2015年加入したオリックスファンクラブの1年通じたコスパを検証する

やわなべです。

今季優勝候補に目されたオリックスバファローズ

スタートダッシュに華麗に失敗した後、監督休養や、主力選手の怪我からの復帰をもってしても、浮上することはなく、結局、1年通じてほぼ盛り上がりどころのないシーズンを過ごすこととなりました。CS(クライマックスシリーズ)や日本シリーズで盛り上がる他チームファンを尻目に早くもシーズンオフです。

今季、地元大阪に拠点を置くオリックスバファローズのファンクラブに初めて入会し、球場にもなるだけ足を運ぶようにしてみたのですが、そんなにわかファンの私の1年間のコスパは果たしていかほどだったのか、検証してみたいと思います。

スポンサーリンク

12試合観戦、勝率.333

今季、オリックス開催試合の観戦は12試合でした。当初はもう少し行こうと思ってたんですが、あまりにも弱かったのと、後述しますが、自分が行った時の勝率が低かったので、夏場以降はすっかりご無沙汰気味に。

チケットはすべてファンクラブ会員価格でチケット取り、うっかり忘れた1試合以外は、球場で来場ポイントを付与しました。来場ポイントをつけると、自分が観戦した試合の戦績がファンクラブ会員画面で確認できるのですが。。

しかも来場ポイントをつけ忘れた1試合も負け試合だったので、今季のトータル観戦成績は、

4勝8敗。勝率は.333 と散々なものでした。

オリックスの今季勝率が.433ですから、同チームの低迷を引いても、運がないといっていいでしょう。

3回行って1回しか勝たない、となると自然に足も遠のくってもんです。負け試合を観たあとの後味の悪さに加えて、「自分が行くと負ける」と感じるのがつらい。人に言われるのはもっとつらいw。

年間観客動員数はアップ

私はわずか12試合の観戦でしたが、1年中パッとしなかった成績に反して、「総じて観客は多かったなー」という印象です。

公式発表による今季のオリックス主催試合71試合の来場者数合計は、176万7220人と、最後まで優勝争いを演じた去年の数字(72試合 170万3734人)を上回っています。

もちろん年間動員300万人近い巨人や阪神と比べるのは酷ですが、パ・リーグの中ではソフトバンク、日本ハムに次ぐ3位です。確かに甲子園の阪神戦と比べてもキャンペーンや企画も多く、観戦した球場内でも「マーケティングか営業企画の方かなー」と思わせるスーツ姿のスタッフをよく見かけました。

たしかにシーズン前に大型補強はあったものの、そこまで客を呼べるタレントがいない中で、この数字は立派でしょう。野球に興味のない人に「オリックスにいる選手誰か知ってる?」と聞いてもいまだに「わかんない、イチローがいたことは知ってる」ってのが現状ですからねぇ。

ファンクラブ会員のコスパを検証する

そんな営業努力に敬意を評しつつ、1年間ファンクラブに加入する、ということをコスパという面で検証してみましょう。

私は年会費3,000円のレギュラー会員でした。入会特典としては、大きく4つ。

1) 入会プレゼントとして「オリジナルユニフォーム」がもらえる
2) チケットが会員割引で購入できる
3) 指定席の先行発売がある
4) ファンクラブデーの観戦チケットが一般当日価格の半額になる

これらはどのチームのFCでもあるものばかりかと思います。私はこのうち、3)の先行発売は一度も利用しませんでしたが、チケットはすべて会員価格で取りました。

ファンクラブ会員価格での割引額

会員画面のポイント履歴を見つつ、手元で計算すると、今季観戦した試合のチケット購入額合計は40,400円のようです。同行者のチケット代も含みますが、結構使ってたのね。。。(ちなみに会員は最大4名分までファンクラブ価格で購入できます。)

一方、これを非会員が同じチケット買った場合の金額合計は52,920円

ファンクラブデーの特別価格があったり、交流戦で一部価格が違ったりしてて、正確ではない可能性はありますが、差し引き 12,520円分おトクだったといえます。

まあファンクラブ入ってない人が年間10試合以上観に行くことなんてない、と思いますが。

パ・リーグTV利用費割引

パ・リーグ全チームのファンクラブ共通ですが、パリーグ主催の全試合がライブのストリーミング配信で見れる「パ・リーグTV」の月額利用額が、ファンクラブ会員で割引されます。

通常月額1,566円(税込)のところが、1,026円になるので、7ヶ月間の加入期間の割引額の合計 3,780円がファンクラブ加入によるメリットと考えていいでしょう。

もらったグッズ

先の入会プレゼントのユニフォーム以外にポイント交換でもらえるグッズがあります。

ファンクラブ会員としてチケットを買ったり、来場した時にポイントが付与されるのですが、1年間で私が稼いだポイント合計は11,600ポイントでした。

…といってもどれくらいの価値かわからないですよね。

このポイント、各種グッズと交換ができたりするんですが、翌年に繰越できない、ということを知らなくて、10月の最終観戦の試合開始前に急いで交換しました。最終的にポイントは少し余ったのですが、交換したグッズはこちら。

・フリース生地のオリジナルパーカー
・2段組のお弁当箱
・缶バッチ1個

グッズの価値は人それぞれですが、実用的に欲しかったものばかりゲットできて満足してます。(にわかなので選手グッズとかに思い入れがわかない。)オリックスはグッズの商品企画も力入れてる方だと思いますよ。あまり買わないけど。

まとめ

というわけで会費3,000円で入会したファンクラブ1年間で得たメリットをまとめると、

・12,520円ぶんのチケット割引
・3,780円ぶんのパ・リーグTV割引
・グッズ(ユニ、パーカー、弁当箱、バッジ)

となりました。十分に会費の元は取れてると思いますし、来季も引き続き継続入会する予定です。

ただ、ここまで展開しておいてなんなんですが、

やっぱり勝利はプライスレスです

今季最後に見たこの試合でつくづく思いましたよ。来季頼んますよ、ホント。