アフィリエイトのリンククリック計測のためにGoogleタグマネージャーを導入した(後編)

やわなべです。

この記事は、前回書いた記事の続きになります。

Googleタグマネージャーを使うと、Googleアナリティクスなど、外部サービスを呼び出す系のscriptタグを外部から統合管理することができます。Analytics以外にも管理できる外部サービスはあるのですが、情報発信系のブログで一番、利用価値があるのはアナリティクスでしょう。

前回はタグマネージャーのアカウントと、この「やわなべ.net」用の「コンテナ」を作るところまでやったので、今回はそのコンテナに表示させるタグを登録していきます。

スポンサーリンク

ページビューを計測する「タグ」を作る

まず作るのは、「サイトにアクセスがあったら、それをアナリティクスへ通知するタグ」です。つまり、通常のアナリティクスのタグの代わりになるものです。タグマネージャーを入れたあとでも、同じサイトにアナリティクスのタグを併存させることもできますが、せっかく、タグマネージャー入れるわけですから、単純なアクセス解析用のコードもタグマネージャーに統合しましょう。

ss38948.png

タグマネージャーの管理画面にログインして、左メニューの「タグ」を選び、右にある「新規」のボタンを押すと、タグ作成の画面が出てきます。実際に作ったのがこちら。

ss38970.png

「PaveView」ってのは私が任意でつけたタグの名前です(日本語でも可)。「プロダクト」はどのサービスのタグを入れるか、なので、ここでは「Google Analytics」を指定。「タグの種類」は、使ってるアナリティクスのトラッキングコードが「ユニバーサル」であれば「ユニバーサル」。

その次の「タグの設定」のところで、埋め込むアナリティクスのコードを設定しています。トラッキングコードはお馴染みの「UA-xxxxxxx-1」ってやつで、そのまま入れてもいいのですが、この後で作る別のタグでも使うので、{{GA TrackId}} という名前で、変数として登録しています。
トラッキングタイプ=ページビュー」ってのは、このタグからの通知をページビューとして計上しろ、という意味です。

「配信するタイミング」は「どのページへのアクセスの際にこのタグを出すか」なので、当然「All Pages=全ページ」ですね。

Amazonへのリンククリックのトリガーを作る

次に、AmazonアソシエイトのリンククリックをGoogleアナリティクスのイベントとして計上する仕組みを作ってみます。

先ほどは「タグ」の作成だけでよかったのですが、今回は、「タグ」以外に、そのタグを出現させる条件=「トリガー」を登録する必要があります。 なのでますはそこから。

「トリガー」の作成は、「タグ」同様、左メニューの「トリガー」を選んで右の「新規」ボタンから作成します。実際作ったのがこちら。

ss39801.png

「イベント」は、「なんの動きをトリガー発生の合図とするか」で、「クリック」以外に「フォームの送信」なんかも設定できます。「トリガーを設定」のターゲットでは、文字列リンクのクリックか、画像リンクのクリックかを分けることができますが、今回は「すべて」とします。

すべてのリンククリックではなく、アマゾンへのリンクを計上したいわけですから、「配信するタイミング」として、「Click URL」に「amazon.co.jp」を含むという条件にします。これで保存すればトリガーの完成です。

Amazonクリックのトリガーで表示するタグを作る

次に、このトリガーを受けて表示するタグを作成します。

ss39675.png

最初に作ったページビュー計測タグと途中までは同じですが、「タグを設定」のところの「トラッキングタイプ」が「イベント」となっています。アナリティクスに対し、「この通知を受けたらイベントとして計上しろ」と指示するわけですね。

それ以降の「カテゴリ」「アクション」「ラベル」というのは、アナリティクスの管理画面で見る時のための、イベントのカテゴリー分けなので、任意の名前で指定すればok。あまり考えずに設定しましたが、第1階層の「カテゴリ」のところで「amazonクリック」とだけ設定したほうがシンプルで分かりやすかったかな、後から思いました。

その下の「配信するタイミング」に、先ほど作ったトリガーを指定します。これで「amazon.co.jp を含むリンクがクリックされたら、アナリティクスにイベントとして通知する」タグができました。

作ったタグは公開が必要

タグの作成や変更は「公開」というプロセスで、本番サイトに適用されます。変更の履歴は「バージョン」として管理されているので、初めて作った設定であれば「バージョン1」を「公開」することで、実際にブログにタグが表示されることになります。

ss40714.png

バージョンの「公開」は管理画面右上のところから。これで「今すぐ公開」とすれば適用されます。ひとつのタグごとに「公開」してもいいですし、いくつかタグを登録したあとでまとめて「公開」ということもできます。

作ったイベントの計測はアナリティクスで

というわけで、数日間上の設定で動かしてますが、イベントの発生はアナリティクスのレポートの「イベント」セクションから確認ができます。アナリティクスのタグをはずすのは、少し勇気がいりましたが、通常のPVの計測ももないなく継続できています。

今、タグマネージャーの他の使いみちを考えているんですけど、ブログだとあんまりないですかねぇ。。

「実践 Googleタグマネージャ入門 増補版」販売ページヘ

実践 Googleタグマネージャ入門 増補版

  • 作者: 畑岡大作
  • 出版社: インプレス