LCCエアアジアのwebチェックイン手続きで旅行保険の巧みな勧誘を回避する方法

やわなべです。

LIFEカードから見慣れない2つ折りハガキが来てて、一瞬支払い滞納したかとビビりましたが、あけてみたら

エアアジアのフライトキャンセル代金の払い戻し通知でした。

LCCエアアジアのキャンセル便の払い戻しには4ヶ月かかるぞ、気をつけろ

さかのぼって調べたら、この予約をしてカードで払ったのが去年の10月のこと。キャンセル通知が来て払い戻しを依頼したのが12月。それから6ヶ月…長かったなぁ。(しんみり)

さて、今月それとは別のフライトを予約してたんですが、1ヶ月前を切って少なくとも前回のような「営業上の理由によるフライトキャンセル」はないようで、チェックインができるところまで日が迫ってきました。

もちろん空港でもできるのですが、事前にwebでチェックインをやってみます。

スポンサーリンク

LCCのチェックインは事前にwebでするもの

エアアジアのフライトは出発の14日前から、webでチェックインができます。

逆に事前にせず、当日空港のチェックインカウンターで搭乗券を発券しようとすると別途手数料がかかります。このあたりはLCCならでは、ですね。

とりあえず往路分のフライトのwebチェックインをやってみたんですが、さすがエアアジア、やはりすんなりとはいきませんでしたよ。(もう慣れましたが)

チェックイン手続きには予約した際に発行された「予約番号」の控えとパスポートが手元にあればOKです。

上の画面から、予約番号と、出発空港、ローマ字の苗字を入れると、次の画面にすすみます。あ、チェックイン画面はすべて日本語対応ができているので、その点は安心ですね。

搭乗者ひとりにつき入れる項目はこれだけ。生年月日とパスポート番号、有効期限を入力します。番号が間違っていると入国拒否されることもあります、とのことなので、入念にチェックしてから次の画面へ。

次にオプションを追加するかの画面が出ます。手荷物の追加や、着空港からのレンタカー、旅行保険の追加が選べます。

今回は、必要なオプションはすべて予約時に指定してあるので、何も指定する必要はないのですが、「旅行保険をキャンセルする」というチェックボックスがあったので、「チェックしないと旅行保険をアドオンされるのかな」と思い、チェックを入れて次の画面へ。(すみません、ここから動転しててキャプチャとってませんでした)

。。。が。次の画面ではなぜか「旅行保険」の追加料金の金額が表示されてます。このまま行くと保険がプラスされて2000円/人の追加料金が発生しそうな感じです。

あれ?間違ってチェックしたのかなと思って「キャンセル」を押したんですが、なんとパスポート番号の入力画面まで戻ってしまいました。 しかもせっかく入力して何度もチェックした番号や有効期限も初期値にクリアされてて、また入れなおし…(涙)

もうこのくらいのトラブルへの耐性はできてるんで、泣かずに再度入力し、もう一度オプション画面に進むのですが、どう見ても先ほどつけたチェックボックスの右の文字は「旅行保険のキャンセル」とあります。キャプチャがないので再現するとこんな感じで表示されてました。

若干、チェックボックスと文字がずれてるんですよね。日本語対応する際にレイアウトが崩れたんだろうと思ってたんですが、ふと「キャンセルする」の文字のところにマウスを置くと下線が出てきました。なんと、テキストリンクだったようです。

ということは、上のチェックボックスは「キャンセルする」ことを示すチェックボックスではなく、逆に旅行保険をオプション追加する、ことを示すものだったのかもしれません。(どう見てもその上は空白だったんですが)

で、「保険をキャンセルする」の文字をクリックするとポップアップで確認ダイアログが出て、旅行保険のオプションを外すことができます。(何度も書きますが最初からそんなのつけてませんww)

ダイアログが消えると、上のエリアが「旅行保険なし (追加はこちら)」のような表記に変わりました。そのまま確認画面を進めばチェックイン完了です。

チェックインした搭乗券は自分でプリンタで発見するか、電話番号にSMSでバーコードを送ってもらってそれを搭乗口でかざせばよいようです。

搭乗時にスマホになにか問題があったら面倒なので(特に復路)、紙で印刷する方を選択しました。

メールのURLから印刷すると、バーコードの入った搭乗券が印刷できました。

一部、知恵だめしみたいな要素があったものの、無事にチェックイン完了です。旅行保険のところは多くの人が「!?」となると思うので、またの機会があれば、画面キャプチャを取りたいと思います。