iPhone7のApplePayと電子マネーとクレジットカードに関する素朴な疑問

やわなべです。iPhone7を買う予定、ないです。

ないですが、ApplePayでモバイルSuicaが使えるようになるって話で、仕組みがどうなってんだろと感じるところがあるんですよね。まあ、つまるところ「自分の持ってるクレジットカードで電子マネー機能使えるようになるの?」ってとこに尽きるんですが。

ざっと調べたところ、「結構使えるクレジットカード選ぶし、わりと複雑じゃね?」って話です。たとえば楽天カードなんかはどの電子マネーサービスでも使えないはず。

スポンサーリンク

iPhone7で使えるようになる電子マネー

2016年10月からiPhone7(日本発売の端末)で使えるようになるとアナウンスされてる電子マネーは以下の3つ。

  • iD
  • QUICPay
  • Suica

iDとQUICPayはポストペイ(後払い)型の電子マネーなんで発行時にひもづけるクレジットカードが必要です。現時点で、Apple公式サイトに案内されている、ApplePay対応クレジットカードブランドは以下。

ss77644.png

Apple Pay – 始め方 – Apple(日本)

どうでしょう。手持ちのクレカを照らし合わせてみると、いろいろ疑問がわいてきせんか?

Q. 1枚のカードでiD/QUICPayどっちも使えるのか?

例えば、VIEWカードの公式サイトのApplePayでの利用案内には「お支払いの際にQUICPayをご利用される旨を店員の方にお伝えください」とあります。

株式会社ビューカード Apple Payへの対応開始について

普通iDやQUICPayを使う場合は、対応するクレジットカードから申し込むわけですが、ApplePayの場合、iD/QUICPayどっちの電子マネー機能が付与されるのかはカードのブランドによって決まるようです。ビューカードならQUICPay、イオンカードならiDというように。面白いけど、決まるまでに紆余曲折あったんだろうなぁ、と感じる仕組みです。

ちなみにオリコカードには、iD/QUICPay両機能を持った「Orico Card iD×QUICPay」なんてカードがあるんですけど、オリコはApplePay上はQUICPay陣営なんで、Walletに登録するとiDとしては使えないようです。いつもそのカードでiD決済してる人だと混乱するかも。

オリコ Apple Payへの対応開始|株式会社オリエントコーポレーション

Q. VISAカードでは使えないのか?

で、上の対応リストを見ると、見慣れたVISAのロゴがないことに気づきます。「ApplePayでVISAカードは使えないのか?」という疑問がわいてきますが、実はこの質問、わりとややこしい要素を含んでます。

まず上の対応カードのリストは「その会社が発行するクレジットカード」という意味です。たとえばイオンカードが発行するVisa付きカードはApplePayでもiDとして使えます。三井住友VISAカードも同様。逆に上の一覧にないVISA付きカード、私の持ってる中だと、たとえば「LIFE VISAカード」は使えません。

さらに、ここで「使える」というのは、あくまで「iDもしくはQUICPayというポストペイ型電子マネーとして使える」という意味です。

で、ここでもうひとつ使える電子マネーがありますよね。そう、Suicaです。Suicaは上2つと違って事前にチャージが必要なプリペイド型の電子マネーです。すでに残高のあるSuicaの支払いだけならApplePayで完結するでしょうが、その残高のチャージはどうすればいいんでしょうか。

Q. モバイルSuicaのクレジットチャージはVISAブランドのカードではできない?

ApplePayの公式サイトにはこのようなイメージ画像があがっています。

suica2.jpg

どうやら、事前にウォレットに登録したクレジットカードから、同じウォレット内のSuicaに対しクレジット決済でチャージができる仕組みのようです。

実際、対応カードのひとつである「au wallet」の公式アナウンスには、

SuicaへのチャージなどApple PayのSuicaのお支払にau WALLET クレジットカードをご利用いただくことも可能です。

とあります。

KDDIの「au WALLET クレジットカード」、Apple Payへの対応開始について | 2016年 | KDDI株式会社

一方、チャージされるSuica側、JR東日本のアナウンスを見ると、

Suica への SF チャージ(入金)や定期券の更新も、Apple Pay に登録したアメリカン・エキスプレス、MasterCard、JCB のクレジットカード、ビューカード(※)から簡単にできるようになります。

(PDF)SuicaがApple Payに対応します | JR東日本

とのこと。ここにあげられたカードの種類が冒頭のApplePay対応カードの種類より少ない点に注目。auのカードもSuica側の対象には入ってません。

auのアナウンスに戻ると、別の箇所にはこうあります。

MasterCardブランドの「au WALLET クレジットカード」をご利用のお客さまは、アプリケーションやオンラインショッピングの支払いにもApple Payをご利用いただけます(注3)。

