Nexus6を1万5千円で手に入れたと豪語する友人の話をお聞きください

やわなべです。

現時点でのAndroid端末の最高スペック機といっていいGoogle謹製のNexus6。買い替えたい人は多いはずなんですが、、、

直販のルートであるGooglePlayでは売り切れ状態が続いています。国内キャリアでの取扱もワイモバイルのみ(もれなく2年縛りの回線契約つき)と結構手に入れるのが困難な状況です。

(追記注)このエントリーは、私の友人の購入体験談を元に、もともと「新品のNexus6を4万円台で手に入れる方法」というタイトルで公開していましたが、改めて話を聞くと全く話が違っていたため、大幅に書き直しました。元エントリーをお読みになった方にはガセネタをお届けしたことになり、誠に申し訳ございません。

ちなみに「Nexus6」で検索すると一番上に、MVNOに参入したDMMのスマホセットプランの広告が出るのですが、、、

選択できるスマホのラインナップを見ても現時点で、Nexus6の取り扱いはありません。この広告あかんやつちゃうの?

あるいは、「あ、もう次のモデルが出てる!これにしよう」と、Nexus7を買う人が100人にひとりくらいはいるのかもしれません。 誰かネタでやってください。

Nexus6はどこで買ってもSIMフリー

Amazonや、Expansysだと並行輸入品が手に入るのですが、輸入プレミアムが乗って8万円台とややお高め。しかもNexus6はワイモバイル含め、どこで買おうと端末そのものは全部SIMロックフリーなので、並行輸入までして買う必要性は低いんですよね。

ではワイモバイルで買うといくらかというと、公式サイトを見るとこのお値段。


Nexus6(32Gモデル) お申し込み | Y!mobile オンラインストア

2年縛りの回線契約がついて、一括ご購入で7万5千円です。

SIMロックフリーなので、解約してSIMをMVNOの格安SIMに変えれば、月間1GBのパケット通信+通話がついて月2000円くらいの利用料で収まるでしょうが、2年以内に解約すると、解約手数料が9500円かかります

海外旅行に行ったときはその時だけ現地のSIMを挿せば良い話ですし、半年くらいは上記プランで使った方が得、でしょう。

スポンサーリンク

Nexus6を1万5000円で手に入れたと豪語する友人K

さて、ここからが本題です。

私自身は型落ちのズルトラを3万円台で買って、特に不自由している身ではないので、上の価格帯を見ただけで見送り状態なんですが、友人が最近Nexus6をワイモバイルショップでの値切り交渉の末、一括購入で1万5千円で手に入れたと聞いて、「え、どうやったの??」と驚いた次第。

希少な最新ガジェットを15000円で買ったオレ、クール」と自慢げな友人K君に「よかったら、契約書見せてもらってもいい?」とお願いしました。すると驚愕の事実が…

契約書は3部構成。スマホの契約書と、PocketWifiの契約書、と、もひとつよくわかんない「Expo同意書」ってやつからなってます。こりゃ手続きだけでも時間かかっただろうなぁ。

やわなべ(以下「や」)「Nexus6の端末代金は確かに『一括購入』やね。書面に代金書いてないけど15,000円で間違いないの?」

K「うん。カードで払ったから明細見たらわかると思う」

や「じゃあいいや。料金プランは上限1GBのスマホプランS、2年縛りで毎月3000円か。これは問題なし、と。。。。あれ、」

K「…なに?」

や「Wifi端末だけど『バリュースタイル(割賦)』ってなってるよ。これ端末タダじゃなくて実質ゼロ円ってやつじゃないの?」

K「そうかも。でも実質ゼロ円だったら同じじゃないの?」

や「実質的にね。あー、wifi端末代で42,000円も払ってるじゃん。最新のZenfone買っても1万円お釣りが来るよ。なんでこんな高いのよ」

K「いやでも実質ゼロ円だから…」

や「本来買いたかったスマホが実質ゼロ円ならいいと思うけど、そもそもWifi端末は別にいらんかったわけだよね?」

K「うん」

や「そのいらん端末を、42,000円の分割払いで買って、2年使い続けるという条件つきで、毎月の支払額を利用料から引いてくれてるってだけ」

K「でも実質ゼロ円なんでしょ」

や「端末代はね。ちょっと待って。Googleスプレッドシートで整理してみるわ」

や「A)がスマホの初期費用&持ち続けたときにかかる料金。BはWifi端末のそれ。税込、税抜きごっちゃになってるけど大体こんな感じ。買った時に払った初期費用はさっきの話で、事務手数料とあわせた合計2万1000円てことでいい?」

