ARROWS M02にモバイルnanacoのインストール成功 ポケモンGO非対応なAndroid機もこれで解決できる?

やわなべです。

富士通ARROWS M02(楽天モバイルでの型番はRM02)で、おサイフケータイを試した時にショックだったのが、モバイルnanacoが使えないという点でした。

SIMフリーなARROWS M02でnanacoモバイルが使えない件

どうもGooglePlayでのインストール時の機種チェックではねられてるようで、機種変前の機械からアプリの構成ファイルをコピーしたら普通に使えたなんて報告もあって、いまいち腑に落ちなかったんですよね。

そしたら今回、手持ちの環境であっさりインストールできたんで、その方法を書いておこうと思います。現在話題沸騰(からちょっと冷却気味)のポケモンGOでも、一部機種でインストールできないというケースがあるそうですが、もしダウンロードだけの問題であれば、同じ方法で解決するかもしれませんよ。

スポンサーリンク

インストールに必要なもの

必要な物はひとつだけです。ARROWS M02以外にもう1台Android機があればOK。おサイフケータイ非対応でもいいです。私の場合、予備機のFREETEL Priori3でできました。SIMなしの機種変前のAndroid機でもいいですし、友人や家族のAndroid機を一時的に借りてでもできます。SIMスロットのないWifiのみのAndroidタブレットでももしかしたらできるかも。

やり方は単純です。

  1. モバイルnanacoがダウンロードできる端末でGooglePlayからアプリをインストール
  2. インストールした端末から「ESファイルマネージャー」などのアプリでモバイルnanacoアプリのapkファイルを取り出す
  3. SDカードなどを経由してARROWS M02にコピー
  4. ファイルマネージャーでAPKファイルを選んでインストール

最初の「モバイルnanacoがダウンロードできる端末」ってのがそもそもないから困ってるんだよ、と思うかもしれません。私もそう思ってました。でもGooglePlayをパソコンから見てる時に気づいたんですよ。

ss44024.png

モバイルnanacoのアプリページです。「このアプリはお使いの一部の端末に対応しています」って書いてますよね。でこの文言をクリックすると「一部の端末」の内訳が表示されます。

ss44035.png

「FUJITSU RM02」がダメ、ってのはすでにわかってることですが、その下にある「Plus One Japan Limited FTJ152A」ってのは予備機のFREETELのPriori3のこと。その下の「Sony E5823」は、もう処分済みですがSIMフリー版のXperia Z5 Compactです。 いずれも「✕」マークにはなってません。

この2つはおサイフケータイ機能がないんで動くはずがないんですが「ダウンロード出来ない端末」には指定されてないのかも。あれ、もしかしてダウンロードできるの?

SIMを抜いてWifiだけでネットにつながってるPriori3を起動して、Playストアからモバイルnanacoをダウンロードしてみます。

Screenshot_2016-08-02-13-58-16.png

なんのチェックもなくインストールできました。えーーー。

もちろんそのままnanacoアプリを起動しても

Screenshot_2016-08-02-12-26-13.png

「この端末では本アプリはご利用になれません」 そりゃそうだ。でもダウンロードはできる。
一方、機能的に使えるはずのARROWS M02ではダウンロードができない。まったくこの世は理不尽だらけです。

ともかく、アプリがPriori3にダウンロードできたんで、この実行ファイルをM02へコピーしたら使えるかも。少し光明が見えてきました。

アプリのAPKファイルをSDカードにコピー

ダウンロードできた端末からnanacoアプリのファイルをコピーします。コピーの仕方はいろいろあります。

  • SDカードに落として、M02で読み込む
  • Dropbox経由で共有する
  • USBで接続したPCを介してコピーする

ダウンロードした端末がSDカード対応であれば、それを経由するのが一番早いかと。

というわけでPriori3にSDカードを差し込みます。APKファイルの取り出しができるアプリはいろいろありますが、ここでは無料の「ESファイルエクスプローラー」を使います。同アプリをインストールして実行。

Screenshot_2016-08-02-12-47-04.png

メイン画面から「アプリ」アイコンを選ぶとインストール済みのアプリの一覧が出てきます。

Screenshot_2016-07-26-17-15-59.png

nanacoアプリのアイコンを長押しすると選択状態になるので、その状態で画面下メニューの「バックアップ」アイコンを押すと該当アプリのインストールファイル(apkファイル)が端末内に保存されます。

Priori3だと「/sdcard/backupds/apps」というフォルダに保存されましたが、機種によって保存先が違うかもしれません。保存フォルダがわからなければ再度バックアップを試みると「ここに同じものがあるけど上書きする?」と保存フォルダのパスとともにダイアログが表示されるので、そこで保存先を確認すると良いでしょう。

ESファイルマネージャーの左上アイコンからメニューを表示させ「ローカル」からバックアップ先のフォルダを見ると、

Screenshot_2016-07-26-17-21-56.png

apkファイルが保存されているのがわかります。でこれをまた長押しで選択し「コピー」、SDカードの中のフォルダへ移動してそこで「貼り付け」すればOK。

M02側でSDカード内のapkファイルを実行

Priori3から抜いたSDカードをARROW M02に挿して起動します。M02にデフォルトで入ってる「KSfilemanager」というアプリでSDカードの中を見ると、

Screenmemo_2016-07-26-17-25-40.png

apkファイルがありますね。これをタップするとインストールがはじまります。はじま…あれ?

Screenmemo_2016-07-26-17-26-06.png

デフォルトのセキュリティ設定で、GooglePlayを介さない野良apkからのインストールには制限がかかっているようです。設定アプリを開いて「セキュリティ」の項目から「高度な設定」の中にある「情報セキュリティ」を選びます。

Screenmemo_2016-07-26-17-27-10.png

「デバイス管理」の項目の中にある「提供元不明のアプリ」のチェックを入れ、一時的に野良APKからのインストールを許可するようにします。

この状態でもういちど先の「KSfliemanager」からapkを選択すると、

Screenmemo_2016-07-26-17-27-33.png

インストール確認画面がでました。これは行けそう。

Screenmemo_2016-07-26-17-27-56.png

やったー

あ、先ほどいじったセキュリティ設定は忘れないうちに元に戻しておきましょうね。

冒頭書いたポケモンGO非対応端末については、私自身で検証したわけじゃないんですが「DLできない!」という方のキャプチャを見ると、今回と同じようにPlayストアでの機種判定ではねられてるようでした。もし同じケースであれば、この方法で回避できるんじゃないかと。

nanacoの入会もクリア

話は戻ってnanacoです。アプリはインストールできましたが、ぬか喜びは禁物です。先日調べた情報では、nanacoモバイルのアカウントを持ってない場合、M02から新規登録しようとしても失敗するとあったんで。

nanacoアプリを起動してみます。

Screenmemo_2016-07-26-17-28-23.png

「新規入会」を選んで…

Screenmemo_2016-07-26-17-28-37.png

登録者情報を入力して送信します。nanacoのサーバー側の機種判定ではねられたらアウト。ですが。。

Screenmemo_2016-07-26-17-30-59.png

できたー

というわけで、おサイフ関係なく、別のAndroid機があれば、ダウンロード判定ではねられる機種へもnanacoアプリのインストールができるということがわかりました。

クレジットチャージは引き落とし先のカードを登録した翌日以降でないとできないんで、とりあえず、iPadMiniにPaSoRi(パソリ)をつなげてM02をかざし、nanacoの残高をのぞいてみました。

IMG_0115.png

残高はまだありませんが、右上にnanaco番号が表示されていて、モバイルnanacoを認識していることがわかります。どうやら使えると見てよさそうです。