(追記あり)自分だけ!? GoogleAnalyticsの1日分のログデータが欠落してたのでフィードバックを送ってみた

やわなべです。

ブログのアクセスが伸びなくてお困りではありませんか?

私もそうです。(会話終了)

さて、先日の報告にも書いたように当サイトのアクセスは非常に低レベルなところでの停滞を続けておりまして、アクセス解析も主に精神衛生上の理由から毎日は見てません。が、昨日見たら、ちょっとめずらしい光景が。

おわかりいただけるだろうか。 2/9(月)のアクセスだけがどーんと落ちています。その日だけを選択するとこんな感じ。

_人人人人人人人_
> 4PV!!! <
 ̄^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄

これが実アクセスならもうお前ブログなんかやめて田舎帰れ、って話ですね。こんな数字、サイト開設した去年の8月以来に見ましたよ。いくらサイバー空間の孤島サイトだとはいえ、この数字は尋常ではないです。

専業アフィリエイトの方のブログなどを読むと、特定キーワードでの上位表示が生命線すぎるアフィリサイトだと、グーグルからのペナルティで順位が落ちたら即、存在が消えたも同然となる、というケースはあるようです。当サイトも2/9の1日間、まるで検索に表示されない事態にでも陥っていたんでしょうか?

ちなみにこの貴重な4アクセスの内訳を見ると、まさに三々五々、時間もまばらにご来訪頂いておりました。お足の悪い中お越しいただいたのだとしたら、お茶のひとつも出したいところです。

アドセンスのPVはいつもどおり

一方、Googleアドセンスの当サイトの直近のページビューの推移を見ると、2/9の数字が特に落ち込んでるということはありません。

というわけでGoogleAnalyticsのデータが1日分欠落している、という結論に至りました。

スポンサーリンク

理由はなんだろう?

考えられるケースとしては、

(1) 2/9に当サイトに不具合があって、アクセス情報がグーグルAnalyticsに送信されていなかった

(2) 2/9にグーグルAnalyticsの不具合で、当サイトからのアクセス情報が受信できていなかった(あるいは保存できていなかった)

(3) 2/9分のアクセスデータはあるが、集計するタイミングで欠落してしまっていた。

(4) 暇を持て余した神々の遊び

ぐらいでしょうか。2/9の当日、デザインのHTMLをいじくってたりしていれば、(1) の可能性が高いんですが、今週ブログのjavascriptを触るようなことは一切してないです。(というか開設以来、2回くらいしかしてない)なので、普通にその間のアクセス情報もAnalyticsのサーバーに送ってはいるはず。

(2)か(3)の場合は、こちらからはどうしようもないわけですが、(3)の場合は、あとから復旧することもありうるので、より深刻なのは(2)の場合ですね。「GoogleAnalytics ログ 欠落」とかで検索してもここまでわかりやすい形での事例報告は見つかりませんでした。

グーグル先生にフィードバックを投げてみよう

まあ私は、サイトのアクセス状況をクライアントに逐次報告しないといけないweb屋さんみたいな立場ではないので、「そんなこともあるさ」といわれれば、「そんなもんですか」で終了していい話ではあります。別にどうする必要もないんですが、そこまでレアなケースなのかなぁと感じて一応、フィードバックを投げておくことにしました。

関係無いですが、最近Analyticsの画面を開けるとやたらにポジティブなおすすめがあって、ここ最近ずっと出てるのはこれ。

「新しい目標を設定しましょう!」と、自分探しセミナーみたいな提案をしてきます。まあそれはいいのですが、こちらとしては「そんなことより、このボコっとなってるのん、なんなん?」って聞きたいわけで。

GoogleAnalyticsにはフッターのところから、フィードバックを送るフォームへのリンク(「ご意見を送信」)があります。

ポップアップで出てくるのはシンプルなフォームです。とりあえず「ID:xxxxxxxxx(AnalyticsのトラッキングID)、2/9のログが欠落しているようです。」とだけ書いて、次にすすむと、

今表示している画面から、意見したい部分をハイライトさせたり、見せたくないところをマスクさせたり、ということができるようです。このあたりはさすがグーグルですね。これは話が早い、と、上のボコッとへこんだグラフのところをハイライトしようとしたのですが、

フッターからダイアログを表示させたんで、グラフが上に消えてしまって選択できない!

という、おバカ事態。しばらく格闘した末、「ブラウザの文字を小さくすればいい」という画期的ソリューションに行き着いてなんとかグラフ部分を選択します。

こんどはこんな画面に、ここでスクリーンショットを撮っているようですが、これがいくら待っても終了しない。Safariブラウザでやってたのがダメだったのかな。Chromeも入ってるんですけど、別のGoogleアカウントでログインしてるんで、アカウント切り替えするのが面倒なんですよねぇ。

。。。結局3分ほど待っても終了しないので、Safari強制終了。ええと何やってたんだっけ、自分。「新しい目標」を設定しないと。あらためてChromeブラウザのアカウントを切り替えて、同じ手順をすると、こんどはスクリーンショットがきれいに取れたのでフィードバックを送信しました。

個別にお返事はできないけど意見は参考にするよ!」、とのことなんで、期待せずに様子を見ましょう。上の(3)のケースで、こっそり治ってたらうれしいのですが。

まとめ

と書いて別段まとめる気はないのですが、そんなことよりこのサイトって

・集客のほぼ9割をグーグル検索に頼っていて、

・サイトに掲載する広告の代理店機能と広告料のお金の管理もグーグルにお願いし、

・サイト運営のための解析もグーグルにお願いしてる

って、改めて考えるとひどい依存ぶりですよね。思わず「鵜飼いの鵜」という言葉が脳裏に浮かびましたが、そっと頭の引き出しの奥にしまっておきたいと思います。

「How Google Works」販売ページヘ

How Google Works

  • 作者: エリック・シュミット
  • 出版社: 日本経済新聞出版社

(2015/2/15追記)

どうやら同じ期間のデータ欠落は他にも報告があったようで、わたしだけではなかったようです。さきほど管理画面を見たら、しれっと直ってました。

教訓としては、「果報は寝て待て」ということのようです。