さらに注釈を追っかけると、

(注3)Visaブランドの「au WALLET クレジットカード」はApple Payでのアプリケーションやオンラインショッピングの支払いに、現時点では利用できません。

とのこと。au walletはポストペイ型電子マネーとしてはQUICPayになるのですが、VISAブランドの「au wallet クレジットカード」の場合、QUICPayとしてコンビニなどの決済では使えても「アプリケーションやオンラインショッピングの支払い」には使えないようです。どうやらApplePayには、NFCの決済とアプリ/EC決済という2つの種別があるようですね。

今のところ、この「アプリ/オンラインショッピングの支払い」に対応するショップやアプリはほとんどないので無視してよさそうですが、どうもSuicaへのクレジットチャージは、この範疇に含まれるのではないかと思うんですよね。 SuicaのクレジットチャージにiDやQUICPayを経由するわけないですし。

つまり、MasterCardブランドの「au wallet」からはApplePayのクレカ決済代行でSuicaチャージはできるけど、Visaブランドからだとできないということ。これだとau、JR東日本、双方のアナウンスの整合性が取れなくもない。(au側に「ただしVisaブランドのカードではチャージ不可」という注はありませんが)

こんな具合に「ApplePayでVISAが使えるか」という問いは、実はかなり複雑な問いなんじゃないかと思うわけです。

Q.Suicaのオートチャージはできる? モバイルSuicaの年間利用料は?

てか、ApplePayって日本独自仕様になっても、Suicaのようなプリペイド型電子マネーの機能を完全には持ってないと思うんですよね。なんで、プリペイド特有の「チャージ」という機能を「アプリ/オンラインショッピング支払い」用の、単純なクレカ決済代行の仕組みで実現しているんじゃないかと。

そこにVisaがサービス開始時点で対応ブランドに加わってない事情が重なって、Visa付帯カードは、iD/QUICPayのひも付け先としては冒頭の発行会社のカードに限って使えても、クレカ決済としては使えない、Suicaへのチャージも、ということかなぁ、と。

ただ、上のJR東日本のアナウンスには「ビューカードは(チャージできる)対象」と明記してあります。さすがに自社グループ発行のビューカードに限っては、Visa付帯カードでもSuicaチャージができるものと思われます。まあ、これができなかったら困る人多いよね。

また、Suicaはビューカードとひも付けた場合にかぎって、一定残高以下になったら勝手にチャージする「オートチャージ」設定ができるんですが、クレカチャージに毎回ApplePayがかむとなるとリアルタイムじゃ厳しいんじゃないでしょうか。TouchID認証の問題もあるし。

あと、ApplePayって複数カードの登録ができて使い分けができますよね。現状モバイルSuicaへのチャージ元として、ビューカード以外のカードを登録する場合、年間1000円の利用料がかかるんですが、これがApplePay経由になった場合にどうなるのかも注目です。

Q. JCB付きのカードであればどのカードでも使えるか?

さて、VISA付帯カードが発行会社や用途によって使える/使えないがあるとすれば、今度は「上のリストにないカードのJCB付きカードはどうなんだ?」という疑問が出てきます。例えば私が持ってる中だと「楽天カードJCB」や「STACIA JCBカード」なんかがそう。

先も書いたように、上のリストでApplePay対象となっているのは「JCB機能を持ったカード」ではなく、「JCBが発行したカード」です。私の場合「STACIA JCBカード」はJCBの発行なので使えますが、「楽天カードJCB」は、楽天KCってとこが発行しているので使えません。

手持ちのJCBマーク付きのカードがJCB発行かどうか(=ApplePayで使えるかどうか)を確認するには、毎月の利用明細を見ればいいでしょう。JCB発行のカードであればJCBから送られているはず。あるいはJCBの会員用サイト「MyJCB(マイジェーシービー)」が使えるかどうかでも判断できるかと。

最後に本当に素朴な疑問

iD/QUICPayの自動割当だとか、細かい仕様を見てると、各社の利害調整を経て、よく実現までこぎつけたもんだなぁ、と思いますね。今回各社のアナウンス文書を読んでて、どこか誇らしげな調子を感じたのは、それまでのタフな水面下交渉の裏返しなのかもしれません。

そしてこのFeliCa対応ApplePay、新しいAppleWatchでも使えるようなんですが(要iPhoneとのペアリング)、左腕にはめた状態でSuicaの自動改札通るの難しくないですかね。