FREETEL iPhone専用SIMを買ったのでレビュー。テザリングもできるぞ

やわなべです。

先日買ったセルラー版のiPad mini4にSIMをあつらってあげようかな、どのSIMがいいかなー、みたいなエントリーを先日アップしました。

書いてるうちに、自分の中で要件の整理がかなりついたのですが、読む人からすれば、

あんたの個人的なSIMの利用事情なんて知らんがな

ですよね、申し訳ございません。

で、そのエントリーで候補案のひとつとしてあげてた FREETELの「iPhone専用 SIM」とやらを発売日に即買いしてみました。今日届いたので早速レビューしてみます。

スポンサーリンク

FREETEL SIM for iPhone/ipad


(参考) FREETEL SIM for iPhone/ipad | FREETEL

FREETEL SIM」はdocomo系の格安SIMのひとつで、プラスワン・マーケティング社が提供するMVNOサービスです。SIM単体より、ユニークなオリジナルスマホとのセット販売のほうが有名かもしれませんね。

FREETELのSIMプランの特徴としては、MAX10GB/月までの利用量に応じて、細かく段階的な料金設定がされているところ。100MB以内なら最低料金の299円ということで、サブのSIMとして選択しやすいのですよ。

さらに、新商品である「for iPhone/ipad」のSIMだと、AppStoreでのアプリのダウンロードの通信量もカウントされない、とあって、サブ機のiPad用のSIMにはピッタリです。

しかも、今月はキャンペーン中で、

なんと、10月いっぱいは最低料金の299円でMAXの10GBまで使える、これはレッツ人柱、でしょう。

初期費用は、SIMカード料金込みで税込3,240円。販売開始日に即日オンラインで申し込みし、週末に配送されてきました。

早速、iPad mini4のSIMスロットに入れて起動すると、

SIMはすぐに認識されたのですが、これだけだとネット通信はできません。APNを手動で設定する必要があります。

WiFi通信を切って、同封の用紙に書いてあったAPN情報を登録すると、すぐにモバイル回線で使えるようになりました…が、

3Gになってますね。(iPadの設定の「LTEの使用」はON状態)同じくdocomo系のOCNモバイルONEを挿したズルトラは同じ場所(大阪市内です)でLTEつかんでるんですけど、大丈夫でしょうか。

速度を計測してみる

というわけでお約束の速度計測です。休日の大阪市内、AM10時頃の計測です。

ダウンロード速度、5Mbps。キャンペーン中なことを考えれば、こんなもんでしょうか。最初気になってた3Gの表示も、やがてLTE表示に変わったんですが(移動してない)、その状態で再度速度測定しても数値はさほど変わりませんでした。

ちなみに同じ時間帯のズルトラに挿したOCNモバイルONEの測定結果はこちら。

…うん、やっぱり、最近遅いよOCN。

テザリングに挑戦

お次はテザリング(ネット通信を他の端末で共有)に挑戦してみましょう。iPadの設定の「モバイルデータ通信」→「インターネット共有」をONにしようとしたところ、

このアカウントで「インターネット共有」をオンにするにはドコモに問い合わせてください、とのメッセージ。

「あれ、FREETELのSIMってテザリングできなかったっけ?」と思ったんですがさにあらず、どうやらAPNを手動設定するだけではダメで、プロファイルをFREETELのサイトからインストールしてないから、らしい。

(参考)iOS 9をご利用のお客様への『APN設定用プロファイル』のご案内 | freetel

ここの「FREETEL SIM」のプロファイルのURLに、iPadのSafariからアクセスすると、

プロファイルのインストール画面がでてきます。

途中、脅しめいた文章も出てきますが、無視してインストールを遂行します。

インターネット共有がオンにできるようになりました。

テザリングはWiFi、Bluetoothのどちらでもできますが、今回はWifiを切った状態のMacbookAirで、Bluetooth通信でのテザリングを試みます。

Macから、iPad miniにペアリング接続した状態でネットにアクセスしようとしたんですが、、、つながりませんね。Macのネットワーク設定画面を見ると、

「Bluetooth」PANに自己割り当てIPアドレスが設定されているためインターネットに接続できません。

と、またもや謎のエラーメッセージ。「Bluetooth PAN」ってなんでしょうか。声に出して読むとやたらおいしそうなんですが。

あれこれやってるうちに解決したんですが、Bluetoothの接続をiPad側からすることで無事に通信できました。iPadから接続してあげることで、ローカルネットワークのIPアドレスをiPadから付与できる、って理解でいいのかな。

ちなみにテザリングで通信を共有している間のiPadは、

ヘッダー部分にこのような青いステータスバーが表示されます。

データ使用量はどう確認する?

さて、10月中はキャンペーン中なのでいいのですが、今後は段階料金制なんで、月の途中での利用量が気になりますよね。

OCNモバイルONEだと専用アプリでその月の利用量、利用残量が確認できるんですが、、FREETELは特に専用アプリは提供していないようで、オンラインヘルプを見ても、「スマホの機能で確認してくれ」となっています。

今回は試してませんが、このSIMのウリである「AppStoreの通信量分をカウントしない」ってのは自分自身では確認できないのかもしれませんね。

iPadの設定画面で、今回の検証(2回の速度テスト、プラス、テザリング検証)で使った通信量を確認すると、、

28.5MBでした。来月以降299円ではまずおさまらないでしょうねぇ。

というわけで、これからiPad連れてお散歩してきまーす。