パナソニックDMC-GM1Kを買ってミラーレス一眼デビュー

やわなべです。

ブログという、写真を広く公開する場を持ちながら、2万円のコンデジとスマホ(Xperia Z5 Compact)のカメラで全写真をまかなっております。カメラ意識低い系です。

特にXperiaZ5Cのカメラは非常に有能でして、ズーム以外は風景であれ、料理であれ、くっきりした鮮明な写真をとってくれます。オートフォーカスなんてもう笑ってしまうくらい速くて、もうコンデジいらないんじゃね、と思ってたんですが、スマホ・コンデジともに苦手なのが夜間の撮影です。

別にかっこいい写真を撮るつもりはないんですが、ブログ用にスナップ的に撮った写真が、ことごとくぶれぶれ、ぼやぼや、ざらざら。なんとかならんものかなー、と、次なるカメラの候補を物色してたんですが「重いのはイヤ、カメラバッグを持ち歩くとかありえない」という、私のわがまま条件の中でグレードアップを考えると、どうしても流行りの高級コンデジが候補の一番手となってきます。

ただ、ソニーのRX100シリーズだの、キャノンのG5Xだの、新規参入したニコンのDLシリーズだの、いまいち食指が動かないんですよねぇ。いや、スペックからすりゃ妥当なんでしょうけど、拡張性もないのに8万とか10万とか出して買うものなのかなぁ、って気が。(個人の感想です)

一方、重さに多少目をつぶって価格だけで見ると、ミラーレス一眼が相対的に安いです。まだ新しいニコンの「Nikon 1 J5」なんて標準ズームと単焦点のダブルレンズキットで4万円台。利便性は高級コンデジに劣るかもですが、拡張性を考えればコスパは高いです。アマゾンで4万3000円くらいまで落ちたときに「どうする、買う?」と自問してたら、私同様カメラ意識低い系の友人に「買ったでー」と自慢され、一気に買う気を失いました。(今見たら5万円台までもどってますね。。)

悔しいことに、その友人のJ5を借りて、夜にオートモードで適当にパシャパシャ撮っても、それなりの絵が取れるんですよねぇ。やっぱ欲しい、でも同じの買うのは芸がなさすぎる、と別の候補を探した結果、意識低めな自分にぴったりのがありました。パナソニックのDMC-GMシリーズです。

スポンサーリンク

なぜか爆安なパナソニックのミラーレス

はい、買ったのはこちら。DMC-GM1K-K(ブラック)、パナソニックのミラーレスの中でも一番安いエントリーモデルです。高級コンデジは大きなセンサーと明るめレンズがウリのモデルが多い印象ですが、GMシリーズのセンサーは4/3型と同等以上。キットのレンズは 12-32mm/F3.5-5.6と、特筆すべきものではないものの、明るめの単焦点レンズが比較的安価に手に入るんで、コスパは高級コンデジよりかなり高いかと思います。

これ、発売は2013年秋で1年後に「GM1S」という後継機種も出てるんですが、スペックの違いはほとんどなし。その新モデルも去年の末あたりから定価8万超えの標準レンズキットが3万円台、今年2月頃には2万円代にまで落ちる、という大バーゲン状態でした。先代「GM1」もアマゾンなどではまだ買えて、今これ書いてる時点でレンズ込みで3万5000円前後

それでも十分に安いのに中古相場はさらに安く、ヤフオクなどでは2万円台前半、運が良ければ1万円代でゲットできそうな勢いです。まあヤフオクには質の悪い転売屋もはびこっているようなんで、初心者が安易に手を出すべきじゃないのかもしれませんが、このグレードのものならリスクもしれてるかと、2万円ちょいでゲット。届いた品を見ても特に問題はなさそうでした。もう一度書きますが、レンズついてます。このレンズだけ単品で買おうとしても最安値2万3000円ですからね。なんかおかしい。

DSC_0628.JPG

サイズ感はこんな。パット見はコンデジです。標準ズームレンズをつけた状態で280gと重さもコンデジ、操作感もコンデジです。

DSC_0630.JPG

標準レンズをつけた状態。このボディの小ささだと望遠レンズはちょっとバランス悪そうですね。このボディ向けには、あと単焦点1本だけ買って終わりかな、という気がします。

各種パラメータ調整に使う操作ダイヤルは前面パネル横のひとつだけなんで、操作がややこしいシーンがあります。たとえば「P」モードで露出を少しあげようとする場合、まずダイヤルの上を押して露出設定の目盛りを出したあと、同じダイヤルを今度は時計回りに回す必要があります。感覚的につい左右に押してしまうんですが、そうすると、ホワイトバランスの設定モードになったりする。まあ、ここはボディを小さくするためのトレードオフとして受け入れましょう。

管理パネルで設定できる項目は多いです。よくまちがって押してしまいがちな動画の録画ボタンをオフにするとか、タッチパネル機能そのものをオフにするとか、ファンクションキーをタッチパネル上に割り当てるとか。

あと、レンズ交換式カメラ初心者ということもあって、レンズキャップというのに慣れず、撮影後にレンズキャップを閉めたことで安心してしまって電源がオンのまま、というのをちょくちょくやってしまいます。汎用的な自動開閉式のレンズキャップがあるようなんで、そのうち買うと思います。

エントリーの最後に、この週末試し撮りしたのを作例としていくつかあげときます。フィルタモードが結構面白いんで、また別の機会に紹介しますね。

P1010839.jpg

P1020134.jpg

P1020125.jpg

P1020173.jpg

夜の写真は、週末の造幣局の桜の通り抜けの写真です。ややブレてますが、夜景もそれなりに撮れるようになって満足です。