野球観戦による腰痛対策に枕にもなるエアクッションを買ってみた

やわなべです。

どうも最近「腰が痛いなぁ」と感じておりまして、原因のひとつに例年より機会の多い球場での野球観戦があるのではないか、と疑っております。

外野席でガチ応援するファンなら、終始立ちっぱなしで応援するのかもしれませんが、私は内野席でじっくり見る派で、かつ、あまり試合途中で席を立たない方なので、試合終盤になると、かなり腰やおしりに負担を感じます。

一応、上のようなアウトドア用の折りたたみクッションは持ってるのですが、平日ナイターとかだと、わざわざこれ持ち歩くのも面倒です。というわけで、空気を入れて膨らませる形の携帯クッションを探してました。

スポンサーリンク

100均で簡単に見つかるだろ、と思ったが…

最初に向かったのはダイソー。ここのアウトドア用品のコーナーに行けば普通に見つかるだろ、と思ったんですが…無い

上の折りたたみ式のものや、布製のクッションはあるのですが、お目当ての空気を入れて膨らませるタイプのものが見つかりません。まあ、訪れたのが外国人客も多い心斎橋筋のダイソーってのが悪かったのかもしれませんが。

「おかしいなー、関西空港の中のダイソーだとすぐ見つかったのになー」と思ったんですがそりゃそうですよね。てか、その時にひとつ買ったはずなんだけど探しても見つからない。

で、まあ、この程度のモノのために他の100均めぐりするのもアホらしいんで、アマゾンで見つけたこれを買ってみました。

折りたたんで枕にもなるエアクッション

ロゴスという、キャンプ用品などを扱うメーカーの「マルチクッション」です。若干、形が変わってますが、空気を入れた状態で折りたたんで枕にもなるタイプとのこと。660円と安いんで、ネタ半分で買ってみました。

というわけで届いたのがこれ。配送通知が来ないなー、と思ってたら、郵便受けにメール便で届いてました。 それくらいのサイズってことです。サイズ感としては携帯用の雨がっぱぐらいな感じでしょうか、ミニバッグでも容易に持ち運びできそうです。

開いてみるとこう。早速膨らませてみます。フーッ、フーッ、フーッ….

 

軽い貧血状態に陥りました。

 

これ、必要な空気量はそんなに多くないのですが、注入口の抵抗が結構強く、かつ空気が行きわたりにくい複雑な形状なんで、なんて言うんでしょうか、肺活量というより、吹き込むときの圧力が必要になる感じです

野球観戦によく行く方だと、7回の攻撃前にジェット風船を膨らますと思いますが、入れる空気量がそれと同じくらいなのに、体力の消耗は、風船4個分です(当社比)。

一応フォローしておくと、最初は入れても入れても一向に膨らんだ感じがしなかったのですが、「膨らみかけたかな?」と思ったら、そこから満タン状態まではすぐです。というわけで、膨らんだ状態がこちら。

クッションとしてのサイズ感はいいんですが、凹凸具合が独特です。実際、タテ、ヨコどちら向きに置いて座ってもお尻の形状にフィットせず、安定感に欠ける印象でや座り心地はやや悪いです。バランスボールみたいな感じなんで、野球を見ながら体幹を鍛えるにはこの方がいいのかもしれませんが。

枕としてはどうか

さて、今度は、枕として使ってみます。

真ん中で二つ折りにし、耳の部分をくっつけます。

こうですね。

この状態で枕として使ってみると….おおお、今度は快適です。

広げた状態で上に座ると違和感しかなかった「くぼみ」が、枕に変身するとちょうど後頭部にフィットします。ああ、これはクッションじゃなくて枕だわ。まるで、投手として入団して芽の出なかった選手が野手転向で花開いたような感じです。

むしろリビングで重宝するのでは?

てかこれ、アウトドア、もしくは旅行用のアイテムだと思うんですがリビングにあっても重宝しそうです。

ソファに置いてるクッションをごろ寝するときに折りたたんで枕にして中綿を痛めることがありますが、これだとその心配がありませんしね。オットマン風な足置きにもちょうどいい高さですし、OAチェアの背もたれ部分のクッションとして使っても快適でした。

というわけで、マルチクッション選手、抜群のユーティリティ性を発揮するものの、どうやら一番期待された「お尻に敷くクッションとしての用途」に最も適性がないようでした。残念。あらためて商品ラベルを見ると、

「クッションにもなるまくら」と書いてますね。そうです、「まくらにもなるクッション」ではないのです。 キャッチコピーに偽りなし。納得したところで新しいエアクッションを探しに行ってきます。