お気に入りブログの新着をInoReaderを使ってtwitterで読む方法

やわなべです。

あまり他の人のブログは読まない方ですが、いくつかのブログやサイトについては、新着記事の更新をTwitterに通知がくるようにしています。

どうやってるかというのは以前記事に書きました。


Feedlyで購読してるブログの新着通知をTwitterに流すようにした

かつてのGoogleReaderでは登録したRSSフィードをひとつのフィードにまとめて公開するということができたんですが、Feedlyでは有料オプションだったので、APIを読み込んで自分で「まとめフィード」を吐き出すプログラムを自作してIFTTT経由でTwitterに流してます。

が、FeedlyのAPIはテスト用のものしか使えなくて、認証が2週間くらいで切れるんですよね。そのたびに手作業で認証し直しをしけなくて、わりと運用が面倒でした。

時代遅れのRSSリーダーなんて、もう後続サービスもないだろうと思ってたら、InoReaderがよさげ、との噂。実際、上でやってた「まとめFeed」も簡単にできるじゃないですか。なんだよ、早く教えてよ。

スポンサーリンク

RSSリーダーサービス InoReader

サービスサイトはこちら。

Inoreader

web版のほか、各種スマホ向けのクライアントアプリもあるようですが、私は使ってません。

購読するRSSフィードはOPMLというファイル形式でインポートができるので、Feedlyからの移行も簡単です。

FeedlyからInoReaderへの移行

Feedlyからのエクスポートは、feedlyにログインした状態で、

ss30673.png
http://cloud.feedly.com/#opml

へ行けば、ダウンロードのリンクが出てきます。(管理画面のメニューからどう行けばいいのかはわからなかった)

InoReader側では、ログインした上部ツールバー右の歯車アイコンクリックから「設定」画面を開き、

ss42510.png

左メニューから「インポート/エクスポート」を選んで、さきほどダウンロードしたOPMLファイルをインポートすればOK。

後述のtwitterに流す場合は、「デフォルトフォルダ」に適当なフォルダを作り、フィードをグルーピングしておくといいでしょう。私は「public」というフォルダを作って、すべてのフィードをそこに登録しました。

IFTTTで登録フィードの更新通知をTwitterに流す

ss29096b.png

インポートが終わると、左メニューの中に、今作った「public」というフォルダで全フィードが登録されています。そのフォルダ名のところを右クリックで出たメニューの中に「RSSフィードを取得」というのがあります。

ss29180.png

これが、GoogleReader終了後、私が欲してやまなかった「まとめフィードのRSS」です。

このRSSのRLをコピーして、IFTTTのレシピを作ります。

「IF まとめフィードの更新があれば、THEN Twitterにポストする」

というレシピですね。私はFeedly経由で作ってたレシピのRSSを変えるだけで事たりました。興味のある方は下の過去記事を参照ください。

IFTTTでRSSフィードをひとつにまとめてTwitterに流す方法

フィード数が多い方はジャンルによって複数のbotに分けるのもいいですね。InoReaderのフィード巡回は1時間おきくらいで、有償版だと頻度をあげられるようです。

ともあれ、Feedly経由に比べて仕組みがかなり単純化できました。ほんとになんで今まで知らなかったんだろう。

InoReaderのルール機能でEvernoteやPocketへの連携も

IFTTTのレシピの出口を変えれば、フィードへの新着をTwitter以外に流すなんてこともできますが。ある程度のことならIFTTTをかまさなくても、InoReaderの設定でできるようですよ。

ss29096.png

先ほどのフィードフォルダの右クリックメニューの中に「ルールの作成」ってのがあってですね、

ss29481.png

そのフォルダ内フィードの動きをトリガーとして、指定のアクションを実行する、というIFTTT的機能をInoReader自体が持っています。特定の文字列でフィルタをかけることも可。

ss31070.png

指定できるアクションの中には、EvernoteやPocket、Dropboxへ転送する機能もあるんで、それらに集約したい方は、IFTTTいらずで実現できそうです。

ファッキン、RSS未読管理

そもそも私がこの「まとめフィード」にこだわるのは、RSSリーダーの「未読/既読」って管理が全くもって不要だから、なんですよね。

これ、メールソフトから引きずったUIだと思うんですけど、読んだものに既読マークを付けるのはまだいいとしても、「読んでない記事の件数を数える」ってのは、全くもってナンセンスだと思うんですよ。

たとえば私は日経新聞の電子版を購読してますけど、日経電子版のアプリは、読んだ記事はグレーになっても、「未読記事が100あります」とか、わざわざ言わないですよ。毎日、新聞の全記事チェックする人の方が特殊なわけで。

RSSリーダーも同じで、私は上の要領でTwitterのタイムラインに垂れ流してますけど、見出しだけ見て読まないケースが9割ですし、チープスマホに乗り換えてからはtwitter見る機会も減ったんで、その見出しすらスルーしてることも多いです。それくらいのスタンスでいい人がほとんどだと思うんですけどね。

ちなみに、登録してるフィード数は50もないです。今回改めて見なおすと、個人の雑記ブログ的なフィードはほとんどありませんでした。そいや、ここんとこブログ論的なエントリーも全く目にしないんですけど、その界隈の方々はお元気なんでしょうか。