ブログデザインのスマホ対応としてやったことまとめ

やわなべです。

以前にも触れましたが近々グーグルが検索エンジンのアップデートを予定していて、スマホ用に表示が最適化されないサイトは検索順位が下がると話題になっています。

(参考)スマホ対応していないサイトは4/21からグーグルで順位が下がります(公式発表) など10+4記事 | 海外&国内SEO情報ウォッチ | Web担当者Forum

グーグルが「このサイトはスマホ向けに最適化されている」と判断した場合は、

このように検索結果に「Mobile Frendly」という表示がされるようです。ただ個別エントリーで見ると、ついてたりついてなかったりというケースもあるようで、インデックスされて間がないエントリーなんかは「Mobile Frendly」がついてないものもあります。

どうすれば「Mobile Frendly」になるのか、については冒頭のリンク先記事のような識者や、グーグル公式見解を参照いただきたいのですが、Wordpressを使っている人で、レスポンシブ対応(見ている画面サイズによって、自動的に表示を最適化する)のテーマを使っていればまず問題無いかと。

このブログで使っているのは有償の「BlogPress」というものですが、フリーでも利用者の多い「STINGER」や「Xeory」とかいいテーマがあるので、これから対応する、あるいはこれからブログを開設する、という方は、その辺りを検討されるとよろしいかと思います。

で、今日書きたいのはちょっと違う話です。

スポンサーリンク

スマホ最適化ってレスポンシブ化だけでほんとにいいの?

スマホ対応については、上に書いたレスポンシブ化以外にも、アドセンス広告の配置や広告タイプ選択をどうすれば、収益が上がるか、なんて切り口でもよく語られます。

が、それらは全て「検索エンジン(=グーグル)に対する評価をどう上げるか」という側面しか見てない気がして、肝心の「スマホで読む読み手に与える印象」への配慮に及んでないんじゃないかと感じるんですよね。

「検索エンジンへのアピールなんておやめなさい」なんていうつもりはありませんよ。毎月の運用報告で書いている通り、このブログは集客の9割を検索エンジンに頼っているわけで、グーグル検索からそっぽを向かれたら、その時点でほぼ存在しないも同然となってしまいます。なので、今後も検索エンジン向けの配慮、アピールは続けていきますが、「スマホ対応」って、本来それだけで済ますものじゃないんじゃないのか、という疑念です。大きくまとめると2つあります。

1.スマホ対応によるブログの「没個性化」

まずこれ。言葉で説明するより見てもらったほうが早いですね。今このエントリーをスマホでご覧の方はご存じないかもしれませんが、このブログをパソコンで見た場合の見え方はこんな感じです。

ワンちゃんをあしらったヘッダー画像があったり、もう少しスクロールすると右メニューに「プロフィール」「おすすめ記事」やカテゴリなんかが出てきて、本文を読みながらも、これらが目に入るようになっているわけですね。

で、同じページをスマホで見るとこれ。

ヘッダーはテキストのブログ名のみ。広告用語でいうところの「タグライン」にあたるブログのサブタイトルも表示されていません。右メニューに配していた補助情報はすべてエントリーの下に配置する形になっているため、はるか下までスクロールしないと出てきません。最後までスクロールする人、まずいないと思います。

他の方のブログではどうでしょうか。たとえば「有名ブロガー」と聞いてすぐ頭に浮かぶやまもといちろう氏の「やまもといちろうBLOG」の直近のエントリー。

緑と白のシンプルな配色が印象的ですが、スマホで見るとこれ。

氏の文章は非常にクオリティが高い上に内容も文体もキャラが存分に立った特徴的なものなんですが、それでもスマホビューでタイトルなしだとパッと見、誰のブログだかわかりません

お気に入りのブログがある方ならぜひ、パソコンとスマホでの見え方を比べてみてください。スマホでの見え方はどのブログでもだいたい似たようなものになってるはずです。

つまり、縦に細長い画面で見るスマホユーザに対して本文をストレスなく読んでもらおうとすると、補足的情報を少なからず捨てることになるということです。そして、その切り捨てられるもの、当ブログでいえばヘッダー画像やプロフィール、ブログのサブタイトルやおすすめ記事…これらをひとくくりにして言えば「そのブログの個性」といっていいんじゃないでしょうか。

読み手に本文を読んでもらえれば、そのエントリーの内容は情報として伝わるでしょう。が、その情報を「どんなバックグラウンドを持った」「どんな人が」書いているのか、という補助情報の多くが、スマホで見ることによって伝わらなくなります。結果、「着地したエントリーに書いてある情報をさっと読み取って、サッと帰る」という閲覧傾向が強まるのではないかなぁ、と懸念しています。

デザインのスマホ最適化によって検索順位を保ち、PVを上げ、収益を上げることはできるかもしれませんが、、パソコンでの読み手に比べ、書き手への関心を得る機会が減るのは避けがたいんじゃないでしょうか。言い換えると「スマホ界ではPCよりキャラを立てるのが難しい」ということ。これってある意味、「ブログ、あるいはブロガーのひとつの危機」と言ってもいいんじゃないかと思うわけですよ。

小説家ならともかく文章だけで書き手のオリジナルな個性を打ち出そうとするのは至難の業です。何がしか見た目や体裁といった部分で、差別化できる方法を見出したいところですが、実際にどうするかという点では自分でも答えが出ていません。

話はややそれますが、同じことを、電子書籍に対しても常々感じてるんですよね。私は書籍は電子版が出てれば、なるだけそちらを買うようにはしていますが、電子版の書籍をスマホのビューワを通して読むと、紙の質感や重さ、ページめくりの触感、などの感覚が抜け落ちます。さらにビューワソフトでは画面の背景色やフォント、文字の大きさなんかも自在に変えられるわけで、それらも紙版で、著者や、製本に関わった方が付与した情報が伝わらなくなってます。内容から読みとる情報は同じなんですけど、紙の本から得られる体験のなにか大きな部分がごっそり抜け落ちてる感覚が拭えないんですよね。

2. 縦長になることでの読みにくさ

スマホでの閲覧の多くは縦長に持って見ることが多いでしょう。その場合、画面の横幅がパソコンで見たときより短くなって、そのかわりに縦に長くなります。

その際、ブログエントリーの上部に配置しがちな、

・アイキャッチ画像
・目次
・アドセンス広告

なんかがあると、ファーストビューで目に入る部分の多くがこれらで占められ、本文の可読性が落ちたり、読み手にストレスを与えることにつながりかねないと思っています。実際、上にあげた私のブログのキャプチャーでも、スマホで見た場合、ファーストビューのかなりの面積を食ってしまっています。

あとこれは私がブログの「目次」をつけない理由でもあるんですが、「箇条書き的に並列な段落が続くエントリーはスマホだと読みにくい」と個人的には感じるんですよ。

まとめサイトや、タイトルが「○○が○○な10の方法」とかいうエントリーだと特に顕著ですよね。もちろんそういう書き方がダメ、と言いたいわけではなく、見通しのいいパソコンの画面だと、ざっとスクロールしながら流し読むことができるんですが、スマホだと同じ情報量でもスクロール量が増えるんでストレスが大きいです。

悩ましいことに、書く側からすると、この箇条書きってのは段落展開を考える必要がないぶん楽でして、ついつい私もやりがちなんですよねぇ。自分がスマホ読む場合に感じるストレスを考えて、なるだけストーリー展開のあるエントリーを書くよう意識してるんですが。

並列構成で書くもうひとつのデメリットは、エントリーにオチがつかず、文章としてのしまりが悪くなるというものです。

そう、まさにこのエントリーのように。