VMware Fusion8が最大40%オフのBlackFridayセール中 (11/29まで)

やわなべです。

相変わらずWindowsから完全に足が洗えない日々、もはやWindows10へのアップグレードもあきらめて、東京オリンピックの年にサポートの切れるWindows7と心中する予定です。

現在の環境は、何度かエントリーにも書いたように、MacBookAirに仮想OSソフトのVMwareFusion(バージョン7)を入れて、その上にWindows7を載せて使っているのですが、そのVMWareのセールが週末限定で行われているようです。

しかも日が経つごとに割引率が落ちていくそうなので、これは飲みに繰り出す前にアップグレードせねば。

スポンサーリンク

Black Friday Saleだよ

ss56257.png

ブラックフライデーセール(Black Friday Sale)というこのセール、毎年恒例のセールのようなんですが、これまで私は必要にかられてアップグレードすることがほとんどだったため、うまくセールを利用できたことがなかったんですよね。

今回のセール期間は 11/27(金)から11/29(日)の3日間ですが、あとになればなるほど割引率が下がります。

Mac用の仮想化ソフトのラインナップは上位版の「Fusion PRO」とそうでない「Fusion」のふたつ。

今回は、「Fusion PRO8」が最大40%オフ、「Fusion8」が最大30%オフ、それぞれ新規購入と、アップグレード版があるので、表にして整理するとこうでしょうか。

VMWare Fusion 8 Pro VMWare Fusion 8
新規 アプグレ 新規 アプグレ
定価 24,690円 14,890円 9,990円 6,290円
11/27に購入 14,814円
(40%OFF)
8,934円
(40%OFF)
6,993円
(30%OFF)
4,403円
(30%OFF)
11/28に購入 17,283円
(30%OFF)
10,423円
(30%OFF)
7,992円
(20%OFF)
5,032円
(20%OFF)
11/29に購入 19,752円
(20%OFF)
11,912円
(20%OFF)
8,991円
(10%OFF)
5,661円
(10%OFF)
公式サイト Fusion8PRO 販売ページ Fusion8販売ページ

私はFusion7から8へのアプグレ組ですが、

ss59719.jpg

忘れないうちに速攻で買いました。金曜のオンラインセールって、飲みに行ったら忘れちゃうんですよねぇ。まあ、アップグレードしたところで機能的には何も変わらないんですが。

FusionとFusionPROの差は?

「FusionPro」と「Fusion」との機能差については、バージョン7の時に書いた記事をご参考にしていただければ。

開発の仕事でゴリゴリ使う、といった用途でなければ、「Fusion」で問題ないでしょう。

ちなみに、OSの仮想化にはわざわざVMwareFusionのような有料ソフトを買わなくても、無料のものがあります。特にVirtualBoxは、よく使われてますね。

私も以前はVirtualBox使ってたんですけど、安定性とパフォーマンスでVMwareFusionに乗り換えたクチです。いまだと無料版でも十分実用に耐えれるようになってるんでしょうか。