イオンの株主優待キャッシュバック通知がキタ━(゚∀゚)━!

やわなべです。

昨年イオンの株を買って、初めてイオンオーナーズカードホルダーになったことは、以前書きました。

イオン株主のステータス、イオンオーナーズカードを使ってみた

その株主優待の恩恵のひとつ、半年間のイオングループでの買い物総額の3%キャッシュバックの通知が来ましたよ、奥さん。

スポンサーリンク

イオン株を持つメリット

あまり個別株を持たず、株主優待にもさほど興味が無いんですが、イオン株を持っているといろいろメリットがあるので、例外的に持っている銘柄です。(厳密には「持ってました」)

1. 年2回、配当金がもらえる

直近で配当利回り1.7%程度 と、そこまで高配当というわけではありませんが、スーパーでの買い物の足しになるくらいの額のキャッシュバックが毎回来るとうれしいものです。

2. イオンオーナーズカードがもらえる

今回紹介する優遇です。このカードをイオン系店舗のレジで提示して会計すると(対象は、現金または、イオンカードでの支払いのみ)、半年ごとにイオンで買い物した金額の3%がキャッシュバックされます。これはでかい。

3. イオンモール内の、ラウンジが使える

イオンモール内にあるラウンジ(無料でコーヒーなどのソフトドリンクと、お茶菓子がもらえるスペース)が利用できます。地方の大型店舗などではものすごい混雑することもあるようです。ただ、私は1回利用して「もういいや」と思いました。病院の待合室みたいなんですもの。

イオンモールのラウンジに初めて行ったわけだが

4. オーナーズカード提示でイオン系店舗のキャンペーン割引が使える

まあ、これはイオンやWAONカード持ってても受けられるものなんで、オーナーズカード特有のメリット、というわけではないですね。

というわけで今回のメリットは上の2、一番お目当てだったキャッシュバックです。

キャッシュバック通知はこんな感じでやってくる

今回届いたのは下期分、昨年9月から今年2月までに利用した分のキャッシュバックです。4月の上旬に届くようですね。中に入っていたのはこんな書類。

この中にある「第59回株主ご優待返金引換証」とあるのがそれです。その下にあるのは、対象期間の利用明細。

今回私がGETしたキャッシュバック額は 2,603円。。。。あれ、年間で1万円くらいかなと思ってたんでちょっと少なめですね。

利用明細を見ると、オーナーズカードが届くのが遅れたこともあって、計上されているのが、昨年10月末からの利用となっています。ほぼ4ヶ月分。この間の利用額合計が 86,091円。1ヶ月2万円以上はイオンに落としてる計算になります。まあ、そんなもんか。

返金は、この引換証に印鑑を押して、期間内(4/21-6/20)にイオンのサービスカウンターに持っていけばいいようです。イオンの店舗だけでなく、提携スーパーのサービスカウンターでもいいみたい。(返金可能な店舗の一覧は同封された冊子にありました)

今季からはダイエーでの会計も対象に!

同封されていたもう1枚のチラシは、ダイエーがこのキャッシュバックの対象店舗に加わったよ、というもの。最寄りのスーパーが旧ダイエーな人には朗報ですね。

が、実は私、このオーナーズカードの権利の元になってるイオン株を、先週売っちゃったんですよねぇ。。。先週日経平均が何年かぶりの2万円を突破した時に、イオン株もなぜか大きく上がりまして。

なんでですかねぇ。直近の決算では、スーパー事業の売上がそんなによろしくないようで、業績予想を大幅に下方修正したばっかなんですよ。

(参考)イオン、GMS苦戦で3期連続の減益に | ロイター | 東洋経済オンライン

2月末の決算期の配当の権利は持ってるんで、下がる前に売ろうと思ってたら、この急騰。そりゃ売るでしょ。ちなみに持ってたら、その後さらに1万円くらい利が乗ってたんですが。。

ひとつ言えることは、上に書いたいろんなメリットがあるイオン株主になって一番得をしたのが、なんだかんだで保有株の値上がりによる売却益だったってことですね。