ハシビロコウもカビパラにも会える癒しのゆる空間、神戸どうぶつ王国へ行こう

やわなべです。

ひいきの球団の成績がひどいことになっていて胃が痛いので、癒やしを求めて、近場の「神戸どうぶつ王国」へ行ってきました。今日は文章少なめ、写真多めでお送りします。

スポンサーリンク

どうぶつ王国とは

基本情報

(公式)神戸どうぶつ王国

アルパカ、カビパラ、ペンギンなどの小動物、鳥、あと花が楽しめます。一般的な動物園より動物たちとの距離が近いんで、ふれあい度、癒やし度高めです。1時間に1回程度、バードショーとかアルパカの散歩みたいなプログラムもあります。

ぐるっと見るだけなら2時間あれば十分、ランチはさんで3,4時間で楽しむくらいな感じでしょうか。一部天井があいてるところもありますが、基本的に植物園みたいなバカでかいプレハブなんで、雨の日でも濡れずに楽しむことができます。もともと花鳥園というシニア受けしそうな施設だったのが2014年に現在の形にリニューアルされたそうで、鳥系が充実してるのと、なにげに花がきれいです。

アクセス

神戸の南にある人工島ポートアイランドにあります。三宮から神戸空港をむすぶポートライナー(モノレール)の空港の手前の駅「京コンピュータ前」駅、下車1分。(駅の階段降りたら入り口)。

三宮から15分くらいなんで、この手の施設にすればアクセスはかなりいい方ではないかと。駐車場も完備してるんで(1日500円)なんで、車でのアクセスも可です。

入場料

・大人 1500円
・こども(小学生) 800円
・こども (4,5才) 300円
・シルバー(65歳以上) 1100円

これ以外にかかるお金としては、飲食代を除けば、館内のインコ放し飼いスペースに入るのに別途300円(大人)が必要なのと、動物たちへのエサやり(だいたい100円)代くらい。

食事スペース

園内にバイキング形式の食事スペースと、軽食の取れる場所が2ヶ所ありました。バイキングは大人1300円とこちらも少々高め(しかも水・お茶以外のドリンク料金は別)この日はバイキングを利用したんですが、まあ満足できる内容でした。

レストランスペース以外にも休憩スペースが多く用意されているので、弁当持込みでもたぶん問題ないでしょう。

というわけで、以下写真です。


(お散歩中のアルパカ)


(昼寝中のカビパラ)


(食事中のハムスター)


(傷心中のカンガルー、たぶんオリックスファン)


(ペンギンへのエサやり体験ができるプログラムもあり)


(ニューカマーの、ハシビロコウ。同スペースにミーアキャットも)


(真ん中に大きな池のあるスペースにカモなど鳥多数)


(フクロウ、ミミズクのたぐいはかなり豊富)


(バイキングスペースを彩る花、花、花)

写真はすべてこのカメラで撮りました。

後継の新機種が出て、だいぶ価格が安くなりましたね。私のレビュー記事はこちらです。

(参考)30倍ズームがエグいコンデジ、Nikon Coolpix S9700を買ったので速攻レビュー