ボールペン嫌いにおすすめな高級ペン「パーカー インジェニュイティ」、万年筆デビューが1年遅れそう

やわなべです。

油性ボールペンが嫌いです(本日の主張)。

かつて手帳用に3色ボールペンを携帯してたんですが(なんかそういう本あったじゃないですか)、色の使い分けができないのはともかく、書いてるとどんどんどんどんストレスがたまるんですよ。

字がヘタだから書くことに対して心理的抵抗があるんだろう、と思ってたんですが、どうやらそれ以外に、自分はカリカリと書くボールペンの強いタッチが苦手で、まあ要するに筆圧が弱いみたいです。

スポンサーリンク

そんな中、ここ数年もっぱらお気に入りだったのが、三菱鉛筆のゲルボールペン、シグノ0.5mm

ゲルボールペンというのは、仕組みはよくわかってないんですが、通常の油性ボールペンよりも均一にインクが出るのが特長とのこと。書き心地は水性のそれに近く、カリカリと筆圧をかけ、叩くように書かなくてもスムーズに書くことができ、かすれたり、ひっかかったりすることもありません。値段はせいぜい200円くらいなので、10本単位で買い置きしています。

実際に今、メモ帳に書いてみたサンプルがこれ(はい、字が汚いのは承知してます。暗号の一種だと思ってください)

普通の油性ボールペンで同じように書くと、筆圧が弱いんで、かなりかすれが出てしまい、これが天性の悪筆とあいまって、自分でもあとで判別不能ということがよくあります。

その点、ゲルボールペンはサラサラとした書き心地はいい反面、筆圧が弱くてもかけるので、速書きでメモをとるような場合にさらーっと、集中せずに書くと、文字が流れてしまったり、部分的にかけてない(ペンが髪に着地してない)ことがよくあるんですよね。

まあ、これは、ペンのせいでなく8割以上私が悪いんですが、ペンがもう少し重ければ解決する気もして、この機会に筆先のやわらかな万年筆を1本買ってみようかなと思いました。

ちょうどタイミングよく、先日「dマガジン」に、こんなのが配信されてきてまして、これ読んだら、まあ1本くらい欲しくなるのは人の性というわけで、近くの大きめの文房具店に行ってきました。

あらかじめ上の本で、万年筆初心者用のモデルとして考えてた候補はいくつかあって、このあたり


プラチナ万年筆の3776センチュリー。


パイロットのカスタム74

選定ポイントは、1万円以下で、筆先がゴールドであること。どちらも人気モデルで訪れた文具店でも陳列してあったのですが、初見で「うわ…ごつっ」と思ってしまいました。よくいえば重厚感があるんですが、探してるのはチープな手帳に挿して毎日持ちまわるタイプのものなんで、ちょっと利用シーンにあわないかなぁという感じ。

まぁ、それでも試し書きさせておうかと思ったところ、かたわらにあらかじめ試し書き用に出してあったペンがありまして、それを試してみたら、、、

なんだこの滑るような書き心地は!

もう他の試し書きしなくていいからこれください、という感じで購入したのがこれ、「パーカー インジェニュイティ」です。

結局、当初予算オーバーの1万円超えのペン、買っちゃいました。ムダに開封の儀やってみましょうか。

この箱を…

パカー(ものがパーカーだけに)

通常モデルとスリムモデルがあったんですが、スリムモデルでも十分重厚感があるので、そっちを購入。デザインのバリエーションもいくつかあったんですが、グリップ部分がラバーのものを選びました。

ゴールドと黒の配色があまりあってない気がしますが、見慣れると逆にそれが個性になっているような感じです。黒の他にブラウンのもあったんですが、若干明るめなブラウンで、安っぽく見えて好みじゃなかったんですよねぇ。

ペン先は万年筆ぽいのですが、万年筆ではありません。インクの入ったペン部分をカートリッジ式に差し込んでる形で、構造的にはボールペンと同じです。

この部分が…(はい皆さんご一緒に)

パカー(パーカーだけに)

差し込むのは専用のカートリッジ(1本1000円)でインク色は黒と青の2種類のみ。太さも細字と中字の2種類だけなんで、万年筆のようにインクのバリエーションを楽しむ、といったものではないですね。万年筆に必要な筆先を洗うなどのメンテナンスは不要です。

肝心の書き心地はまさに私が求めてた「重みのあるゲルボールペン」で弱い筆圧はそのままに、安定した文字が書けるようになりました。

実際書いたのがこれ。相変わらず字が汚い点はご愛嬌ということでお願いします。

買って以来、手帳用に数日使っているのですが、手帳の裏ページへの写りも、ゲルボールペンとほぼ同じくらいです。ベストとは言えませんが、十分許容範囲。

インク色はもう少し濃いほうが好みかな。ただ、上の書いた文字を見てもわかるように、画数の多い漢字を書くと若干つぶれてしまいます(書いてるのは罫線幅6mmのメモ帳です)

感覚的にシグノの0.5mmよりも気持ち太めな感じ。もうワンランク細字のものがあるとうれしいんですが。

筆圧によってインクの濃淡は多少は出ますが、万年筆のようにインクのにじみを楽しむというほどではありません。使い込むにつれてペン先が削れて自分好みになじんでくる、といった楽しみ方も期待できませんね。

あくまでちょっとこだわった実用的な一品として重宝するタイプの筆記具ではないかと思います。

ただ、これを持ってしまったことで、ペンに対する探求熱が一旦、落ち着いてしまいました。予定以上の予算を注ぎ込んでしまったこともあって、せっかく訪れた万年筆デビューのチャンスは、1年は遅れそうです。。