ビアレッティの直火式モカエキスプレスで「うまいコーヒー」を淹れる

やわなべです。

コーヒーは好きなのですが、あまりこだわりはなく、毎日の朝食のお供はインスタントですましてました。

一時期、THERMOSのコーヒーメーカーを使っていたんですけどねぇ。マグサイズの2つのカップに同時に入れられるってのがウリの商品だったんですが、1年くらいで、明らかに一方の方が量が多い、不公平な淹れ方をしやがるようになったんで、引っ越しの際に処分しちゃいました。

以来、インスタントで特に不自由もしてなかったんですが、先日、知り合いにおすすめされて買って最近お気に入りなのがこれです。

BIALETTI(ビアレッティ)のモカエキスプレス

BIALETTI(ビアレッティ)の直火式 モカエキスプレスでございます。直火式とあるとおり、ガスコンロの上にこいつを乗せて沸かすわけですね。コーヒーメーカーって結構スペースを取りがちですがこれは自身で熱源を持たないので小さいのが特長です。

ただ、ガスコンロの口に直接これが乗るわけではないので別途、このようなプレートが必要になります。

ちなみにコンロの代わりにIH(電磁調理器)をご利用の家庭も多いでしょうが、基本的にこれらの直火式のタイプは「IH不可」なようです。

あ、もちろんコーヒーは豆を挽いたあとの粉を使いますよ。

スポンサーリンク

BIALETTI(ビアレッティ)でコーヒーを淹れる!

では、早速淹れていきましょう。モカエキスプレスは上下2つのパーツからなっていて、上部をキャップを外す感覚でまわすと2つのパーツに別れる構造になってます。

上のパーツが出来上がったコーヒーが入るところ、下がお湯とコーヒーの粉を入れるところですね。

下のパーツの安全弁(ネジ)の部分まで水を入れ、じょうごをかぶせ、すりきり一杯にコーヒー粉を入れます。この際、水加減とコーヒー粉がじょうろのふちにこぼれないようにするのがポイント、なんだそう。というか、どうあがいても確実に粉はこぼれるので、きちんと拭きとる必要があります。

上のパーツをかぶせ、先ほどとは逆にキャップを締める要領でしっかりと留めます。ガスコンロにプレートを載せ、中央にモカエキスプレスを乗せ、点火。

火加減については、マニュアルにも記述がなかったのですが、私はいつも弱火でやってます。強火にしても確実に火が漏れるだけなんでエネルギーのムダですし、かといって「とろ火」でやっても時間がかかってあまりうまくいきませんでした。

マニュアルには「火にかけて4分くらいでコーヒーができはじめる」とあるのですが、感覚ではいつもその倍くらいかかってる気がします。やっぱり火加減もう少し強いほうがいいのかしら。

で、それくらい経つと「モカエキスプレス」さんがゴボゴボいいだして、同時にキッチンにいい香りが漂い出します。「コーヒーを淹れる意味の8割はこの香りにあり」と、確信させられる至福の時間ですね。

ただ、この2カップのサイズだとゴボゴボ言い出してから満タン入るまではすぐです。あまり余韻に浸っている時間はありません。火を止めてデミカップに注ぎます。取っ手以外の部分は非常に熱いので気をつけましょう。

お手入れは基本水洗いのみで十分です。(往々にして洗うのを忘れがちですが。。)逆に本体のアルミを痛めるので、水と石鹸以外は使わないように、とマニュアルには書いてありました。

というわけで、エントリーの途中ですが、ここでコーヒーブレイク、失礼致します。

買う前にサイズに注意!

さて(コーヒーを飲みながら)、同種のメーカーと比較したわけではないんで、コスパ的にどう、などといった判断はしかねるのですが、小さくて、紙のフィルターもいらないし、手入れも楽、という点でで、いいアイテムだと満足しています。

「ガスコンロで沸かすプロセスが面倒」と思われる方もおられるでしょうが、私は逆にあんまりキッチンに電気コードのついたアイテムを増やしたくないんで、こちらの方が好みですね。

ただ1点、これから購入を検討される方にアドバイスするとすれば、「サイズをよく選びましょう」という点。

私の買ったのは2カップサイズなんですが、いわゆる「デミタスカップで2杯分」という意味です。

上の写真で使ってるデミカップはIKEAで買った安いやつなんですが、そのサイズはというとガラケーと比較してこんな感じ。

朝はトーストとタマゴにあわせてマグカップでコーヒーをがっつり飲む」というスタイルの方には、おそらく足らないでしょう。

モカエキスプレスはこれより小さい1杯用から2杯、3杯、4杯、6杯、8杯、9杯、12杯、18杯と8サイズのラインナップが用意されている(なぜかマニュアルには7種類と書いてある)ので、ご利用の人数、サイズを考慮してお求めになられるとよろしいかと思います。

コーヒーはデミカップで飲むべきものなのか?

とはいえ、私も最初は「ちょっと少ないかなー、もうワンサイズ大きいの買えばよかったかなー」と思ってたんですよ。が、次第にブレイクに飲むコーヒーの量って実はこれくらいが適当なんじゃないかな、と考えを改め始めました。コーヒーの冷める速度とあわせてもこれくらいがちょうどいいんですよね。

で、そう考えだすと、今度はスタバのコーヒーとかが量が多く感じられるようになって、一番小さいサイズでも「こんなにいらねー」とか思い出す始末。今の私にはもうグランデサイズとか存在の意味がわからないです

ちなみに私が今、使ってるコーヒーは、京都の老舗ワールドコーヒーさんの「うまいコーヒーの指定席」です。

(公式)うまいコーヒーの指定席 500g

正直、私はコーヒーの味の善し悪しはほとんどわからないんで、香りと雰囲気が楽しめれば、たぶんんどれでも幸福感を感じることができるんじゃないかと思います。もちろん身近のお気に入りの豆屋さんでお好みに挽いてもらえれる方はそれが最善でしょう。

というわけで、インスタントで十分派の方はもちろん、すでにコーヒーメーカーをお持ちの方でも一品加えて損はしない、ビアレッティモカエキスプレスのご紹介でした。チャーオ!