【希望】イギリスのEU離脱の報が走った6/24午後の株式市場は最高の買い場だったと信じたい【願望】

イギリスのEU離脱よりも、EURO2016の決勝トーナメントの行方が気になる、やわなべです。右の山すごいよね。

さて、世界史的に見ても大きなターニングポイントな今回の同国のEU離脱ですが、この是非を問うイギリスの国民投票の開票が行われたのは、日本時間の6/24日(金)の午前中でした。同日午前の為替、株式市場の値動きは大荒れ。

ss60234.png

ポンド/円チャート(1時間足)は、今日の正午前から大暴落。

ss60403.png

ドル円も同じような動きで、午前中106円だったのが99円台まで動きました。こんなのめったに見れるもんじゃないですよね。

両チャートで、暴落が始まる直前にちょっと上げてるのは、この間の開票速報で一時的に残留優勢と報じられてた時間帯です。この間の株式市場の値動きを見ると、よくわかります。

ss60672.png

6/24の日経平均の午前中の動きです(10分足)。1時間くらいの間に絶叫コースターみたいな動きをしてます。

10:00頃の開票速報で「やべ、離脱が優勢だ」となって10分間で500円ほど暴落、その後開票が進み「やっぱり残留派が優勢だよ、うん」で次の30分で500円戻し、「あかん、やっぱ離脱が。。。」で落ちたところで時刻は11:30、午前中の取引を終えました。昨日の時点で「残留優勢」との見通しのもと、円安株高のトレンドだったんで、よりショックが大きかったですね。

ss61141.png

新興企業のマーケットである東証マザーズ指数もまったく同じ動き。てか今日はある程度出来高のある日本企業の株のチャートは、どの企業もこれをなぞったような絶叫マシンぶりでした。デイトレーダーとか、こんな中で利益出してたりするんでしょうね。ようやるわ。

そして、このお昼休みの間に、イギリスBBCが「どうやら離脱で決まりみたいだ」と速報。この状態のまま12:30からの午後の取引が再開されたら、さらに下げると予想されました。

スポンサーリンク

いや待て、これは最高の買い場なんじゃないか

予想外の結末でパニック的に売られてるのはわかります。けど、特にマザーズ上場の企業なんて、ソシャゲで一発当てた企業だったり、まだ大した実績もないけど、今後の期待だけで買われてるバイオ系やフィンテック系のベンチャー企業だったりするわけですよ。ドル円の動きすら業績に影響ないとこも多いでしょう。

それが、どの企業の株も一律で大きく下げるとすれば、これは絶好の買い場なんじゃないかと考えました。

というわけで、12:30からの後場の始まりから、マザーズ上場の銘柄を買い注文でいくつか拾いました。たしかに午後は、午前中の終値から大きく下げて始まり、出してた注文も多くは今日の最安値で拾えたんですが、、、、

ss61449.png

そこからさらに下げました。

日本のメディアが離脱確実を一斉に報じたのが12:45頃だったんですよねぇ。

しかし、今はバーゲンセールだと信じて、下がるところをさらに買い足し。これ「ナンピン買い」というやつで、投資の教科書にはたいてい「やっちゃダメ」って書いてある買い方です。(思惑に反すると大損するため)

結局、日経平均は終値で15,000円割れ。今日の始まり16,333円だったんでそこから1300円以上下げました。これも滅多に見れるもんじゃないですね。

マザーズ指数は日経平均よりは戻しましたが、それでも午前のレベルには程遠い。午前中の水準まで戻れば売ろうかと思ってたんですが、それもかなわず。

引け時点で含み益3%とマイナスでこそありませんでしたが、まだ戻す余地ありと見て持ち越しました。この判断が吉と出るか凶と出るかは米国株とドル円相場の行方次第、でしょうか。為替介入してない状況で、ドル円が徐々に戻してるのが今んとこ唯一の慰み。いや、でも、やっぱ、マイナス8%は過剰反応だと思うなぁ。

今日が歴史的な日だったことは確かですけど、こんなにドル円が動いたのは正直ショックでした。ドル建て資産に偏ったポートフォリオはちょっと考え治す必要がありそうです。ともあれヒヤヒヤな週末を過ごすことになりそうです。

「欧州解体―ドイツ一極支配の恐怖」販売ページヘ

欧州解体―ドイツ一極支配の恐怖

  • 作者: ロジャー・ブートル
  • 出版社: 東洋経済新報社