Macでフォルダ内の写真ファイルに一括で透かし(ウォーターマーク)を入れる方法

やわなべです。

こちらのブログ記事を読んで戦慄しております。

ブログにアップしていた写真の数々が、勝手にまとめサイトなどに転用されていたとのこと。しかしなんとも無節操にパクるもんですねぇ。このブログ主さんのように写真が魅力的なサイトだと、さぞ気苦労もたえないんでしょうね。

こういったサイトに掲載された写真(画像ファイル)のパクリに関する防御策としては、画像にサイト名やロゴなどの透かし(ウォーターマーク)を入れるというのが一般的です。

が、ただでさえブログに写真をのせるのって、リサイズしたり、プライバシー配慮のぼかしを入れたり、と面倒なんですよ。その上、いちいち透かしを入れるとか面倒すぎて気が遠くなりそうです。

というわけで、一括で透かしを入れる方法を調べてみました。

スポンサーリンク

XnConvertを使おう

結論から言うと、「XnConvert」という無料のツールですべて事足ります。Mac版はAppStoreからもダウンロードできます。

XnConvert App
カテゴリ: 写真
価格: 無料

開発元はXnSoftというところなんですが、ツィッターのプロフィールを拝見するに、フリーのエンジニアさんが掲げてる屋号のよう。肩書は「画像まわりのソフト開発者」とあって、Windows、MacOSX、Linux、iOS、Androidと、なんでもござれのスーパーエンジニアさんのようです。かっこいい。

XnView Software · Software for reading, organizing and processing images

この「XnConvert」は、GUIの画像変換ツールで上のMac版以外に、Windows版、Linux版が公開されています。

XnView Software · XnConvert

以下、Mac版での手順でWindows版だと動作が違うところがあるかもしれません。ご了承ください。

XnConvertでの変換手順

XnConvertアプリを開くと、ウィンドウひとつだけの非常にシンプルな画面がでてきます。

ss60091.png

この上部にある「入力」「動作」「出力」の3つのタブで、

  • 入力:変換するファイル(またはフォルダ)
  • 動作:画像に適用する処理(複数処理も可)
  • 出力:変換後のファイルをどこに格納するか

このように、適用したい変換作業を定義していけばいいようです。

一括処理の設定はあとでするとして、まずは透かしを入れるテストのため、「入力」のタブのところで、テスト用に、適当な画像を1枚だけ設定しておきました。(ドラッグ&ドロップでOK)

「動作」で透かしの設定

今回は透かし(ウォーターマーク)を一括で入れたいので「動作」のところで、「透かしを入れる」というアクションを登録します。「動作」のタブを選んだ設定画面はこんな。

ss58206.png

左上の「動作を追加」ボタンから変換したいアクションを指定します。複数アクションを指定することもできて、この例では「リサイズをかけたあとで、透かしを入れる」という動作にしています。他にも色調の補正だったり、フィルタをかけたりと、選択できる「動作」は豊富です。

「透かし」のパラメータはこの通り。

ss59820.png

画像ファイル名」というのは、それぞれの写真にオーバーレイで重ねあわせる「透かし用の画像ファイル」です。そう、これは別途、用意する必要があります。というわけで一旦XnConvertを離れて、透かし画像の作成に移ります。

透かし用の透過画像を作ろう

透かし用の画像としては、背景が透明な上にサイト名やロゴを配した画像が望ましいです。透過画像の作成は、イラストレーターやGIMPとか使える人ならなんてことないんでしょうが、私が使ったのは「SeaShore」という、レイヤー対応の無料の画像ツール。

Seashore

2010年以降開発が止まってるんで他にいいのがあるかもです。レイヤー対応の画像編集ツールならできるんじゃないでしょうかね。

ss58962.png

SeaShoreでやったことはとっても簡単。適当な横長サイズのキャンバスを背景透明で作って(あとで調整できるんでサイズは適当)、そこにドメイン名をテキストで書いただけ。文字色はグレーにしましたが、もう少し白っぽいほうが汎用性が高いかもしれません。これを適当な名前のPNG形式で保存します。ここで保存したファイルが上のXnConvertの設定画面で指定した「watermark.png」です。

XnConvertの透かし設定

再びXnConvertに戻ります。今作った透かし画像をさきほどの動作タブの「画像ファイル」に指定、その他のパラメータをこんな感じで指定します。

  • 不透明度100(透かし画像を透明度ゼロでオーバーレイ)
  • パーセンテージ100%(画像の横幅いっぱいに重ねる)
  • 位置=「中央」

変換後のプレビューを見るとこの通り。

ss60380.png

画像中央にででーんとドメインが。これはちょっとやりすぎなんで、ここからパラメータを調節していきます。

不透明度を下げていくと、透かしの透明度が増していくので60くらいに。サイズは「横幅の30%」にして、位置も「右下」にします。再びプレビューで見ると、

ss60605.png

それっぽくなってきました。あまり下すぎると、そこだけ切って使う輩がいるかもなんで「デルタ」で透かしの開始位置をずらします。たとえば「50px上に」ということなら「Y=-50」と指定すると、

ss60691.png

透かしがちょっと上に来ました。一旦これで変換をかけて、フルサイズで確認してみると良いでしょう。

フォルダ内ファイルの一括処理設定

続いてこの処理を、複数枚の画像ファイル一括で行います。今後の事を考えて、透かし処理用に「WaterMark」というフォルダを用意し、その下に「before」「after」というサブフォルダを作りました。先ほど作った透かし画像もここに保存しとくとわかりやすいですね。

ss58251.png

まず簡単な「出力」の方から。出力先に「フォルダ」を指定して今作った「after」フォルダを保存先として指定します。基本的に設定すればいいのはこれだけでOK。

出力先の選択肢として、FTPで直接サーバーに送信したり、FlickrやPicasaといった外部サービスへ直接転送する選択肢もありますが、今回は試してません。あと、作成するファイル名や保存形式、変換した元画像を削除するかどうか、といったオプションもここで指定できます。

「入力」フォルダの指定

入力フォルダの指定は2通りあります。

ss60091.png

「フォルダの追加」から指定すると、現時点でそのフォルダに入っている画像が一括で処理対象として登録されます。

が、何度かに分けて変換を行う場合、「ホットフォルダ」が便利です。

ss61220.png

ホットフォルダに指定しておくと、「そのフォルダに新しい画像ファイルが入ってきたら、順次処理を行う」ということが可能です。XnCovertアプリは起動状態でないといけませんが、処理対象のファイルをbeforeフォルダにポイポイと放り込んでいけば、同時進行で変換していってくれるので、とても便利です。

変換設定の保存

変換がうまくできたら、次回以降も使い回しできるように、今作った変換設定を保存します。画面左下にある保存アイコンを選んで適当なフォルダに保存。「.xbs」という拡張子で保存されます。次回以降はこの設定ファイルを開くことで同じ処理を呼び出すことができます。では実際やってみましょう。

ss46948.png

beforeフォルダに30枚ほどの画像を入れると、ホットフォルダ機能が検知し、新しく入ってきた画像から順に変換処理をしていきます。大した処理じゃないので変換処理は一瞬です。afterフォルダには同じ名前で画像ファイルができてますが、縦長画像、横長画像、いずれも透かしが入っていることが確認できました。

このようにして一括処理で透かしを入れた画像が、ひとつ前のエントリーで貼り付けた写真の数々です。

「真田丸」大坂城周辺の関連スポットめぐり

え?心配しなくてもお前の写真なんて誰もパクらねーよ、って? うん、知ってた。