K「うん」

や「その下の(C)はWifi端末代の42000円。利息はつかないけどこれ、まぎれもない借金な。月々1750円ずつ返していって24ヶ月で借金ゼロになる」

K「その分、利用料から引かれるでしょ」

や「そう。(B)列はホントは税込み6600円なのが、返済金額と同額が引かれて4000円になってる。てか、ここももとの料金高いんとちゃうか。」

K「(憮然とした表情)で、その下の数字は?」

や「D)はWifi端末を解約するときに払わないといけない実費。端末の残債プラス解約手数料の10,260円を足した額。(E)は初期費用プラス本来いらないWifi端末の月額利用料として払い続けた金額を累積で足した金額。この2つを足したのが(F)で、これが要はKが、Nexus6を手に入れるのにかかった実費だと考えていい

K「スマホの月額利用料は必要だから入れんでいいやろ?」

や「うん、だからEにはスマホの月額利用料は足してないよ」

K「で、この表をどう見たらいいの?」

や「今すぐWifi端末を解約したら、解約費用で5万2千円払わないといけないから、すでに払った分と足した(F)の73,260円が、Nexus6を手に入れた実費、ってこと。で、その実質入手価格は表の右に行くつれて高くなる。Wifiの解約が遅れれば遅れるほど実質価格が高くなるってこと

K「全然安くないやん。ショップのお姉さん、めっちゃ勉強しましたー、みたいな感じだったけど」

や「まあ、ワイモバのネットショップで買ったら75000円だから千円くらいは得してるけどな。ただ、向こうにしたらたかだか千円のコストで回線契約2件もとれて万々歳だろうけど

K「ですぐに解約した方がいいの?」

や「自分ならそうするなー。借金は毎月1,750円ずつ減っていくけど、その借金の元となる端末を持ってることで毎月4,000円払わないといけないから、差引き2,250円、解約が遅れれば遅れるほど、解約コストが毎月高くなる

K「でもこれ、結構速くて気に入ってるんだけどなー」

や「それ、単品で毎月4000円払ってでも使い続けたいと思う?」

K「….思わない」

や「Nexus6の月1GBプランで足りない分なんて、それこそ格安SIMで事足りるよ。DMMの1GB 660円/月のSIMで十分代用できる」

K「でも半年以内に解約したらブラックリストに乗るって言ってたよ」

や「契約直後に他社の乗り換えキャッシュバック狙いでMNPするとかなら確かに印象はよくないだろうけど、正規の解約手数料払うんだから問題ないでしょ。実際Wifi端末買ったけど、使いたいエリアでつながらんとか、遅いとかで即解約するって人はいるだろうし。」

K「じゃあ、ブラックリストに乗るってのは脅し?」

や「さあ、最終的に乗るかどうかはワイモバの判断なんでなんとも。でも、仮に乗ったとしても、あくまでワイモバと、来月以降契約を引き継ぐソフトバンクモバイルでの次回契約に影響するだけで、少なくともドコモやauの契約には影響ないでしょ。これからSIMロックフリーの義務化で、ますますキャリア選択の意味って薄くなるから別に気にしなくていいと思うけど」

K「クレジットカードの審査とかに影響ないかな」

や「クレヒスとは基本的に関係ないよ。あ、でもこのWifi端末の残債は普通に借金だから、例えば口座の残高不足でこの返済が滞ったりしたら、そのときはクレヒスに傷がつく。でも残債一括返済で解約したら、『割賦で購入契約しました』『残債を繰り上げで一括返済しました』の2つの履歴が残るだけで、ネガティブな要素は全くない」

K「いやーでも買ってすぐ解約とかやっぱりできんわー」

や「別の店舗に行ったらいいやんか」

K「頼む、一緒に来てくれ」

や「自分のケツは自分で拭きましょう

K「てか、ショップで3時間くらいやりとりしてめっちゃ得して買ったと思ってたのに、お前のせいでめっちゃ気分悪なったわ

や「逆ギレかよ!!!

というわけで、Nexus6を1万5千円で買ったという情報は、ピュアすぎる消費者によるガセネタでした。しかしK君、あの口ぶりだとたぶん即解約しないんだろうなぁ。これからもあの調子でいろんなところでカモられるんだろうなぁ。