【Xperia Z Ultra日記】Androidの日本語入力Godanを試してみた

やわなべです。

いつもブログはパソコンで書いてます。いくら画面がデカくてもXperiaズルトラでの長文入力には、やはり抵抗があります。

それまで私が使ってた日本語入力は、Google日本語入力のローマ字入力です。が、誤タッチが多くて、変換時のキータッチ音をオンにしたのですが、それでも5文字に1回くらいの割合で誤タッチが生じる。一番大きな問題はそこじゃなくって、実はかな入力の画面、

と、英字入力モードの画面、

見分けがほとんどつかない!!

英単語で検索するつもりが「えんgぃsh」とかで検索してて、毎度ブチギレですよ。

かといって、私フリック入力もヘタレな情弱ぶりなので、ケータイ配列での入力もムリ。なもんでスマホでの文章入力は、せいぜいLINEのメッセージを書くぐらいしか使わずにごまかしてきたのですが、先日、急ぎのシリアスめいたメールを出先で書いてたとき、あまりにも誤字の頻度が多くて発狂しそうになって、何かいい入力方法はないかと探したら 今使ってるGoogle日本語入力に第3の選択肢「Godanキーボード」ってのがあるじゃないですか。これを試してみることにしました。

スポンサーリンク

Godanキーボードとは

今さら解説書くほどでもないのですが、Godanキーボードとは、フリック入力とロマかな変換のハイブリッドというか、イイトコどりを目指した独自の入力方法です。「独自」なので、習得コストがかかるということで賛否両論あったようですね。

キー配列は、こんな感じ。

上のと比べてだいぶすっきりしました。例えば「」と、打ちたければ、「K」+「A」なので、基本的にロマかなです。これまでロマかなを使ってきた人であればフリック族よりも習得は楽なんじゃないかと思いますし、いらないキーが減ったぶん、誤タッチの頻度も下がりそうです。

Godanキーボードの入力方法まとめ

詳しく見ていくと、右側に子音がアカサタナ順(K,S,T,N)にタテに並んでいて、左に母音(AIUEO)が並んでいます。右手で子音、左手で母音を入力するとちょうどいい配置になっています。濁音や小文字が入らない場合は、まさにロマかなそのままで入力できますね。

濁音、半濁音

濁音、半濁音は一番下の真ん中のキーのフリックで選べるので「は」と入力してから「ば」なり「ぱ」なりに変換することができます。が、特にロマかな派には、もうひとつの入力方法、「濁らない子音をフリックで濁音子音」の方が相性がよさそうです。

たとえば「ガ行」なら「K」のフリックで「G」が、「ザ行」なら「S」のフリックで「Z」や「J」が入力できるので、子音フリック+母音と2ステップで入力できます。少し練習すれば「子音の右フリックで濁音子音」ってのは覚えるのですが、どうも私は少々脳みその血のめぐりが悪いようで、たとえば、

「だ」を入力したい → にごらないのはタ行 → タ行の子音は「T」だ

、、、という一連の思考がスッとできないところがあって、濁音のところで、最初のひと押しに躊躇するシーンがよくあります。

小文字はどうか

「きゃ」「きゅ」「きょ」といった小文字はどうかというと、これも同じく「きや」と2文字入力してから濁音キーを押して小文字に変換してもいいんですが、もっと簡単な方法があります。最初の子音キーのあとで母音キーを右フリック、これです。

たとえば「きゃ」なら「K」を入力したあと、母音(この場合は「あ」)を右にフリックすると「きゃ」となります。濁音と同じ2ステップで入力ができ、かつ感覚的にも違和感がなくて、これはかなりのヒットです。整理すると、こう。

・「が」…「Kを右フリック」からの「A」
・「きゃ」…「K」からの「Aを右フリック」
・「ぎゃ」…「Kを右フリック」からの「Aを右フリック」

ちなみに子音抜きで母音キーだけを右フリックすると「AIUEO」キーのそれぞれの右フリックが「ゃぃゅぇょ」となります。うーん。頻度からするとこれでいいんでしょうけど、その代わりに若干入力しづらいのが「まぁ」とか「へぇ」とか入力したい場合の小文字の「ぁ」「ぇ」

たとえば「まぁ」と入力したくて語感の感覚(※個人の感覚です)で「M」のあと「Aを右フリック」すると、出てくるのは「みゃ」なわけです。「まあ」と2文字入力してから小文字変換するのが正解なんですが、母音文字を右フリックしたときは「ぁぃぅぇぉ」の方がよかったかなぁ、と個人的には思います。

促音の「っ」「ー」は?

一方、促音(っていうんですよね)に使う「っ」。これは基本的にロマかなの促音の後に来る子音を2度押し(「さっき」だと「SAKKI」)する方法で、さほど問題はないかと思います。ただ各母音のキーの左フリックに「あっ」「いっ」「うっ」が割り当ててあるので、たとえば「あった」は、ロマかなっぽく「A,T,T,A」でもいいですし、「Aを左フリック」からの「TA」でもいい。自分はこれは使わないかなぁ。

最初どこにあるのか迷ったのが長音符「おーい」みたいな伸び棒「ー」。濁音のない「M」の右フリックに割り当ててあるのですが、なれるまで時間がかかります。まぁ、これはどこにあっても迷う気がするので時間の問題かも。

頻度の低い「ファ」や「ヴォ」「デュ」「ティ」は?

あと、たまに出てきて思い通りにならなくてイラッとするのが、住所のマンション名に入ってたりする、「ヴィ」とか「ファ」。「V」が「W」の上フリック、「F」が「H」の上にあててあるので「ヴィ」ならWを上フリック&「I」で入力できます。あと結構なれないパソコンでも途方に暮れる「ティ」「テュ」「ディ」「デュ」といったところは、

・「ティ」…「T」「E」「Iを右フリック」
・「テュ」…「T」「E」「Uを右フリック」
・「ディ」…「D」「E」「Iを右フリック」
・「デュ」…「D」「E」「Uを右フリック」

で入力できますね。絶対覚えないので、自分用に書いときました。

句読点、カギカッコ

「、」「。」といった句読点は、Rのフリックに割り当ててあります。「。」がR左フリック、「、」がR下フリックなんですが、感覚的には(※個人の感覚です)右フリックで「、」下フリックで「。」だったらしっくりきたかなぁと思います。ただRの残りのフリックが「!」「?」とよく使う記号に割り当ててあって、「W」のフリックに当てられてるかぎかっこ(「」)とあわせ、モードを変えずに入力できるのは嬉しいです。

まとめ

というわけでGodanキーボードをメインの入力モードにして少しは文字入力の快適さがあがりました。実はこのブログの文章も全てGodanで入力したんですよ〜

、、、、と書きたかったんですが、すみません、まだムリでした

いや、冒頭の3行くらいは頑張ってGodanで書いたんですけどねぇ。入力スピードはともかく、あきらかに文章がぶっきらぼうになるという副作用があって、こりゃいかんとPCで書きなおした次第です。