素朴な疑問、A8.netのアフィリエイトの売上っていつ計上すればいいのさ?

やわなべです。

他の方の興味や嫉妬を買うほどではないのですが、今年このブログから上がる収益が、どうやら来年確定申告が必要なラインは超えそうなので、経理目線で収益を整理しようかと思ってます。

具体的には、Googleスプレッドシートにシートを作って、月別ASP別の売上と経費を整理しようと思ったんですが、数字を転記しながら思ったんですよ。

「アフィリエイト売上っていつ計上すればいいんだろう??」って。

スポンサーリンク

アフィリエイトの発生金額=確定売上ではない

その前に、アフィリエイトの仕組みをご存じない方向けに補足すると、たとえば今、私が「OCN モバイル ONE良いです。マストバイです」と宣伝したとします。

実際に上のリンクがアフィリエイトのリンクです。仮に興味を持ってくれた方が9/1にリンクをクリックし、最終OCNのSIMカードの契約申込までしたとしましょう。その時点で、私に報酬が発生します。あくまで「発生」です。

ユーザーをひとり獲得した場合の報酬金額が500円だとすれば、私のA8.netのアカウントの9/1の発生金額に500円が計上されます。 これがアフィリエイトの基本的な仕組み。

ただ、その500円が確実にもらえるかどうかは、まだわかりません。申込みした人が、気が変わって最終契約に至らない場合もありますからね。

アフィリエイトには広告主の案件ごとに「報酬の発生条件」というものがあって、それを満たしていない場合、発生した報酬があとからキャンセルされる可能性があります。条件を満たして報酬が確定されることを「承認」といいます。上のように申し込みはしたものの最終契約まで至らない場合は発生した報酬はキャンセルの対象になります。

そして発生から承認までのスパンは広告主ごとにまちまちです。

ここまでまとめると、

・発生した報酬は、広告主による承認という手順をもって確定する
・発生金額=確定金額とはならない
・発生日と承認日(確定日)との間にはタイムラグが有る
・発生日と承認日のスパンは広告主(案件)ごとに異なる

つまり 同じように 9/1に発生した報酬であっても、

このように、案件によって、報酬が確定するタイミングが異なったり、確定しない可能性があるわけです。キャンセルの可能性があるのでは発生した9/1を経理上の売上確定日とするのはちょっと無理そうです。

さらに、ですね、

アフィリエイターの顧客とはだれか?

ということ。最終的な広告費は広告主である企業が支払うわけですが、アフィリエイターの売上対象となる顧客は、というと、あくまでもASPなわけです。

ASPのひとつであるA8.netで言えば、毎月1日に前月分の集計処理を実施しますので、その日を持って、売上日として計上するのが正しいと思います。先ほどの図だと、

このように、広告主による確定タイミングとは関係なく、ASP(この場合A8.net)が、売上確定とする翌月1日を売上日とするべきでしょう。

つまり発生日や発生金額は、経理上は参照する意味が無いデータってこと。

発生日や発生金額ってのは、それぞれの案件単位で集計した際の承認率(確定金額 ÷ 発生金額)や、同ジャンルの他案件の間で承認スパンの長短を比較する、といった面では意味を持ちますが、経理上は全く無視していいと思います。

悩ましい調整金額の計上

しかし、これで一件落着かというと、これで終わりじゃないんですよ。

私の乏しい経験では今のところA8.netのみなのですが、上のスケジュールで確定したはずの金額に、あとから微調整が入る場合があるんですよ。しかもそのタイミングが遅い。

A8.netは毎月15日(曜日によってずれる場合あり)に、当月支払い予定の報酬金額の最終通知メールが来ます。

A8.netの支払いスパンは確定対象月の翌々月の15日です。たとえば、9月分として10/1に確定した金額が振り込まれるのは 11/15です。その最終振込の直前の時点で、微調整の金額が加わるんですよ。

このEさんのようなイメージ。同じ9/1の発生なのに、承認のプロセスをすっ飛ばして、いきなり振込日直前に調整として計上されてくる。

たとえば、9月分として10/1に確定していた報酬が1万円で、管理画面の「11月の支払予定額」もずっと1万円なのに、15日になって最終振込額としてメールで通知される金額が1万5千円になってたりする。

調整金額はA8.netの管理画面の「振込レポート」という画面で見れるのですが、そこにある説明を読むと、

調整金額とは、成果報酬が確定された後、キャンセルや追加などによって振込金額が調整された場合に表示されます。
・調整金額の更新は、原則として毎月振込日となります。

となってます。確定よりも振込額が増えれば、もちろんうれしいんですが、これ、どうやって経理処理するべきなんでしょう?

調整金額がわりとデカい

1) 入金直前の振込予定金額を確定売上として、その月の売上として計上する。

2) 確定した月の売上とは別に、調整金額を別で売上として計上する。

調整金額の処理の仕方は、このいずれかだと思います。確定金額のせいぜい数%くらいであれば、2)の形で「前々月分調整売上」とでも計上すればいいと思うんですが、この調整金額がですね、

結構でかいんですよ。

もちろん案件によって個人差はあると思いますが、私の乏しい経験でも、

確定金額 < 調整金額

というケースが結構あります。つまり、確定金額ってのが全然確定じゃないんですよね。

感覚的には「A8.netの確定売上額は振込み直前にならないとわからない」という認識です。なので、経理的にも翌月1日の前月確定額は無視して、振込み直前に通知される金額をもって、振込月の売上として計上したいところ。

ただそうなると、発生はおろか、確定日と売上計上日との間もかなり開いてしまいます。これが同じ年の中であればいいのですが、確定月と売上計上月の間に年が変わった場合、翌年売上に計上していいものか、という懸念が生じます。(法人成りしてる方は、決算期またぎ、と考えてもらえれば)

「毎年このポリシーで計上しています」ということが示せれば、税務上お咎めをくらうことはないと思うんですが、集計画面で見ても前々月確定額の横に調整金額が書いてあるわけで、「これって前年中の所得だよね?」と指摘されたらどう反論すればいいんでしょう。

A8さんには、できれば、この調整金額を税務上どう扱うべきかの指針を示していただきたいです。

そして、検索してもこの点で悩んでるのが、アフィリ新参者にすぎない私以外にいなさげなんですけど、なんか私、間違ったことしてますかねぇ。教えてエロい人。

「フリーランスを代表して 申告と節税について教わってきました。」販売ページヘ

フリーランスを代表して 申告と節税について教わってきました。

  • 作者: きたみ りゅうじ
  • 出版社: 日本実業出版社