発売されたばかりのiPad mini 4を買ったったから、速攻レビュー

やわなべです。

先日のAppleの新製品発表以降、iPhone6s、iPadPro、AppleTVなどの話題がてんこ盛り状態ですが、みなさん、なんか忘れてやしませんか?

いやいやジャイアン鈴木さん、なんか忘れてやしませんか!?

スポンサーリンク

iPad mini4があるじゃないか

そうですよ。先日それらが発表されたイベントの隅っこでひっそり発表されたiPad mini4ですよ。

まあ、売る気があるのか心配になるくらいの雑な紹介ぶりでしたが、チップも新しくなってるし、重量もも軽くなってるし、iOS9でマルチタスクも動きます。しかも、当初1GBと噂されてたメモリサイズがフタを開けたら2GBって話じゃないですか、現行シリーズの倍ですよ。なんでみんなそこまで無視するんでしょうか。

というわけで、

はい、オンラインストアでポチりましたよ。iPad mini4 64GBのセルラー版、ゴールド、税込みで73,400円

お値段は、去年買ったXperia Z Ultraのほぼ倍ですよ。ここ数年はアップルの新製品買ってなかったんですが、きっちりその分の税金納させられた格好です。「家畜の安寧」とはこのことでしょうか。(今ごろ「進撃の巨人」見てます)

ポチった翌日に早速届いたんで開封したわけです。

初めて見るゴールド仕様のiPadのお目見えです。

なんですが。。

背面上部に白い部分。大相撲の力士のテーピングみたいになってますけど、なんでしょうこれ。最初「あ、まだ保護シールあるわ」と思ったんですが、はがれそうな様子もありません。なにこれ、滑り止め? のりしろ? サインペンで名前書くところ?

iPadってこんなだっさいデザインに変わったのかなー、とオンラインストアの商品紹介ページの360度ビューを見ても、

やっぱりこんな変なのりしろみたいな部分はない。どうやらこれ、セルラー版のアンテナ部分である、ということが判明。なんだ。いや、でもこれ、ダサくないですか?

セルラー版を選択される方はデザイン的にゴールドはおすすめしないです。はい。

微妙に先代iPadMiniとサイズが違う

ほぼこれまでのモデルと形状の差異がなさそうなiPad mini4ですが、微妙にこれまでのモデルと違います。

手元にあるのが初代iPadMiniなんでそれとの比較で恐縮ですが、2台を比べると、iPadMii4は先代と比べて、微妙に薄く、縦に長く、そして、軽くなってます。初代miniだけでなく、iPadMini2、iPadMini3ともサイズが違うようなので、旧機種のケース類は一切使えないと考えたほうがよさそうです。

それと、インタフェースも一部変わってて、右側面の音量ボタンの部分。

従来のこの音量ボタンの右に画面のタテヨコ回転をロックするスイッチ、があったんですが、これがなくなってます。

その代わりに、iOS8以前にもある画面下部から上にスワイプしたときに出てくる設定メニューから、「画面回転のロック」「スピーカのミュートのON/OFF」ができるようになっています。

逆に言えばインタフェース部分の違いはこれだけで、充電コネクタも従来と変わらないので旧機種のものがそのまま使えそうです。

2015年9月現在、iPad mini4専用のケースはまだ出揃っておらず、あるのはELECOMの、

これか、安めの風呂フタモデルなら

これがあるくらい。私は手帳型がいいので、

Ankerのこれの後継版が出るまでケース無しで我慢します。

SIMはnanoSIMですか、そうですか

セルラー版のiPadMiniはいわゆるSIMロックフリー端末で、今回セルラーモデルを選択したのは、場合によってXperia Z Ultraに挿してるOCNモバイルONEのSIMカードを差し替えて外でも使えるかなー、と思ってのことだったんですが、

あー iPadMiniのSIMスロットは、ズルトラのマイクロSIMより小さいナノSIMでしたか、知りませんでした。

手持ちのマイクロSIMをカットしてナノSIMでも使えるようにするツールがあるのは知ってますけど、ヘタこいてカードが死んでしまったらズルトラでも使えなくなるわけで、そんなカイジのギャンブルみたいなことはしたくない。

SIMを使っての利用はちょっとおいといて、落ち着いたらiPadMini用にどっかのプリペイドSIMでも買ってみようかな、と思ってます。

メモリは2GB、さっくさくやでぇ〜

iPadのメインメモリは設定画面からも確認はできないのですが、「System Status」という有料アプリで見てみると、

TotalMemoryが1988MBと、2GBであることがわかります。1GBであるiPadMini2/3からのアップデートだとそれほどメリット感じないかもしれませんが、500MBの初代からだと、そりゃあもう、サックサクです。

iOS9のメリットは?

OSは最新のiOS9の状態で納品されてきました。

iOS9の一番のウリは「マルチタスク」といって、同じ画面で複数アプリを操作できるというもの。

下から上へのスワイプで出てくる設定メニューと同じ要領で、右から左へスワイプすると、マルチタスクで起動させるアプリの一覧が出てきます。

実際に使うシーンがあるとすれば、Kindleとかで電子書籍読んでるときに、ちょろっと辞書なりwikipedia調べたい時に使うくらいでしょうかね。

こんな感じ。

サイズ的に一番フィットしそうなのはTwitter/Facebook/LINEなどのSNSのタイムライン表示だと思いますが、私は、iPadは閲覧専用端末との位置づけでSNS系アプリは一切入れないんで、用途は限定的でしょうか。

動画ビューワのワイプ化が便利

これもマルチタスクの一環なんでしょうが、個人的に一番良かったのがこれ。Youtubeなどの動画ビューワに新しいアイコンが増えています。「ピクチャ・イン・ピクチャ」という機能なんだそう。

右下に出てるこのマークをクリックすると、テレビのワイプ表示のように、他のアプリを操作しながらワイプで動画を見るということができます。 Youtubeアプリがそんな感じですけど、それがOSレベルでできるイメージ。

右下にワイプで出てるのわかりますかね。

「パ・リーグTV」や「虎テレ」などスポーツ中継系の動画をよく見る私にとっては、この仕様は大きなメリットです。

あと、iOS9になって、バッテリーの持ちが改善されたという声が多いようですが、比較対象の初代iPadMiniがボロすぎてわかりません(泣)

まとめ

個人的には大満足ですが、見た目がほとんど変わってないんで、iPhone6s、iPadProと比べると、ドヤ顔できる余地は少ないかもしれません。

が、旧モデルのiPadMiniを、ちゃんと役割持って使っている方であれば買い換えて後悔することはないと思いますよ。