映画「エクソダス 神と王」を見て「で、モーセってこのあとどうなるの?」と思った方へ

やわなべです。

元日の妖怪ウォッチ以来の映画館で、リドリー・スコット監督の「エクソダス 神と王」を見てまいりました。

(公式)映画『エクソダス:神と王』オフィシャルサイト

以下、いくつかネタバレ的なところもありますが、元ネタは全世界の人が知ってる話なので、あまり気にせず書きます。

映画は2時間半の大作ですが、さすがの御大リドリー・スコットの手によるクオリティで、事前知識のない人でも安心して見れる内容ではないかと思います。が、ベースとなってるのが旧約聖書の「出エジプト記」、預言者モーセの物語とのことで、その部分で、特に日本の観客にとってはロジックとして腑に落ちなかったり、理不尽に感じられるところもあろうかと思います。

モーセの物語の映画といえば、誰もが思い浮かぶのがこちら。

4時間に及ぶ不朽の大作「十戒」なわけですが、今回の「エクソダス」が扱ってるのはは「十戒」のエピソードの中の一部、すでにエジブト人の将軍として活躍中のモーセが、自分の使命を知り、エジプト人の奴隷であった同胞イスラエルの民を解放し、約束の地へ引率する途中、神の啓示を受けて、イスラエルの民に十戒をもたらすところまで、です。

ちなみに「十戒」では、迫り来るエジプト軍の大軍を背後に、眼前に広がる海をパッカーッ!、って開けて、道を拓く有名なシーンが、ビジュアル的な見どころなんですが、「エクソダス」でスコットさんは、同じシーンをクオリティ高く再現するだけでは芸がない!、と考えたのか、「パッカーッ」はありません

むしろ津波前の引き潮みたいに浅瀬が広がっていくような不気味な描写になっていて、「おいおいモーセはん、これほんまに渡って大丈夫なんかいな」という同胞たちの疑問や、神やモーセへの忠誠心が試されている心理的状況がよくわかります。

で、そのかわりにビジュアル的にものすごく力を入れてるのが「十戒」ではそこまでインパクトのなかった、ナイル川が赤く染まることに始まる、エジプト人にふりかかるあまりにも無慈悲な災厄の数々

「なんで、そこまでされなあかんねん!」というほどの理不尽な仕打ちを、スコット氏はまあ、執拗なほどにディティールこめてリアルに描写しております。本作の映像的な見どころは間違いなくこのあたりでしょう。

スポンサーリンク

で、モーセ、このあとどうなるの?

で、上にも書いたようにストーリーとしては、民に「十戒」を示すところまでで、「さあ、これからみんなで行こう、約束の地へ!」てなところで終わります。ただ数十万の難民が荒野を進む様子も精緻に描かれてることで「このあと無事にたどり着けるの?」と、見終わったあとで、不安に思う方が多いのではないかと。はい、その不安は的中してますよ。お勉強がてら、原作をちょっとあたってみましょうか。

言うまでもなく、この話のネタは「旧約聖書」の「出エジプト記」です。重要な経典ですからあまり逸脱した展開ができるはずもなく、無慈悲とも思える神の理不尽さもあわせ、大筋では「出エジプト記」をなぞる形になっています。なので、今後の展開も、手っ取り早く知りたければ聖書を読めばいいわけですね。

原作(旧約聖書)は驚くほど簡単に手に入る

いい時代に生まれたもので、聖書は、Amazonの電子書籍でたった99円で手に入ります。

パブリックドメインとなった日本聖書協会による邦訳で、旧約、新約の口語訳、文語訳が全部入ってこのお値段です。他にも無料で手に入る電子書籍もあるようですし、口語訳を全文公開しているwebサイトなどもあるのですが、旧約聖書には冗長な部分も多いので章単位で見出しがあって、ジャンプできる電子書籍がよいかと思います。

さて、モーセ十戒を受ける話が出てくるのが「出エジプト記」の第34章ですが、実は神様がモーセに伝えたのは10個どころじゃありません。「出エジプト記」の残りの章、つづく「レビ記」のほぼ全章が、神様からのイスラエルの民への指示でうめつくされてます。その範囲は、今でいうところの、民法、刑法、礼法、から生活規範に至るまで、事細かに書かれてます。このあたりは六法全書を読むようなものなので、研究者でない限り、精読する必要はないでしょう。再びストーリーが動き出すのが次の「申命記」、なんですが、この内容がまたすごいんですわ。

神の理不尽さはイスラエルの民にも及ぶ

「エクソダス」の最後では、モーセが使命をこなす間ほったらかしにしていた妻子と再会し、一緒に旅立とうとするシーンがあります。そのままだと「幸福の黄色いハンカチ」なんですが、実はイスラエルの民、約束の地に辿り着くまであと40年も荒野をさすらう運命が待ち受けてます。。嫁、ついてったらあかん。

そんな過酷な日々が続くわけですから、当然、中にはモーセや、その背後にある絶対者、神に対して疑義を唱える人が出てくるのも仕方のない話です。が、神はそれらの不敬な輩に対して、優しく説いて諭すかわりに、

エジプト人に与えたのとおんなじような無慈悲な災厄を与えます。

疫病で数万人を死に追いやったり、神に従おうとしない人達を一か所に集めて地割れを起こして生き埋めにするとかやりたい放題です。世界中の子供達は、この話をどう受けとめているんでしょうか。こうした表現は、おそらくは実際にあった疫病の流行や自然災害などをモチーフに物語化してるんでしょうけど、日本人のイメージする「神さん」とは根本的に異なるものと思ったほうがいいでしょうね。

さらに約束の地にはすでにそこで暮らしてる別の民族がいるわけなんですが、それらと戦って征服する様子も、悪びれることもなく書かれています。現代的なストーリーであれば、敵の民族になんらかの悪のイメージを植えつけたあとで、正義のもとに成敗する、という筋書きになるんでしょうけど、そんなせこいエクスキューズもありません。ここまでくるとむしろ清々しいです。

そして哀しいモーセの最後

ここまで預言者としてずっと神の言葉を民に伝え、引っ張ってきたリーダー、モーセは、120歳でその生涯を閉じるんですが、これだけの英雄なのに、その最期がまた哀しいんです。ようやく約束の地を目の前にし、あとはヨルダン川を渡るだけ、という段になって、神様はモーセに、ちょっとこの山のぼってこいやと、呼び出してこういいます。

「モーセよ、これが約束の地や。どや、ここからやと全部が見わたせるやろう。。。あ、でもお前は入られへんからな。なんでか教えたろか。お前、前にカデシの水場におったとき、一回わしに逆らったやろ。だからや

モーセ「えっ?」

映画「エクソダス」では、神様の言葉をメッセンジャー的な子供が演じるという演出がなされていましたが、そこでもいうこと、やることがあまりに理不尽なんで、モーセはなんどか言い争いになってましたよね。なんと神様は40年に及ぶ長い道中の、たった1回の不服従をずっと根に持っていたようです

かくして、それからイスラエルの民を率いる役目は、映画にも出てきたヌンの子、ヨシュアに託されます。モーセの死に対して、イスラエルの民は30日間、喪に服しますが、結局モーセは約束の地を踏むことなく死んだのです。ものすごいシュールなオチですよね。