2015年12月から漢方スタイルクラブカードの還元率が1.75%から1.5%に改悪

「おお かんぽうよ。しんでしまうとはなさけない。」

やわなべです。えー、ジャックスからはがきが届いてまして、メインで使ってる漢方スタイルクラブカードの毎月の利用明細にしては来る時期が早いな、と思ったのですが。


(参考)KAMPO STYLE CLUB CARD サービス改定のご案内

中身はこの通知でした。かつて高還元率の代名詞だったこのクレジットカードですが、先日のnanacoチャージへのポイント付与率の大幅ダウンに続いて、通常利用に対するポイントの付与率も下がるとのお知らせです。

あらー、またまた改悪ですか。。。

スポンサーリンク

2015年12月以降 ポイント還元率は1.75%から1.5%へ

これまで漢方スタイルクラブカードは毎月のカード利用額2000円ごとに、7ポイントを付与していました。このポイントが300ポイントたまると、次回請求から1500円を差し引くことができます。(要手続き)

つまり、事実上のキャッシュバックが1ポイント=5円換算でなされるということで、付与率に換算すると、2000円ごとに350円 = 還元率は実に1.75%とという非常に高い還元率を誇っていました。

それが、今回の改定で2015年12月以降、2000円ごとに付与されるポイントが7pから6pに下がります。同じ式で計算すると、還元率は1.75%から1.5%に落ちる計算です。

クレジットカードのポイント還元率は 1%でも上々ですから、1.5%という還元率でも、まだ十分に高いのですが、なんといってもポイント還元のメリットが最大の売りなカードでしたので、かなり存在感が薄くなってきた、とはいえるでしょう。昨年のエントリーで予言していた悲観的なシナリオが、わりと前倒しで実現してるようで、いちユーザーとして心配です。もしかしたら数年持たずにサービス終了もあるかも。

ジャックスカードが火付け役として話題になった高還元率クレカ路線ですが、その後、最大2%の還元率を引っさげて登場した リクルートカードプラスに業界全体がドン引きしたかのようで、それに対抗しようとするする動きはないようです。P-one Wizというカードが条件付きで2.5%になると聞いたんですが、その条件とやらをよく見たらリボ払いでした。本当にありがとうございました。

というわけで、高還元率のみが注目される時代は、終焉の時を迎えつつあるのかもしれません。これが景気が良くなって節約マインドが薄れてきたことによる影響だといいんですけどね。

半年使った漢方スタイルクラブカードの実際の付与率はどんなものか

そんな私は、時代に半歩乗り遅れる形で、昨年12月に漢方スタイルクラブカードを作成しました。さて、その後の利用で実際に1.75%の還元を受けているのでしょうか。検証してみましょう。

初回の利用明細が来た2015年1月以降、7ヶ月間の利用額の合計を晒すと、44万円ちょっとでした。それに対して付与されたポイントが1,533ポイント

1p=5円として換算すると、7,500円相当の還元(の権利)を得たこととなり、累計での還元率は1.73%となります。ほぼ、売り文句通りの高率の還元を享受しているといっていいでしょう。

ただ、利用額の中にはnanacoへのチャージも結構含まれていることから、今後はこれが1.5%、あるいはそれ以下に徐々に落ちていくものと思われます。

還元率2%のリクルートカードプラスはJCBのみですし、メインカードを変える手続きは面倒なので、しばらくは使い続けるつもりです。ただ、これまで「お得キャラ」で売ってきただけに今後の新規発行の集客には苦労するでしょうね。漢方さん(てか、ジャックスさん)「もうカードサービスやめますわー」ってのはもうちょっと待ってくださいね。