プロ野球の試合日程をスマホのカレンダーで見たいアナタに!

やわなべです。

いよいよ開幕が近づいてきたプロ野球の話題でございます。といっても、まだ本拠地でのオープン戦が始まる頃ですが、すでにこんな話題がネットニュースに出て来て、気分はもう「つくしが出たよ もう春だ」、でございます。

阪神―中日の開幕戦チケット、わずか1週間で完売 ファンの関心度高く – ライブドアニュース

わずか1週間」ってところは、むしろ皮肉と解釈するべきなのか迷うところですが、開幕戦が、甲子園でなく(選抜高校野球開催中のため)京セラドームでの開催である点、しかもウィークデーの中日戦、って要素をあわせ考えると、まあ、好意的に解釈しておいていいんじゃないでしょうかね。

まあ、開幕2戦目となる土曜のデーゲームは、昨日時点でなんの苦もなくGETできましたが。藤浪君来るかなーー

スポンサーリンク

2球団のファンクラブに入るということ

さて、個人的に今年は阪神タイガースのファンクラブに加え、

初めてオリックス・バファローズのファンクラブにも入ってみました。去年、両チームの終盤がそれぞれ盛り上がったのを同時進行で見てたのが予想以上に楽しかったのが理由として大きいです。

あと、これはパ・リーグファンには常識ですが、

パ・リーグTV サービス一覧 | プロ野球速報・ライブ中継 パ・リーグTV

パ・リーグ主催試合全試合のネット配信「パ・リーグTV」がいずれかのチームのファンクラブのメンバーには1450円の月額料金が950円になる優遇制度があります。秋までずっと契約する場合、差額だけでもファンクラブの年会費でおつりが来ます。

というわけで、今年は例年以上に試合日程の調整に追われるわけで、試合日程をぱぱっとスマートに確認できないものかしら、と考えました。

Googleカレンダーに、球団別の日程カレンダーを表示する

まずやったのがこれ。日々のスケジュール管理に使ってるGoogleカレンダーに野球日程を表示させよう作戦です。

Googleカレンダーには、オプション機能として他の人が作ったカレンダーをインポートする機能があります。

昔からある機能なので今さら説明する必要もないんですが、一応キャプチャとったんで、手順をあげときます。設定は、パソコンのブラウザでGoogleカレンダーにログインして行います。

1. グーグルカレンダーの左にある「他のカレンダー」→「おすすめのカレンダーを検索」を選択

2. 「スポーツ」タブからの「NPB」を選択

上のタブの「スポーツ」を選ぶと、

いきなり英語表記になりますが、落ち着いてください。まずは深呼吸です。よく見ると「日本のプロ野球」を意味する「NPB」があるので、それを選びましょう。

3. 日程をインポートしたいお気に入りチーム(英語表記)を「登録」

ムダに英語表記されている球団名からお気に入りチームを探して右の「登録」を押せばOKです。

私の場合は「Hanshin Tigers」と「Orix Buffaloes」を選択しました。

先ほどの「他のカレンダー」欄に球団名が加わったのがわかりますね。チーム名の右のプルダウンから表示色を替えることができるので、各チームのチームカラーにしておけば、さらに雰囲気が高まりますよ。

残念ながらオープン戦の日程までは表示されませんが、4月以降のカレンダーを見ると、

はい、「お前の人生、野球しかないのか!」という素敵なカレンダーができあがりました。

ただ、4月から9月までこの調子で、プライベートな予定がここに混在してくると、非常に見づらくなるでしょう。そんな場合は、プライベートの予定を非表示にすることで、いつでも天国のカレンダーに表示を切り替えることができます。

機能的には野球日程の方を非表示にすることもできるようですが、ユーザーへの配慮に欠けるムダな機能の典型といっていいでしょう。

残念すぎるスマホ非対応!

さて、これでいつでも日程が確認できるわー、とスマホのGoogleカレンダーアプリを立ち上げたのですが、、、、

あれ、、、夢の予定表が表示されてません。祝日カレンダーは左上の設定から表示の追加ができるのですが、そのような選択肢が全くなさげ。

どうやらここのヘルプに書いてあるのがそうなんでしょうか。「スポーツカレンダーは同期対象ではない」とあるのですが、意味がわかりません。グーグルの技術力が大したことない、という結論でよろしいか。

「スマホで見れないんじゃ意味ねーよ」と河原で小石を蹴っていたら、他のカレンダーアプリでプロ野球日程が表示できるものがあることを知りました。

ジョルテ – カレンダー&システム手帳 1.8.1
カテゴリ: 仕事効率化
Google Playで詳細を見る

ジョルテカレンダー、でございます。早速入れてみました。

救世主、ジョルテカレンダー

これがジョルテの初期画面。見た目はグループウェアのカレンダーっぽいですね。

下のメニューから「カレンダー」を選択すると「イベントカレンダーを追加」というメニューが。これっぽい。

さきほどの無骨なのと違って、色んなところがカレンダーを提供しているようです。プロ野球日程は「チケットぴあ」が提供しているみたいですね。

ここから球団を選びます。東の方のウサギさんチームを抑えて阪神がトップに表示されてるのは、登録者数の多い順に表示しているからで、なんとすでに3万人以上が登録。実は阪神ファンのITリテラシーは捨てたもんじゃないのかもしれません。甲子園にいると、その片鱗が全く感じられないのが残念でならないのですが

一方、もうひとつ登録しようとしているオリックスはというと、、、真逆の最下位。わずか3000人ちょっとしか登録してません。ファンの間でスマホがそこまで普及していないのかもしれませんね。

てなわけで、2つの球団の日程をカレンダーに入れたカレンダー画面がどうなるかというと、、

….あれ、最初と変わりません。オープン戦がないのはまだしも、4月以降の試合日程も真っ白

どこかで表示をオンにしないといけないのかと設定を探したり、何度も「同期」したりしてみましたが、変わらず。選手会が開幕からストライキすることを想定してるんでしょうか。ふと、スワイプして去年のカレンダーを見ると、、

ありました。どうやらまだ今シーズンの試合日程の配信がまだ始まってないようです。 うーん、「チケットぴあ」がやってるにしては、少々残念な感じですねぇ。カレンダーを提供してるのも、そこから自社のチケット販売に誘導させたいからでしょうに。

キャンプ中でポジる要素しかなくて浮かれてるファンにチケット売りつけないで、いつ売るんでしょう。私が担当ならオープン戦の情報から配信しますよ。

春まで待とう、ホトトギス

というわけで、現段階で手元で野球の日程をスマートに把握、という状況までは至りませんでした。冷静に考えると、一般の人から見た野球の試合日程などその程度のどうでもいい情報なのかもしれません。

あ、ちなみに複数球団のファンクラブに入るってのはこの本からのインスパイアです。