口コミ一切見ずに、家電量販店でヘッドホン選ぶのが楽しい。趣味にしたい

やわなべです。

音楽は好きですがオーディオ機器には無頓着で、ヘッドホンというものを持ってません。これまでJVCのカナル型イヤホンだけで聴いてたんですが、耳への影響を考えて耳あて型のヘッドホンを購入しようかと。

これがカメラやスマホなら事前にネットでスペックやら口コミやらチェックして候補を絞り込むところですが、ヘッドホンに求めるものは「音の良さ」と「つけ心地」です。どちらも主観的なもの。レビューで高評価のものを選んでも自分がしっくりこない音やつけ心地だったら、どうしようもないわけですよね。

というわけで、事前の情報収集ゼロで、ビックカメラに行って一発勝負で選ぶことにしました。

スポンサーリンク

ヘッドホン選びとかいうひとり遊び

事前にざっくり考えてた要件としては、これくらい。

  • 耳あて型
  • お値段1万円前後
  • なるかるで(なるだけ軽いやつ)

予算以外はほぼノープラン。

さて、ビックカメラに行く前に比較検討するための課題曲を決めましょう。なんとなくごちゃごちゃした音がいいかなぁと思い、愛聴盤の「ZAZEN BOYS Ⅲ」をチョイス。(後で後悔することになる)

AppleMusicからスマホにキャッシュを落として準備完了。

今回の選定会場はビックカメラなんば店。行ってみて気づいたんですが、ヘッドホンの売り場って広いんですよね。トータルスペースはカメラやパソコンのそれより広いんじゃないでしょうか。

さすがに20万円を超えるような高級品はガラスケースに陳列されてますが、それ以下のヘッドホンはほぼ全品自分のプレイヤーを接続して試聴できます。素晴らしい。スマホやカメラのコーナーと比べれば、店員やメーカー販売員さんも少なく、声も全くかけられません。ひとり遊びの会場としては最高です。

さて、この広大な売り場の中から目当ての1本をどうやって選んでいくか。ぐるっと見たところ、ヘッドホンの差別化要素として大きなポイントは、

  • Bluetooth対応(コードレス)
  • ハイレゾ対応
  • ノイズキャンセリング機能

このあたりのよう。そういやコードレスにするかどうかすら考えてなかったな。ノープランすぎる。ただ自分はコードレスの便利さより、充電の不便さを嫌うタイプなんで、Bluetoothにはこだわらないことに。

「ハイレゾ」は言葉は聞いたことあるけど何かは知らない。同じメーカー、価格帯で、対応・非対応モデルを試してみたけど違いが全くわからない。うん、以後、ハイレゾ対応の有無は無視しよう。

後で調べると、ハイレゾってのは、旧来の音楽CDでカットされてた音域を含んだ音源のこと。で、私が課題曲を落としたAppleMusicの音源がハイレゾ対応かどうかがよくわかんない。そもそも音源がハイレゾじゃなかったらその良さが判別できるわけないですね。無視して正解。

ノイズキャンセリング機能も別にいらないんで、結局大きなセールスポイントは今回全無視ってことで、また手掛りがなくなりました。

ええと、こういうときにはあれです。服とかワイン選ぶときにもやる方法ですけど、直感的に気に入ったものをまずひとつだけチョイスします。で、それをベンチマークとして、他の商品と二択でどっちをとるかを勝ち残り形式で競う形にする。勝った方をベンチマークにして、また次の商品と二択で考える。以下繰り返し。結果、予算が大幅にオーバーするならその時はまた考えよう。

ところで、売り場の入り口近くに、耳慣れないメーカーが集まったアパレルのセレクトショップみたいなコーナーがありました。中でも目立ってたのが「BO」というロゴのメーカー。「バング・オルフセン」というデンマークの老舗音響メーカーのよう。すみません、全く知りませんでした。

北欧メーカーっぽく、スタイリッシュなデザインを売りにしてるっぽいけど試聴してみると音もいい。最初にベンチマークに選んだのがここの5万円ほどのモデルでした。

で、そこからメジャーどころのメーカーの商品を物色していくんですが、、、どうも「これだ!」ってのにあたらない。今イヤホンを使ってるJVC、ポータブルスピーカーのお気に入りJBL、ソニー、パイオニア、オーディオテクニカ、AKG,BOSE、ゼンハイザー…。もちろん全モデルを試してるわけじゃないんだけど、だんだん何がいいのかすらわからなくなってきた。これ、最初に選んだ予算オーバーのB&O買う流れかなぁ。

思うに、スマホの音源を直で聴いてるんで、せっかくの各製品の性能の違いを引き出せてないんじゃないですかね。しかも1時間以上、ZAZEN BOYSの同じ曲聴いてたら頭痛くなってきた。もっとソフトなのを課題曲にすればよかった。

なんて思ってたらPHILIPSのコーナーで「お、」と思わせるものが。その後もいろいろ試しましたが最終的に買ったのがこれ。

選んだのはPHILIPS(フィリップス)のFidelio(フィデリオ)というシリーズのF1モデル。お値段は税込みで1万2000円弱で予算内。

実はこれも「ズバ抜けていい音!」と感じたわけじゃないんですよ。耳を覆うタイプじゃないんで、立体感っていうんですか、音に奥行きを感じるタイプではない。低音もよく聞こえるけどメリハリがきいた音、ってわけでもない。

じゃあなんで選んだのかというと、それまでのヘッドホンだと聞こえなかった音が聞こえたから。細かいエフェクトとかベースラインのメロディなんかがよく聞こえる。これで今まで聞いてた音源を聴き直したら面白いかもなぁ、と思ったのが決め手でした。あと、軽さ。最終迷った時はいつも軽い方を選んできた人生なんで。

帰って早速ご開帳。

P1030515.jpg

試聴してる時は気づきませんでしたが、コンパクトにたたんで付属の袋で持ち運びも容易なようです。持ち歩かないけど。

あらためて自分のライブラリからいろいろ聴いてみると、思った通り、今までと違って聞こえるアルバムが出てきて楽しい。スティーリー・ダンや奥田民生なんかは聴きながらニヤニヤしっぱなしだし、久しぶりに聞いたゲスの極み乙女もベースラインのエロさが際立って思わず「おおっ」ってなります。メンバーの不倫沙汰なんぞで腐らせるのはもったいない、いいバンドですよ。そして次回はこのあたりを課題曲にしよう。

特に打ち込み系の楽曲で少し低音が強めな印象。いつもはiPadMiniを音楽プレーヤーにすることが多いんですが、曲によってはiOSのミュージック設定のイコライザで「Bass Reducer」あたりにするとちょうどいいかも。

そして、ここまで全く見なかったネットでレビューを見てみると、オーディオ詳しそうなユーザーからも概ね好評だったんでいい買い物だったのかな、と。口コミに頼らない買い物は楽しいですね。このヘッドホン選び、単体で趣味にしてもいいくらいです。