「実践 日本人の英語」(マーク・ピーターセン著)

やわなべです。

マーク・ピーターセンさんと言えば、岩波新書のベストセラー「日本人の英語」「続・日本人の英語」の著者として有名です。それぞれ1988年、1990年と25年以上前の本で、私も読んだはずなんですが、すでに書架には見当たらず、何かの折に処分してしまったようです。

その後、続編が1冊出ててそれは未読でしたが、つい2年前の2013年にも続編が出ていたんですね。タイトルは「実践 日本人の英語

スポンサーリンク

実践 日本人の英語 / マーク・ピーターセン

「実践 日本人の英語 (岩波新書)」販売ページヘ

実践 日本人の英語 (岩波新書)

  • 作者: マーク・ピーターセン
  • 出版社: 岩波書店

もともと大学で日本人の書く論文を添削する仕事もしておられたピーターセン教授が、日本人特有の英語のヘンな表現を引きながら、その間違いが起きる原因と、その背後にある両言語の語感の差異について解説する、という構成は、最新の「実践…」でも変わりません。

ただ、本作はタイトルに「実践」、とついているように、実際に大学において、ピーターセン教授とその学生らとの授業のやりとりをより感じさせるような構成になっています。逆に、指摘される文法項目に関しては、過去の著作と重複している項目もあるようです。

今、アマゾンで本書を調べると、この分野ではピーターセン氏の著作と、T.D.ミントンさんによる「ここがおかしい日本人の英文法」というシリーズが売れ筋の双璧のようです。

「ここがおかしい 日本人の英文法」販売ページヘ

ここがおかしい 日本人の英文法

  • 作者: T.D.ミントン
  • 出版社: 研究社

ミントン氏の著作は未読なのですが、内容紹介を見た印象だと、英文法の教科書の項目の中から、戸惑いやすいところをピックアップして紹介する、といったイメージのようです。”will”と”is going to”の差異だとか、”must”と”have to”との差異、とか。同じく書店でよく見かけるデイヴィッド・セイン氏の著作も同じようなスタンスでしょうか。

これに対してピーターセン氏の、特にこの「実践 日本人の英語」の特長と感じるのは、新書というボリュームの中で、どれをテーマとしてピックアップするかの「優先度」なのではないかな、と。

例えば、本書の最初のほうで「my」などの所有格を使う際に陥りやすい問題が紹介されます。すなわち、

「私は昨日、友達と買い物に行きました。」

を英訳せよと言われたときに、多くの日本人が書きがちな、

“I went to shopping with my friend.”

について、ネイティブ話者がどこに、なぜ、不自然を感じるか、そして、日本人がなぜその不自然さに気づきにくいか、を解説します。

ちなみに上の文のどこが不自然かわからない人は、立ち読みでも中古でも図書館でもなんでもいいので、このくだりだけでも参照されることをおすすめします。その日から英作文変わりますよ。

それに続くのは時勢、とくに日本人があまり意識せずに用いがちな現在形について。そして次の章では仮定法“I could meet him in New York.” という時、私は彼に会ったのか、会ってないのか)といった具合。

このうち、所有格の落とし穴の話なんかは、旧書にも出てきた記憶があるんですよね。

それを「焼き直し」ということもできるんでしょうが、私は、ピーターセン教授が、前著の出版から四半世紀もの間、自身の日本語の習熟度をあげるプロセスの中で、日本語話者目線で見た、犯しやすいミスの頻度と重要性に基づき、優先順位を振りなおして旧書を再構成した、という感じがするんですよ。

そもそも「この英文は不自然である」と指摘するだけなら、ネイティブの英語話者なら誰でもできるわけで、それをエッセー形式に「あれもある、これもある、これも…」と羅列して新書1冊のボリュームにしたてることは比較的簡単なことでしょう。ターゲット人口の多さを考えれば、それでだけでもある程度は売れるでしょうしね。が、

「英語学習中の日本語話者に向け、不自然な英語を回避するために一番効果的な指摘は何か?、じゃあ2番目は? 3番目は?…」

という問いに即答できる人は、バイリンガルであっても少ないんじゃないかと思うんですよね。そうした思索の成果物としてこの章立てがある、と考えると、やはり著者の年輪を感じさせるクオリティだな、と感じるわけです。

ちなみにピーターセン教授は、村上春樹さんも絶賛する、これまた評価の高い英文法書「表現のための実践ロイヤル英文法」の共著者でもあります。私も座右に置いてますが、本書で紹介されたニュアンスについても言及されていてとても参考になります。

この文法書は分厚くて値段も高いので万人におすすめはしませんが、付録の暗記用例文300の内容がPDFで無料配布されているので、それを丸暗記するだけでも文法力の向上にかなり効果があると思います。

(参考)『表現のための実践ロイヤル英文法』暗記用例文300オーディオブック|旺文社

さて、そんなピーターセン教授ですが、「実践 日本語の英語」のあとがきの末尾で「締めくくりにはふさわしくないんだけど…」と前置きした上で、日本人に向け以下のような懸念を吐露されています。

ひとつだけ最近の日本で気になっていることに触れたい。英語か日本語かにかかわらず、文章の意味をしっかりつかむ、よく考えて文章にする、といった基本的なことがちゃんとできているかどうか、不安に感じることが増えてきたのである。それは学生に限らない。このことは単に英語で会話ができるかどうかといったその場その場のコミュニケーション力の問題よりも、ずっと真剣に考えるべき課題だと思う。

ブログに駄文を連ねているだけの自分も、薄っぺらいエントリーを書かないよう肝に銘じますです、はい。

関連書籍

「実践 日本人の英語 (岩波新書)」販売ページヘ

実践 日本人の英語 (岩波新書)

  • 作者: マーク・ピーターセン
  • 出版社: 岩波書店

「日本人の英語 (岩波新書)」販売ページヘ

日本人の英語 (岩波新書)

  • 作者: マーク・ピーターセン
  • 出版社: 岩波書店

「続・日本人の英語 (岩波新書)」販売ページヘ

続・日本人の英語 (岩波新書)

  • 作者: マーク ピーターセン
  • 出版社: 岩波書店