住信SBIネット銀行のスマートプログラムで、簡単にできるランクアップ条件を考える

やわなべです。

実は私自身は影響ないのですが、これまで何度も関連エントリーを書いた身としては触れないわけにはいかないニュースが。

住信SBIネット銀行が、2016年1月(予定)から「スマートプログラム」と称して、ポイント制、ランク制の導入、及び、ランク別の優遇条件のコース化を導入するとのことです。コース化される優遇条件には「振込手数料の無料」も含まれます。

(参考)「スマートプログラム(仮称)」の開始のお知らせ|住信SBIネット銀行

相変わらず「新しい物にはなんでも”スマート”言っときゃOK」的な風潮はどうかと思いますが(暗号カードを使わずスマホアプリで認証する仕組みも「スマート認証」と呼んでますよね)、今後導入されるランク制はあきらかに「今後は付きあう客、選んでいくから」というメッセージです。内容を掘り下げて見てましょう。

スポンサーリンク

月3回まで他行宛振込み手数料はランク2以上の顧客のみ対象に

住信SBIネット銀行のメリットについては、過去にも書いたので繰り返しませんが、「月3回まで他行宛振込み手数料が無料」の利便性のみで使ってる方も多いのではないでしょうか?

が、この優遇が今後は顧客ランクの「ランク2」以上の優遇条件に変わります。 ただ口座を持ってるだけだとこの条件が適用されなくなり、無料で振込みできる上限は月1回となります。

どうやってランク分けするかはこの表にまとめられています。


(参考)「スマートプログラム(仮称)」の開始のお知らせ|住信SBIネット銀行

これまで通りに他行宛月3回までの優遇を受けるには、「ランク2」である必要があり、「ランク2」になるためには前月末時点で1000円以上の残高があることを必須条件として、それ以外に以下の項目のうち、2つ以上の条件を満たす必要があります。

・年齢が30歳未満
・前月末時点の預金残高が100万円以上
SBIカードを持っていること
・外貨預金、住宅ローンその他、指定のサービスを2つ以上利用していること

若い人向けに条件が緩和されているのはよい傾向だとは思いますが、「30歳以上だし月末残高も100万円ないよ〜」、という方には少しクリアが厳しい条件かもしれません。

自分がどのランクかよくわかんねー、という方は、チャート式のランク判定ページが用意されていますのでそちらでご確認を。

(参考)ランク判定チャート-お預入れの総資産 | 住信SBIネット銀行

ランク2の条件をどうクリアかを考える

さて現状と同じサービスレベルである「ランク2」にカテゴライズされるためにはどうすればいいでしょうか? 上で書いた「外貨預金、住宅ローンその他、指定のサービスを2つ以上利用」の「指定のサービス」とはなんぞや、というと以下のとおり。

1. 外貨預金(普通・定期)の月末残高あり
2. 仕組預金の月末残高あり
3. SBIハイブリッド預金の月末残高あり
4. カードローンの月末借入残高あり
5. 目的ローンまたは不動産担保ローンの月末借入残高あり
6. 純金積立の引落しあり
7. 給与、賞与または年金の振込あり
8. デビットカードのご利用金額合計が月間1万円以上

このうち2つ(30歳未満はこのうち1つ)の条件をクリアすれば「ランク2」になれます。なお、3つ(30歳未満は2つ)クリアすると「ランク3」となり、他行宛振込手数料は月7回まで無料となります。

さて、仮に30歳以上の利用者が、「ランク2」目指して、この条件のうち2つのクリアを目指すとすればどういった戦略を考えればいいでしょうか?

給与受取り口座が変更できる方

企業などにお勤めの方で、給与受取口座の自分で指定できる場合は、「7. 給与、賞与または年金の振込あり」が一番クリアが簡単な条件でしょう。

月3回の振込無料枠を使えば、家賃の支払いや自分の別口座への振替も無料でできます。コンビニATMでの引き出しも月3回まで無料ですし、後で書くSBI証券との連携もスムーズなので「ハブ空港」ならぬ「ハブ銀行」として使えて、使い勝手はよいのではないかと。

SBIハイブリッド預金は作っておきたい

もしまだ使ってない方で「3. SBIハイブリッド預金の月末残高あり」の条件をクリアしていない方は、この機会にぜひハイブリッド預金を開設すべきです。

具体的にはSBI証券に口座を開設し、住信SBIネット銀行の口座と連携させると、住信SBIネット銀行の預金がSBI証券の株や投資信託の買付余力として使える、というものです。

ハイブリッド預金口座と円普通口座とは管理が別なので、両口座の間では振替が必要です(手数料は無料)が、ハイブリッドに振替した残高は、即座にSBI証券で株の購入に使えます。

「今のところ証券投資するつもりはない」という方でもSBI証券の口座の開設だけしておき、ハイブリッド預金口座に1000円でも振替しておけば、それで上の条件がひとつクリアできます。

また、マイナンバー絡みで証券口座を2015年中に開設しておいた方がいいという話は、別の側面から書きました。

ただ、難しいのは実際にハイブリッド預金から株を買うと預金残高が減るんですよねぇ。同行の残高100万円なんて余裕、という方でも、株を買ったら預金残高が100万円切ってしまう、という方もいるのではないでしょうか。

最後の希望、外貨預金

さて、給与受取口座には指定できない、SBI証券もハイブリッド預金もすでに使ってるけど、預金は全力で投資に振り向けるから預金残高が100万超えることはない、なんて方はどうしましょうか。

最後の希望は「外貨預金」です。

まともに投資をやってる人ほど「外貨預金なんて..」と毛嫌いする方もいるでしょう。私も外貨預金するくらいなら、SBI証券で外国株式のETFでも買いたいところです。(SBI証券は取引できる外国株式がとても広い証券会社です)

が、他の条件クリアが難しいとあれば背に腹は変えられません。幸い、上の条件をよく見ると外貨の「定期預金」ではなく、外貨建ての「普通預金」でもOK、しかも前月末時点の残高さえあればよいようです。

で、いくらから外貨建ての普通預金ができるかというと、

各外国通貨の1通貨以上1補助通貨単位でお申込みいただけます。

米ドル: 1米ドル以上 1セント単位
ユーロ: 1ユーロ以上 1セント単位
英ポンド: 1英ポンド以上 1ペンス単位
豪ドル: 1豪ドル以上 1セント単位
ニュージーランドドル: 1NZドル以上 1セント単位
カナダドル: 1カナダドル以上 1セント単位
スイスフラン: 1スイスフラン以上 1サンチーム単位
香港ドル: 1香港ドル以上 1セント単位
南アランド: 1南アランド以上 1セント単位

(参考)〔外貨預金〕 外貨普通預金はいくらから申込めますか? |住信SBIネット銀行

と、かなり敷居は低い。1ドルなり、1ユーロなりで外貨建て預金さえ持っていれば、条件クリアです。

結論としては「30歳以上で残高100万ない利用者」は、「SBIハイブリッド預金」と「外貨預金」をはじめましょう、ということですね。

個人的には、外貨建てでもハイブリッド預金ができて、外貨預金の残高が、SBI証券の外貨株式の買付余力として連動できれば、今すぐにでも使いたいんですけどね。