A8netのアフィリエイト報酬の振込手数料が高いのでゆうちょ銀行に変えた

やわなべです。

毎月書いてる運営状況エントリーの中でショボい収益もさらしているのですが、ぼちぼちアドセンス以外のASP(アフィリエイトサービスのプロバイダ)からの報酬も上がるようになってきました。アドセンスと違ってPVに比例するものではないので、その金額は不安定極まりないんですが。

で、いくつか登録してるASPのうちのひとつ、A8.netからも毎月お振り込みをいただけるようになってきたのですが、報酬の振込手数料を引いた額が振り込まれるようになってまして、さらにその手数料が高いんですよ。

スポンサーリンク

A8.netの報酬支払手数料はネットバンク宛だと最高756円!

A8.netの報酬振込み条件についてはヘルプのページに解説があります。

(公式)アフィリエイトのA8.net:サポートページ | 09.振込と口座について

Q. 受取口座への振り込み手数料はAS会員が負担するのですか?

A. はい。AS会員様に振込手数料の実費をご負担頂いており、振込時に成果報酬金額から自動的に差し引かれます。

とのこと。具体的には三井住友の渋谷駅前支店から振込しているらしく、同行の法人向けのネットバンクサービス「パソコンバンクWeb21」の振込手数料体系が書いてあります。他行宛の3万円以上の振込だと1件につき756円と高いです。

振込は毎月15日に行われるのですが、累積の報酬額が下限額よりも少なければ振込されません。下限額は1000円または5000円のどちらかが選べるんですが、支払先に三井住友以外の銀行を指定すると、1000円の報酬振込に540円もの手数料を取られる、なんてこともあるわけで、5000円を選ぶ人がほとんどでしょう。

いや、まあ、ある程度稼ぎが大きくなってくれば、5000円なんて毎月簡単にクリアするでしょうから、気にする必要ないんでしょうけどね。

他のASPはどうか

ちなみに、他のASPや広告主はどうかをまとめてみました。

・Googleアドセンス: 末締、翌月下旬払い、手数料は払い手が負担
・A8.net: 末締、翌々月15日払い、手数料は受け手が負担(MAX 756円)
・リンクシェア: 20日締、翌々月15日払い、手数料は払い手が負担
・バリューコマース: 末締、翌々月15日払い、手数料は払い手が負担
・アマゾンアソシエイト: 末締、翌々月末払い、手数料は受け手が負担(300円固定)

実際に私自身が振込を受けたことのあるASPだけを書いているので、他のASPは公式サイトの案内をご参照ください。この中で振込手数料を引いて入金するのは A8.netとAmazonアソシエイト

支払い件数が膨大で手数料コストがバカにならないのはわかりますし、手数料引いて入金ってのが、どの業界でも普通に見られる商習慣であることも承知してはいます。

が、一応アフィリエイターとASPとの関係ってのは建前上はパートナーなわけですよ。パートナー関係にある両者間の取引で生じた金銭の譲受については、額面どおりの金額が相手に渡るべきなんじゃないかなー、と個人的には感じますけどね。

ゆうちょ銀行という救済措置

…と、軽く毒を吐いたところで華麗に手のひらクルー。ここからお世話になってるA8.netの全力フォローのターンに移りますw

上のQ&Aの振込手数料表の続きに、ゆうちょ銀行での受け取りオプションについて書かれています。

ゆうちょ銀行の郵便貯金口座 一律30円

ファッ!30円!? 上の手数料体系とえらい違いじゃないですか。

おそらくこれはゆうちょ銀行の口座同士で支払いしてるから実現できる安さなんでしょうが、ゆうちょ銀行の法人口座のネットバンキングで、同じゆうちょ銀行宛の振込手数料は、5件まで無料で以降113円です。

調べてみたら、A8さん(というか運営するファンコミュニケーションズさん)のAS会員へのアフィリ報酬支払事務にフィットしそうなのは下の「大量振替」というサービスでした。


(参考)大量振替-ゆうちょ銀行

これを使うと、指定日前に振込先口座と金額のリストをゆうちょ側へ送付することで、大量のアフィリエイターへの一斉振込が可能になります。

ただファンコミさんが負担するその手数料は振込1件につき123円。30円じゃ足りないです。

もしかすると、ゆうちょ銀行経由の支払いに限っていえば、手数料コストの大部分をファンコミさんが負担してるのかもしれません。そうでなくとも、ゆうちょ銀行で報酬受取り希望の会員の支払額合計を毎月メイン口座からゆうちょへ振替してるはずですしね。

というわけで、これはどう見ても私のような稼ぎの少ないアフィリエイターに対する救済措置だとしか思えなくなってきました。

ゆうちょ銀行の残高をどう安く移すか

いつもながら前置きが長くてホントに申し訳ないのですが、「だからゆうちょ銀行に振込先を変えました」というお話です。(口座変更の手続きはA8.netの管理画面ですぐにできるので割愛)

私はゆうちょの口座は以前から持ってたものの、残高数千円で完全放置でした。最寄りの郵便局ATMへは、自宅から15分程度歩かないといけないですし、行ってもATM台数が少なくて混んでるイメージも。手数料節約のために毎月そこまでいって通帳記入やら預金引き出しやらするのは面倒すぎるので、なんとか安くメイン口座へ移すため、以下の方法を考えます。

1) ゆうちょダイレクトの利用開始

ゆうちょのネットバンキングに当たるのが「ゆうちょダイレクト」です。利用料金体系はメガバンクのそれとほぼ同等ですが、残高照会だけなら無料で使えるので取り急ぎ申し込みました。申込用紙はwebで作成できるPDFを印刷してハンコ押して投函するだけ。利用開始までに5日ほどかかるそうなんで手続き待ちです。

2) 提携ATMでの引き出し

「ゆうちょダイレクト」を使って、ゆうちょ以外の自分のメインバンクに振込すると5万円以上で432円の手数料がかかります。これでは、わざわざゆうちょに変えた意味が薄れてしまいます。ということで身近にあるコンビニATMでの引き出しを考えます。

ゆうちょ銀行はミニストップにあるイオン銀行ATMふくめ、ほぼすべてのコンビニATMで引き出しが可能です。

利用できる時間帯も、引出しに限れば、日曜の21-24時までの期間を除けばいつでもできますし、ファミリーマートのATMでは、その制限すらありません。

ただし、時間帯によって引き出し手数料は変わります。

残念ながら、無料で引き出せる時間帯はないです。 基本的にビジネスタイム以外に引き出すと金額にかかわらず200円かかってしまうので、現実的なところだと、土曜日の午前中に引き出せば最低の108円で他行への資金移動が可能になりそうです。

というわけで

またこんなセコい節約ネタの力説に2000文字以上を費やしてしまいました。一体私はいつになったらたかが数百円のコストに目くじらたてずに生きれるようになるんでしょうか。