってから意外に行ってることが判明。利幅の薄い商売をされてる100均各社にカード決済や電子マネー対応を期待するほどのモンスターカスタマーではありませんので、非常時用に手帳にしのばせた紙幣で払うのですが、何が辛いかって、

 

消費税が8%になってから、紙幣で払った時のお釣りの硬貨が多いこと多いこと!

 

たとえば、100均でひとつ商品買ったら 108円です。1000円札で会計したら、お釣りは892円硬貨が一気に11枚増えます。 入れるところないって。

で、これに懲りて今度は2つ買おうとしても216円で、お釣りが784円、やっぱり返ってくる硬貨は11枚で変わりません

もらった硬貨は入れるところがないので、カバンの内ポケットにじゃらじゃら入れています。まるで旅慣れてない海外旅行客のようです。

困ったランキング3位 飲食店に行けない

これは、ある程度予想はできていたことで、ファーストフードや定食屋なんかはハナから期待もしてなかったのですが、会計が5千円以上になる飲み屋なんかででもチェーン店でなかったり、商業施設のテナントに入ってないとか店だとカードNGってところも多いんですよねぇ。

一番焦ったのはネットで事前にカードOKと確認して訪れたフレンチレストラン。3000円くらいのランチコースを安心して食べてたら、会計で「ランチはクレジット不可です」と言われて焦ったことがありました。100均と違って、この場合、非常用の紙幣が足りなければ即死ですので注意したいところです。

困ったランキング2位 コインロッカーが使えなくて辛い

頻度的にはさほどでもないのですが、預けたいときに預けられないストレス、おわかりいただけるでしょうか。

特に美術館や図書館などによくある、荷物を入れるときに100円入れるけど、取り出すときに100円が戻ってくるというようデポジット式のコインロッカーも、その100円玉たった1枚を持っていないがために利用できません。この屈辱感はハンパないです。

困ったランキング1位 切手が買えない

これも頻度は低いのですが、一番恥かいたのがこれでして。

先日、コンビニで切手を買おうとしたんですが、混んでる時間帯で2台のレジのそれぞれに列をなすような状態でした。ようやく自分の番になって「82円切手1枚ください」と告げ、店員の方が丁寧に袋に入れてくれたあとで「QuicPayで」と言ったら「現金のみのお支払いとなりますが…」といわれて唖然。しかも、その時は紙幣が入っている手帳も持っていなかったので、

「….すみません、現金がないのでまた来ます….」

といって何もせずにレジをあとにしました。たった82円を支払うことができずに。ぜんぶ貧乏が悪いんや!、みたいな情けない気分になりましたよ。

切手やハガキは金券扱いになるので、電子マネーでの購入は不可、なんですよねぇ。知らなかった自分がアホだったんですが。

もちろん帰って現金を持ってさっきと違うコンビニに買いに行ったことは言うまでもありません。

まとめ:コインレスはスマートであり、スマートでない

はい、というわけで、コインレス生活にはスマートな一面とものすごくダサい一面がありますよ、というお話でした。何かのご参考になれば幸いです。

ちなみに、100均その他でしこたま手に入れた硬貨は年末に銀行のATMにすべて流し込んで入金しました。

たまーに、コンビニでもらったお釣りすべてを募金箱に突っ込んでいくジェントルメンを見かけますが、まだまだあの境地には至れないですねぇ。